「転生したらスライムだった件」スライムがチートすぎる!コミカライズも人気の異世界ファンタジー

「転生したらスライムだった件」スライムがチートすぎる!コミカライズも人気の異世界ファンタジー出典:http://www.ten-sura.com
スポンサーリンク

「転生したらスライムだった件」主人公は転生したライム!コミカライズも人気の異世界ファンタジー

「転生したらスライムだった件」転生したらスライムに!?異世界ファンタジーあらすじ

「転生したらスライムだった件」(通称「転スラ」)は、異世界を舞台としたファンタジー小説です。小説投稿サイト「小説家になろう」にて、2013年2月より連載が開始されました。作品が話題となり、2014年5月には、プロットなどが大幅に改稿された商業小説版が出版。「転生したらスライムだった件」は、WEB小説で人気のジャンル「転生もの」に分類される作品です。

主人公は、現世では37歳で普通のサラリーマンだった三上悟。通り魔に刺されて転生した姿が、なんとスライムだったところから物語がスタートします。悟が転生したのは、魔法や魔物が当たり前に存在する異世界。そこでスライムとして生活していたところ、ヴェルドラと名乗る巨大な竜と出会います。

ヴェルドラと仲良くなった悟は、リムルという新しい名をもらいます。その後、勇者に封印されていたヴェルドラを、転生してから身に着けた能力で助けたリムルは、洞窟を出て、外の世界を旅することを決意。洞窟の外の世界と積極的に関わっていきます。

「転生したらスライムだった件」はコミカライズも大人気!違いを紹介

WEB小説が原作となっている「転生したらスライムだった件」は、2018年5月現在で12巻まで発売されています。また、コミカライズも複数発表されており、それぞれが原作とは違った「転スラ」を展開中です。「月刊少年シリウス」にて連載されている、川原泰樹作画の「転生したらスライムだった件」は、伏瀬による完全監修のもと制作されているため、原作世界に忠実。

スポンサーリンク

文字と挿絵だけだった世界に、漫画としての動きが加わったことで、特に「ヴェルドラのコミカルな動きが可愛い」と評判になりました。同じ「月刊少年シリウス」の2018年6月号より新に連載が開始されたのは、柴作画の4コマ漫画「転スラ日記」。本編とはまた違った雰囲気の日常が、コミカルに描かれています。マイクロマガジン社「コミックライド」で読める岡霧硝作画の「転生したらスライムだった件 魔物の国の歩き方」は、紆余曲折あってリムルが国家を設立した後の時系列で描かれるスピンオフ作品です。

リムルの依頼により、兎人族のフラメアが、魔国連邦のガイドブックを作成するというあらすじ。方々に取材に行くことが多いため、「転生したらスライムだった件」の世界観をより深く知ることができます。

「転生したらスライムだった件」の転生スライム・リムルがチートすぎる!魅力的なキャラクターと世界観

「転生したらスライムだった件」転生スライムのリムルがすごい!チートスキルとは

「転生したらスライムだった件」の主人公・三上悟は、大手ゼネコンに勤めるサラリーマンでしたが、不幸なことに通り魔に刺されて死亡。スライムに転生することになります。しかしこのスライム、ただ者ではありません。後に一国の主となるほどのチート能力を持っていました。

スポンサーリンク

転生後にスライムのリムルとなると、特殊能力「スキル」を獲得。リムルが獲得したのは、「捕食者」と「大賢者」というスキルです。「捕食者」とは、食べたものを体内に取り込んで解析&収納するほか、捕食した対象を再現できる能力。後に、捕食者スキルを利用したリムルは、取り込んだシズという美少女の姿を得ることに成功しました。

もう1つは大賢者。世界のシステムに直接語り掛け、その知識を得ることができます。物語が進むにつれてスキルが進化していく、まるでRPGゲームのような世界観を持つ「転生したらスライムだった件」は、スキルに対する解釈や、性能の変化を見ていく楽しみも魅力と言えるでしょう。

「転生したらスライムだった件」に登場する魅力的なキャラクターと世界観

「転生したらスライムだった件」は、魔物や魔法も存在する異世界を舞台にしたファンタジーですが、スキルが進化する際の声など、どこかゲーム的なシステムがとられているのも特徴です。また、転生したリムルが、スライムから外見美少女になりながら、中身は37歳男子というちょっと残念なところは逆に可愛らしく見えます。

リムルが外へ出るきっかけとなったのは、世界最強種族の竜種であるヴェルドラとの出会いでした。竜種は長命な種族で、性格は、好奇心旺盛で単純。調子に乗りやすいためトラブルを招いてしまうなど、ヴェルドラは、少々子供っぽい魅力のあるキャラクターです。

後に建国するリムルの仲間たちもとても個性的。リムルに忠誠を誓った嵐牙族は、大きな一角と狼のような体躯を持っています。リムルに絶対的な忠誠を誓っていて、一族を束ねるランガの姿は、狼というよりは犬のようにも見えるのでほっこりすることでしょう。オーガ一族は、装束や名前も和風で、外見は鬼のよう。気質も侍や忍者みたいで、カッコいいキャラクターが揃っています。

「転生したらスライムだった件」がついにアニメ化!

「転生したらスライムだった件」は、WEB小説からスタートして、書籍化、コミカライズと、少しずつメディアミクス展開を広げてきました。さらに、2018年秋からTVアニメ化されることも発表され、ティザーPVが公開されています。PVは、ナレーションが流れて、リムルが登場する、というごくシンプルなもの。

重厚感はなく、どこかゆるりとした雰囲気が漂います。画面にはスライムのリムルがいますが、まず目を引くのが、ぽよんと柔らかそうな独特なフォルム。スライムは、ゲル状で、軟体動物のような独特の柔らかさが特徴のモンスターです。動く時も柔らかさが失われることなく、ぽよんぽよんと効果音をつけたくなるような愛嬌のある姿をしています。

PVでは声はついていませんが、表情の変化が多いので、リムルの様々な表情を堪能することができるでしょう。アニメ「転スラ」の監督を務めるのは、菊池康仁です。2008年の「マクロスF」や2012年の「武装神姫」、2017年「ナイツ&マジック」などを担当し、本格メカバトルと美少女のスペシャリストと評されています。

シリーズ構成は、2017年「ブラッククローバー」や「少女終末旅行」などを担当してきた筆安一幸。ふでやすかずゆき名義でも脚本やシリーズ構成を担当しているほか、作詞家としても活動しています。音楽を担当するのは、「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズや「BanG Dream!」も人気の音楽クリエイター集団Elements Gardenです。

アニメ化と同時に、スマートフォンアプリでゲーム化されることも発表された「転生したらスライムだった件」。原作のように、リムルと仲間たちが建国する様子を疑似体験するRPGゲームになるようです。RPGゲームに登場するスライムには、下級の魔物という印象があるせいか、スライムを主人公に据える設定とのギャップも大きい本作。スライムのリムルがどのようにして仲間を得て、国を作っていくのか、かわいいリムルの動きとともに要注目です。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る