山田裕貴は「ゴーカイジャー」出身のイケメン俳優で父親は野球選手!熱愛彼女や結婚は?

山田裕貴は「ゴーカイジャー」出身のイケメン俳優!熱愛彼女の噂は?


山田裕貴のプロフィール
◆生年月日:1990年9月18日
◆出身:愛知県
◆身長:178cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:ワタナベエンターテインメント

山田裕貴は「ゴーカイジャー」出身のイケメン俳優!プロフィールは?

山田裕貴(やまだゆうき)は、ワタナベエンターテインメント所属で、若手男性俳優で構成される「D-BOYS」のメンバーでもあるイケメン俳優です。2010年に開催された「D☆DATE新メンバーオーディション」で、「D-BOYS部門」グランプリを受賞し、芸能界入りしました。

2011年2月には、スーパー戦隊シリーズ第35作目となる「海賊戦隊ゴーカイジャー」ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビュー。長い黒髪が特徴のクールな剣士という役どころが、山田裕貴の持つ雰囲気とマッチし、人気となりました。

2012年6月放送の「D×TOWN」第3弾「ボクらが恋愛できない理由」でTVドラマ初主演を務めると、2014年5月公開の「ライヴ」では映画初主演を果たしています。

「海賊戦隊ゴーカイジャー」で、キレのあるアクションを披露していた山田裕貴。本人のインスタでは2020年10月より放送のドラマ「先生を消す方程式」の衣装を着たまま、「海賊戦隊ゴーカイジャー」の変身シーンを再現した写真を投稿するなど、ファンへのサービス精神も旺盛です。

山田裕貴の彼女や結婚は?まったりが憧れのシチュエーション

山田裕貴は身長178cmの長身で、スポーツが趣味ということもあってか、細身に見えて筋肉質。写真などからも、しっかりと筋肉がついている様子が分かります。切れ長な目元が印象的なイケメン俳優で、女性に人気となれば、気になるのは熱愛彼女の存在です。

これまでに山田裕貴と熱愛の噂になっているのは、共演した女優ばかり。いずれも親しそうに話していたという程度の噂で、熱愛と確定できるほどではありません。

山田裕貴は過去にツイッターで「親友が結婚した プロポーズしてる動画見せてもらって 泣いた」とつぶやいています。ただ、ついつい実際に結婚を申し込む時の人の表情や仕草を観察してしまったところもあって、職業病を自覚したといい「自分が結婚出来るか不安になりました」と続けていました。私生活でも役者意識が発動している自身が結婚できるか、少々不安を感じているようです。

また、2020年11月に配信スタートした宇野実彩子の楽曲「最低な君にさっきフラれました」のMVに山田裕貴が出演。MV撮影についてのインタビューにて、好きだと感じるパートナー像や憧れの過ごし方を語っていました。

山田裕貴は「家で料理中に、後ろからちょっかいをかけるとか…好きですね」「ソファに座って、家でまったりっていうのは、僕の憧れているシチュエーション。まったり具合が合う人が好きです!」ともコメントしており、自宅でゆっくりと一緒にくつろぐ時に波長が合う彼女や妻が理想のようです。

中村昌也の現在は?元嫁・矢口真里との身長差「でこぼ婚」で話題に!

山田裕貴の父親は元プロ野球選手・山田和利で出身高校は野球名門校!ドラマや映画など出演作は?

山田裕貴の父親は元プロ野球選手・山田和利!野球名門の東邦高校出身!

山田裕貴の特技は野球です。小中学校時代と野球に打ち込み、高校も出身地である愛知県名古屋市にある高校野球の古豪・東邦高等学校を卒業しています。とはいえ、高校時代は野球部に所属していませんでした。

山田裕貴にとって巨大な壁のような存在だった父親は、元プロ野球選手の山田和利。内野手として、中日ドラゴンズや広島カープなどで活躍し、引退後は1軍コーチとして広島カープに在籍しています。

全国大会に出場するようなリトルリーグに在籍して、野球に打ち込んでいた山田裕貴でしたが、「プロ野球選手の息子なのに」と父親と比較されることが多く、悔しかったようです。中学で野球を辞めた山田裕貴は、東邦高校が甲子園に出場した際は心中複雑だったとか。

甲子園で活躍する友人を見て、父親の存在に負けて野球を辞めたという思いがこみ上げたといいます。そこで俳優を目指すことにしたのですが「テレビに出る回数ならば父親に勝てるかも」と、考えたことがきっかけだと明かしています。

父親が元プロ野球選手でありながら、意外なことに幼少期も親子でキャッチボールをしたことはなかったとのこと。2019年5月に「日本テレビ系「深イイ×しゃべくり 超せっかち天才バイオリニスト密着しゃべくり宮野真守&山田裕貴」」に出演した際に「一切野球の話はできなくて。自分も野球やっちゃうと父がライバルのような感覚になる」と語っています。

