北野大は弟・ビートたけしの七光りで芸能界入り?「マー兄ちゃん」の講演会内容は?

北野大は弟・ビートたけしの七光りで芸能界入り?北野大の出身大学、学歴は?

北野大は弟・ビートたけしの七光りで芸能界入り?

北野大(きたのまさる)は、1942年5月29日生まれで、東京都足立区出身の化学者です。ビートたけしの兄としても有名です。北野大は、ビートたけしと親しかった大橋巨泉から誘われ、1987年から芸能活動を始めました。記念すべきテレビ初出演は、コメンテーターを務めた「関口宏のサンデーモーニング」。その後は、関口宏が代表を務める芸能事務所の三桂に所属しています。

北野大は、「巨泉のクイズダービー」にもレギュラー出演していました。「クイズダービー」の人気回答者と言えば、天才的な正解率を誇っていた漫画家のはらたいらや、三択クイズが得意な竹下景子、ユーモラスな回答で知られたフランス文学者の篠沢秀夫教授。北野大は、その篠沢秀夫教授枠の後継者としてレギュラーに抜擢されました。

北野大の出身大学、学歴は?

北野大の出身大学は、明治大学工学部工業化学科です。大学卒業後は大正製薬にてサラリーマンを経験しましたが、学者の道を目指し、東京都立大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程にあらためて入学。卒業後は、財団法人化学品検査協会(現財団法人化学物質評価研究機構)にて、分析化学のスペシャリストとして働いてもいました。ちなみに、弟ビートたけしの出身大学も明治大学です。

北野大は、家族にまつわる情報についてはあまり語りませんが、子供は息子と娘の2人で、娘はジャーナリストとしてボストンで暮らしているそうです。北野大の母親は「結婚はお見合い」という主義で、上にいる兄と姉はお見合い結婚しましたが、北野大と北野武は恋愛結婚だそうです。

北野大は数々の役職を歴任!「マー兄ちゃん」の講演会内容は?

北野大は数々の役職を歴任!驚くべき経歴とは?

工学博士でもある北野大の専門は環境化学です。学者としても立派な経歴を持ち、多くの役職を兼務して活躍しています。2004年9月に江戸川総合人生大学の学長に就任。2013年4月には、淑徳大学総合福祉学部教授に、翌2014年4月には、同じ淑徳大学の人文学部表現学科教授になりました。その他にも、明治大学理工学部応用化学科教授などを歴任し、明治大学名誉教授でもあります。2017年4月には、秋草学園短期大学の学長にも就任しました。

それ以外にも、経済産業省化学物質審査委員や環境省中央環境審議会委員など、多くの役職を兼務している北野大。「なぜか、たけしの兄です」や、専門の環境化学に関する「いま、飲み水が恐ろしい!」など著書も多数で、共著を含めると30冊を超えます。

北野大の講演会内容は?「マー兄ちゃんのやさしい環境講座」が好評

2018年7月10日の「すぐに誰かに言いたい!クイズ☆モノシリスト」にゲスト出演した北野大は、ビートたけしこと北野武本人から聞いた、彼が映画を撮り始めた本当の理由を語りました。同時に、「北野家の食卓の禁止事項」なるエピソードも明かしています。

とにかく厳しい母親は、テレビを観ながらの食事は厳禁で、新聞などを読みながら食べることも許してくれません。貧乏だったため、食べられるありがたみを噛みしめ、北野大もビートたけしも正座して黙々と食べるしかなかったと言います。「まずい」などと言ったら二度と食べさせてもらえないのは明らかなので言えるわけもなかったそうです。

このようにバラエティ番組でも相変わらず活躍している北野大は、数々の役職に加えて、国際協力プロジェクト「なんとかしなきゃ!プロジェクト」のサポーターも務めています。サポーターの中には著名人も多く、王貞治や高橋尚子、広瀬アリス・広瀬すず姉妹に、黒柳徹子など凄い顔ぶれ。そうした中、北野大は、芸能人ではなく化学者の立場から、温暖化について熱いメッセージを送っています。

温暖化の原因を生み出しているのは主に先進国なのに、害を被るのは途上国。この不公平を見過ごすことはできず、日本は、技術提供などで他国のお手伝いをするという平和貢献の道があると熱弁をふるっています。北野大の本業は、言うまでもなくこのような環境化学に関する活動で、タレントになり有名になったこともプラスに働いていることでしょう。北野大76歳。今もバイタリティは健在です。

北野大が明かした北野家食卓での禁止事項とは?

2018年7月10日の「すぐに誰かに言いたい!クイズ☆モノシリスト」にゲスト出演した北野大は、ビートたけしこと北野武本人から聞いた、彼が映画を撮り始めた本当の理由を語りました。同時に、「北野家の食卓の禁止事項」なるエピソードも明かしています。とにかく厳しい母親は、テレビを観ながらの食事は厳禁で、新聞などを読みながら食べることも許してくれません。貧乏だったため、食べられるありがたみを噛みしめ、北野大もビートたけしも正座して黙々と食べるしかなかったと言います。「まずい」などと言ったら、二度と食べさせてもらえないのは明らかなので、言えるわけもなかったそうです。

バラエティ番組でも変わらず活躍している北野大は、数々の役職に加えて、国際協力プロジェクト「なんとかしなきゃ!プロジェクト」のサポーターも務めています。サポーターの中には著名人も多く、王貞治や高橋尚子、広瀬アリス・広瀬すず姉妹に、黒柳徹子など凄い顔ぶれ。

そうした中、北野大は、芸能人ではなく化学者の立場から、温暖化について熱いメッセージを送っています。温暖化の原因を生み出しているのは主に先進国なのに、害を被るのは途上国。この不公平を見過ごすことはできず、日本は、技術提供などで他国のお手伝いをするという平和貢献の道があると熱弁をふるっています。

北野大の本業は、言うまでもなくこのような環境化学に関する活動で、タレントになり有名になったこともプラスに働いていることでしょう。北野大76歳。今もバイタリティは健在です。