うどんが主食の正体!謎の食べログレビュアーの素顔は?レビュー削除騒動の経緯と現在

うどんが主食は「櫻井・有吉THE夜会」で話題の食べログレビュアー!素顔や職業が気になる!


うどんが主食のプロフィール
◆生年月日:非公開
◆美食家

うどんが主食は「櫻井・有吉THE夜会」に出演していた食べログレビュアー

「うどんが主食」というロゴ画像で顔を隠した謎の人物は2016年頃、「櫻井・有吉THE夜会」の常連出演者でした。うどんが主食は、全国津々浦々の飲食店を紹介する「食べログ」で人気の食べログレビュアーです。

2008年頃から食べログへの投稿をはじめ、飲食代だけで2000万円以上もかけて、年間300食、1200軒以上の多ジャンルの飲食店を食べ歩いた本気のグルメ人である、うどんが主食。その投稿記事は、200万人近くの人が訪問する人気ぶりで、多くの芸能関係者からも厚い信頼を寄せられるようになりました。

うどんが主食を「櫻井・有吉THE夜会」で初めて紹介したのは、芸能界きってのグルメ王として知られるアンジャッシュ渡部建。これがきっかけで、うどんが主食は一気にメディアへの露出が増えていきました。有名になってからは、製品のプロデュースも手掛け、書籍も出版しています。しかし、テレビに出演するようになってからも、本名や経歴などの素性は明かされていません。

うどんが主食の素顔や職業は?

どうしても気になるのが、うどんが主食の素顔や職業。それなりの職業でなければ、グルメに千万単位の金をつぎこむような無茶はできないと考えるのが普通です。ネット上では、「会社の経営者なのでは?」「地元は讃岐うどんの本場・香川県に隣接する徳島?」といった、さまざまな噂がささやかれていました。

しかし、これらの情報については真偽不明で、本人の口からプロフィールについては語られていません。2015年の朝日新聞に掲載された本人のインタビューによると、どうやら都内在住で、自営業を営む男性であることは確かなようです。メディアへの露出が増えてからも頑なに素性を明かさなかった、うどんが主食。自営業とのことですし、なにか譲れない理由があるのではないしょうか。

矢崎泰久の夢は外交官だった?高齢でもいまだ現役!健康の秘訣は食のこだわり

うどんが主食にアンジャッシュ渡部建も嫉妬全開!一時レビューが消えた?

うどんが主食を崇拝するアンジャッシュ渡部健がポジションを奪われ冷や汗!?

うどんが主食を「櫻井・有吉THE夜会」で初めて紹介したのは、芸能界きってのグルメ王として知られるアンジャッシュ渡部建でした。あの渡部建が、「崇拝するグルメブロガー」として名前を挙げたことで、人々のうどんが主食への信用度はかなり上がっていたようです。その証拠に、うどんが主食が食べログで勧める店や、”うどんが主食ステッカー”を授与された店は、たちまち行列店となる現象が起こっていたのだとか。

また、「櫻井・有吉THE夜会」に出演するゲストたちも、うどんが主食が勧める店を大絶賛。次第に、番組出演頻度も増えることとなりました。うどんが主食に自分のポジションを奪われた形になった渡部健は「出番が多すぎる!」と嫉妬。2017年5月に出版されたうどんが主食の初書籍である「うどんが主食 私が通うウマい店100+80」の帯には、「俺の本より売れないでくれ!」という、ジョークながら切実な叫びともとれるコメントが寄せられていました。もしかすると渡部建は、うどんが主食の影響力がここまで大きくなるとは予想していなかったのかもしれません。

うどんが主食のレビューコメントが消えた経緯は?

食べログのレビュアーとして、多大な影響力を持つようになったうどんが主食ですが、2017年6月15日号(6月8日発売)の「週刊文春」に、スクープ記事が掲載されました。

その内容は、「うどんが主食が、高評価を付けている飲食店から過剰な接待を受けている」というもの。本人は記事のなかで「接待は受けていない」と否定し、自身の食べログで「誤解を招く恐れがあるので、今後、友人のお店は一切レビューしないことにします」と主張。報道翌日の6月9日、約2000あったレビューがすべて非公開になる事態に発展しました。

食べログのレビューは書き手自身で自由に削除することはできません。報道を受けて、運営側が「金品またはそれに相当するサービスを受けることを目的とした口コミの投稿は禁止」という規則に触れた可能性から、レビューを非表示にしたものとみられていました。

落合務シェフは日本一予約がとれないイタリア料理店のオーナーシェフ!「あさイチ」夢の3シェフ続投

うどんが主食のレビューが復活していた!現在はブログやYouTubeでも情報発信

うどんが主食の食べログレビューが復活!

一時的に過去の食べログレビューがすべて非公開になってしまったうどんが主食ですが、その後、レビューが再び掲載されています。騒動のきっかけとなった「週刊文春」発売日の翌日、6月9日に1度はすべて非公開となったレビューですが、6日後の6月15日に大部分が再公開されました。

食べログの運営会社である「株式会社カカクコム」が、その経緯について明かしています。報道が出た後、同社がうどんが主食本人に連絡をとり、レビューの投稿状況を確認するよう頼んだそうです。

そしてガイドラインに沿った内容であるか、本人に確認・判断してもらい、食べログ側でも確認をしたうえで、問題のないレビューを再公開することになったのだとか。6月21日時点では、騒動以前より500前後減少していたレビュー数ですが、それから3年以上経った2020年8月時点では、再び2000を超えています。

うどんが主食は、ブログやYouTubeでグルメ情報を発信!

うどんが主食は、食べログはもちろん、ブログやYouTubeにも活躍のフィールドを広げて、以前と変わらずグルメ情報を発信し続けています。

YouTubeチャンネル「うどんが主食alwaysudon」には、2020年8月時点で32本の動画が投稿されおり、今後も増えていくことでしょう。新型コロナウイルスの影響下において、外出が制限されるなか、「皆さんと『食の楽しみ』をシェア出来ればと思い、配信致します」との意気込みで投稿された動画の数々は、見ごたえ抜群です。それもそのはず。これらの動画に出てくるのは、約2000軒を食べ歩いたうどんが主食が選び抜いた「必ず食べてほしい名店の料理」なのだそう。

どれも見ているだけでお腹が空いてくるような映像ばかりで、うどんが主食が食べることをこよなく愛しているのが伝わってきます。今後もうどんが主食がもつ豊富なグルメ知識を人々におすそわけして、「食」から笑顔を生み出してほしいものです。

栗原心平の「男子ごはん」の評判は?嫁と母・栗原はるみとの嫁姑関係は?! 
上田寿美子は父親がきっかけでクルーズライターに!プロフィールが気になる
森崎友紀は料理研究家!旦那はナスD!?「食戟のソーマ×中華一番」でcookpadがコラボメニュー考案!

関連記事

ページ上部へ戻る