野球の話はできなかった父親・山田和利も、家族でテレビに向かう時間は好んでいたそうで、現在は山田裕貴が出演したドラマや映画を熱心に鑑賞し、その表情は見たことがないほど穏やかなのだそう。

今は「父親といえども、人と比べるものではない」「自分にしかないものが必ずある」という境地に達したという山田裕貴。自身が選んだ役者の世界で努力を重ね、父親とは違った輝かしい道を自力で切り開いた末に、その思いに至ったとはさすがですね。

山田裕貴のドラマや映画など代表的な出演作まとめ!出世作は「ストロボエッジ」

山田裕貴の俳優デビュー作は、過去作品とのクロスオーバー要素でも話題を集めた「海賊戦隊ゴーカイジャー」です。TVシリーズの他にも、同作品の映画作品に出演している山田裕貴は、2016年には、「動物戦隊ジュウオウジャー」にも2話限りのゲストキャラクターとして登場しています。

役者・山田裕貴として、広く名前が知られるきっかけとなった作品は、2015年3月公開の映画「ストロボエッジ」でしょう。有村架純演じる木下仁菜子に片想いをする、軽い男子・安堂拓海を演じており、山田裕貴のイケメンぶりが話題となりました。

他にも、映画は、2015年から2018年までシリーズ化された映画「闇金ドッグス」に出演。同映画の第1・2・4・6・8作にて主演を務めています。世界的に注目を浴びた2018年6月公開の映画「万引き家族」では、北条保役を熱演していました。

ドラマでは、2019年4月から放送の「なつぞら」に小畑雪次郎役で出演。2020年1月に放送開始した「ホームルーム」と「SEDAI WARS」では主演を務めており、まさに引っ張りだこです。

映像だけでなく舞台でも活躍しており、2016年8月より公演の舞台「宮本武蔵(完全版)」で主演を務め、同役を続投しています。2019年10月に上演された舞台「終わりのない」では主役・川端悠理を熱演し、大好評のうちに幕を下ろしました。

有村架純の性格やブレイク前の意外な過去!「ひよっこ」の脚本家・岡田恵和との再タッグドラマは?

山田裕貴が「ハイロー」に続き「東京リベンジャーズ」で不良キャラ!学園ものでも大忙し!

山田裕貴は「ハイロー」に続き「東京リベンジャーズ」で不良キャラ

山田裕貴は2016年に公開された映画「HiGH&LOW THE MOVIE」で鬼邪高校の番長・村山良樹を演じました。以降の「ハイロー」こと「HiGH&LOW」シリーズにも同役で出演。山田裕貴演じる村山良樹は、劇中でも圧倒的な存在感を放っており、さまざまな役を演じてきた山田裕貴だからこそ、これだけ深みのある演技ができるのではと思わせる仕上がりでした。

「ハイロー」シリーズで不良キャラを演じてきた山田裕貴が、2021年7月公開予定の映画「東京リベンジャーズ」にて東京卍會副総長・龍宮寺堅役を演じます。これまでの経験をどう生かすのか、楽しみにしているファンも多いことでしょう。

好青年から不良まで、どんな役も演じ分ける山田裕貴ですが、やはり危険な香りが漂うワルい役を演じる山田裕貴も魅力たっぷりです。

山田裕貴は主演ドラマ「ここは今から倫理です。」に「青のSP」と学園ものでも大忙し!

山田裕貴は近年ますます、役者としての地位を確立しつつあり、主演ドラマはもちろん助演でもドラマのスパイス役として大きな活躍を見せています。

2021年1月16日より放送スタートのドラマ「ここは今から倫理です。」では主役である謎の教師・高柳を山田裕貴が演じており、不良役とはまた違ったシリアスな一面を見せています。

「ここは今から倫理です。」の役について山田裕貴は「発する言葉にここまでシンクロを感じる人間もなかなかいない」と語り、高柳に非常に共感を覚えているのだそう。

「役を生きる中で自分の心を伝えられる作品に出会えたことにものすごく感謝しています」と思いを述べており、山田裕貴が考えていることに近い高柳の言葉を視聴者の心に届けたい、という熱量が伝わってきます。

また、同じく2021年1月放送開始のドラマ「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」にて、山田裕貴は藤原竜也演じる主役・嶋田隆平の後輩刑事、三枝弘樹を熱演。山田裕貴が自身のインスタに藤原竜也との後ろ姿ツーショット写真を載せるなど、撮影も順調だったようです。

主役や重要な脇役を演じることが多い山田裕貴。演じる役の幅も広い彼が次回はどんな役で視聴者を楽しませてくれるのか、ますます目が離せません。

藤原竜也のドラマや映画でのクズっぷりがすごい!モノマネされるのは嫌だった?
工藤阿須加は父も兄妹もスゴすぎる!ZIP出演で人気上昇!出演ドラマは?
ディーン・フジオカはハーフ?国籍や本名!結婚した嫁との子供は双子以外にもいて子沢山パパ?!

関連記事

ページ上部へ戻る