T-ARAの現在のメンバーは?プロフィールを紹介!デビュー11周年でお祝いショット投稿!

T-ARAの現在のメンバーは?プロフィールや略歴を紹介!


T-ARAのプロフィール
◆結成:2009年
◆メジャーデビュー:2009年7月29日
◆メンバー:ウンジョン、ヒョミン、ジヨン、キュリ
◆所属事務所:MBK entertainment
◆レーベル:Core Contents Media、LOEN Entertainment、kt music、INTERPARK INT、EMI Records Japan

T-ARAは4人組の韓国のガールズアイドルグループ!

T-ARA(ティアラ)は韓国の女性アイドルグループで、現在はウンジョン、ヒョミン、ジヨン、キュリの4人で活動しています。

初代リーダーは1988年12月12日生まれのウンジョン、2代目リーダーは2017年5月に脱退したボラムが務め、現在のリーダー・キュリは5代目。また、ウンジョン、ヒョミン、ジヨンは結成初期からのオリジナルメンバーとなっています。

T-ARAは日本でも大人気のグループだった!

T-ARAは2009年7月29日にデジタル・シングル「コジンマル」で正式デビューを果たしました。当時のメンバーはハーナー、ジウォン、ウンジョン、ヒョミン、ジヨンの5人で、2009年11月27日に発売したデビューアルバム「Absolute First Album」をリリースし、第24回ゴールデンディスク賞で新人賞を受賞。

日本でも2011年9月28日に1stシングル「Bo Peep Bo Peep」をリリースすると、オリコンCDシングル週間ランキングで海外の女性歌手としては史上初となる初登場1位を獲得。日本武道館での単独公演も実現し、日本にも多くのファンを抱えています。

BLACKPINKは韓国の女性グループ!大ヒット曲「DDU-DU DDU-DU」が米レコード産業協会でゴールド認証決定!

T-ARAの代表曲と言えばコレ!歌手活動以外にも成功していた!?

T-ARAは超新星とのコラボ曲も発売していた!

T-ARAの曲は日本では「Bo Peep Bo Peep」と2013年3月20日にリリースし、日本のオリコンチャートで2位に輝いた「バニスタ!」が人気です。

韓国で2010年5月3日にリリースした「We Are The One」は2010年FIFAワールドカップ韓国代表応援ソングに起用されたこともあり、ライブで盛り上がる人気曲として知られています。韓国の男性アイドルグループ超新星とコラボした「T.T.L(Time To Love)」も、T-ARAの代表曲として知られています。

T-ARAは女優としても活躍!日本映画で主演も

T-ARAはアイドルグループとして活躍する一方、メンバーそれぞれが歌手以外の活動でも広く知られています。

ウンジョンはハム・ウンジョンとして、ジヨン、キュリも多くのドラマや映画に出演。ヒョミンは2011年12月30日 にMBCドラマ大賞ミニシリーズ部門新人賞を受賞し、2013年10月公開の日本映画「ジンクス!!!」では韓国人留学生ユン・ジホ役で主演を務め、清水くるみ、山﨑賢人などと共演を果たしました。

FlowBackは韓国アイドルにあらず!5人組ダンス&ボーカルグループのプロフィールは?

T-ARAがデビュー11周年!メンバーたちがお祝いショット投稿

T-ARAが紆余曲折を経てデビュー11周年を迎える!

T-ARAが2020年でデビュー11周年を迎えました。6人のメンバーが脱退し、2012年7月に番組収録中にファヨンが怪我をすると、その後メンバーがSNSで怪我を批判するような内容を投稿し、いじめ騒動に発展。この問題をきっかけに活動休止をした時期もありましたが、2012年9月から活動を再開し、無事にデビュー11周年を迎えることができました。

T-ARAのメンバーがインスタでデビュー11周年を祝福!

T-ARAはデビュー11周年を記念してSNSにお祝いショットを投稿しました。ヒョミンはインスタグラムで「11周年をお祝いしてくれて有難うございます」というコメントとともに懐かしい写真や過去にリリースしたCDなどを投稿。

ウンジョンもインスタグラムに「11」と書かれたノートを投稿すると、 ジヨンもインスタグラムでファンに対して感謝の言葉を綴りました。

また、2017年5月に脱退を発表したソヨンもインスタグラムでT-ARAのデビュー11周年を祝福。T-ARAにとって2020年7月29日は温かい一日となったようです。

kolmeってどんなグループ?メンバープロフィールや憧れのグループとのコラボ曲を紹介!
TWICEは韓国の新星アイドル!3人の日本人メンバーとは?
EVERGLOWメンバーの名前に込められた意味が深い!「DUN DUN」がチャート席捲

関連記事

ページ上部へ戻る