ディーン・フジオカの嫁は富豪!インスタで話題の整形した中国系ジャカルタの虎!求婚の言葉は?子供は双子!

ディーン・フジオカの嫁は富豪!インスタで話題の整形した中国系ジャカルタの虎!求婚の言葉は?子供は双子!出典:http://iroirokeiba.blog.fc2.com/

ディーン・フジオカの嫁は富豪でインスタで話題!整形した中国系ジャカルタの虎!求婚の言葉は?子供は双子!

ディーン・フジオカの嫁(中国系インドネシア人)は富豪で整形しているの?ニックネームは「ジャカルタの虎」?!プロポースの言葉は?

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で五代役を演じているディーン・フジオカは、実は2012年に結婚しています。「誰これ?!カッコイイ!!」と思っていた女性には耳に毒でしょうが、ディーン・フジオカの結婚相手、”オーストラリア育ちの中国系インドネシア人妻”はどんな方なのでしょうか。

妻の名前はヴァニーナ・アマリア・ヒダヤトン。ニックネームは「ジャカルタの虎」……こう呼ばれる理由は分かりませんが、2人が出会った台北でのディナーを振り返ったディーン・フジオカは、妻のことを「真っ赤なジャケットを着て、夜なのにサングラスをかけていた」「言葉は少ないが、発言がストレートで、要点を突いている」「エキセントリックな人」と語っていました。

つまり、ディーン・フジオカが結婚した妻は、虎のように激しい女性ということなのかもしれませんね。ディーン・フジオカと妻の双方が、初対面で運命を感じたという台北の夜から、4年の交際を経て結婚した2人。ディーン・フジオカの求婚の言葉は「彼女といれば世界中どこにいても自分のハートが帰れるホームになると思い結婚しました」とのこと。

活動の照準を世界にロックオンしたディーン・フジオカにとって、同じように他民族の匂いがする妻は、この上なく心強い存在なのです。ただ美人すぎるので、韓国辺りで絶対整形していますよね!というネット住民の声が高まっています。この嫁の父親は世界を股にかける商売人・華僑です!大変なお金持ちに違いありません。大富豪の娘なんですね。お金持ちだからネイルする位の気持ちで整形したのでしょう!?とか。真偽の程はわかりませんが。

スポンサーリンク

ディーン・フジオカの子供は双子!早くも美男美女の予感?!

ディーン・フジオカは「あさが来た」のトークショーで、「双子のパパ」であることを告白し、観客たちを驚かせました。34歳、結婚3年目にもなれば、子供がいてもおかしくはありません。2014年10月に生まれた双子は、男の子と女の子の二卵性双生児。ディーン・フジオカと妻がそれぞれ子供を抱いた画像がインスタグラムでアップされていますが、パパ・ママの美男美女ぶりから、子供たちの将来像が見える気がしてなりません。

もっと後になると、オシャレなディーン・フジオカが、オシャレな子供たちを乗せた、オシャレなツインベビーカーを押している画像も見られます。そして育つにつれてはっきりしてくるのが、やっぱり子供たちも美男美女であること。子供たちが1歳の誕生日を迎えた10月には、ファミリーでサンリオキャラに囲まれてバーステーショットを撮影するという、ディーン・フジオカの温かい一面も見られました。オシャレで容姿端麗で家庭円満なんて、全く羨ましい状況です。

ディーン・フジオカ、本名(藤岡竜雄)から改名したワケ!語学力がハンパなかった!

ディーン・フジオカ、本名(藤岡竜雄)から改名したワケ!世界で活躍する才能

ディーン・フジオカは、一体なぜ本名(藤岡竜雄)で活動しないのでしょうか。現在、台湾を活動拠点にしているディーン・フジオカですが、実は福島県生まれで、千葉県の高校を出ています。中国人の父親と日本人の母親を持つハーフであるとはいえ、これならば立派な日本人ではありませんか。しかし、シアトルの大学に進学して以来、ずっと世界に目を向けてきた国際志向の強いディーン・フジオカ。

スポンサーリンク

本名(藤岡竜雄)から改名したワケは、「世界を視野に入れた活動で受け入れられやすい名前にしたい」という想いにあったのです。ちなみに「ディーン」はシアトルのホストファミリーが付けた呼び名。

大学卒業後には、香港でスカウトされてモデルデビューし、台湾を拠点とした俳優活動、日本はもちろん、アメリカの人気ドラマ「THE PINKERTONS」にも出演しているディーン・フジオカ。本名(藤岡竜雄)から改名した甲斐あって、その活躍はまさに世界規模。それだけでは飽き足らず、モデル、俳優の他、映画監督デビューも果たし、インドネシアでは作詞・作曲のプロデュースも手掛けるという、幅広い才能を発揮しているのです。

ディーン・フジオカ、5か国語を自由に操る語学力!習得方法は?!

ディーン・フジオカは、広い世界を目指して(花粉症から逃げたかったとの説もあり)シアトルの大学に進学しました。大学卒業後、アジア各国を巡って言語や文化を学びます。大学時代に培った英語力に加え、この歴訪でディーン・フジオカが習得した言語は、中国語(北京語・広東語)、インドネシア語。どの言語もかなり自由自在に操ることができるほどの語学力で、これだけあれば、アジアのどの地域に行ってもコミュニケーションに困ることは一切ないそうです。

一般的には日本人が他言語を習得するのは難しいとされているはず。ハーフのディーン・フジオカとて基本言語は日本語でしたが、父親が中国人だったことで、耳が多言語に慣れていたのかもしれません。そして、やはり中国系インドネシア人の妻との出会いも大きかったでしょう。妻曰く、ディーン・フジオカは「日本人らしくないファイヤーボールみたいな人」らしいですから、臆することなく異文化圏の人々の中に飛び込める度胸と熱さも、語学力アップの秘訣といえそうです。

ディーン・フジオカの活動の軌跡!第2の金城武?!行動力が尋常じゃない!!

ディーン・フジオカ……日本ではあまり聞きなれない名前ではありましたが、2005年の俳優デビュー作「八月の物語」で主役にいきなり抜擢。各国の映画賞にノミネートされてからというもの、香港、台湾などのアジア圏ではでは「第2の金城武」と呼ばれるほど、ディーン・フジオカの人気は絶大でした。「誰も行ったことのない道を行きたい」という信念を掲げているディーン・フジオカにとったら、そう呼ばれることは嬉しいかどうかわかりませんが……。

その後、ディーン・フジオカが日本作品に初出演したのは2013年の映画「I am ICHIHASI」。整形手術を施し、2年以上も逃亡生活を送った殺人犯・市橋達也被告を演じたディーン・フジオカは、さらにプロデューサーの意向で、監督として再オファーを受けることになります。記念すべき初監督作品は、日本作品だったとは光栄な話ですよね。

また、ディーン・フジオカのプロフィールにある趣味の欄には「中国武術、キックボクシング、チェス、写真撮影、瞑想」とあり、特技には「ギター、ドラム、作曲、作詞」とあります。その上、さらに語学の習得に、モデル活動、俳優活動、家庭と、常人なら34年の人生くらいではとてもやれそうにもないほどの経験を積んでいることが分かります。

このディーン・フジオカの行動力には、妻でなくとも「ファイヤーボール」を感じさせられるはず。NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の出演で、ディーン・フジオカの日本での知名度も一気に上がりました。放送開始以来、平均視聴率が5週連続20%の大台を超えていることもあって、より多くの人がディーン・フジオカの名を検索するようになったことでしょう。今、ホットな俳優、ディーン・フジオカの行動力を知れば知るほど、何か行動をおこさなくては!という気にさせられませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る