星野仙一 暴力伝説!谷沢健一、落合博満、山崎武司とは犬猿の仲?

星野仙一 暴力伝説!谷沢健一、落合博満、山崎武司とは犬猿の仲?

星野仙一 暴力伝説!谷沢健一、落合博満、山崎武司とは犬猿の仲?

星野仙一 暴力伝説!喧嘩上等、燃える男

燃える男、闘将星野仙一は、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、そして楽天イーグルスと、異なる3球団をリーグ優勝させたプロ野球の名監督として知られています。

星野仙一は選手時代、投手でしたが、投手としての戦績評価は、意外にそう高いものではありません。ただ星野仙一は、闘志むき出しの戦う姿勢が試合を熱くさせ、なかでも対巨人戦では、中日ドラゴンズファンを熱狂させるスター選手でした。監督になってからもその戦いぶりは変わらず、乱闘騒ぎは数知れず。

人格者として有名な王監督にまで手を挙げたとか。星野仙一は、野球という舞台で常に演出兼主役を演じ、まるで大衆演劇の座長のような存在でした。その暴力伝説は、華がある分、影も深く、それがまた勝負師としての魅力を放ち人気を博した、トリックスターの典型といえます。

星野仙一 お山の大将と、谷沢健一、落合博満、山崎武司など実力選手との確執

星野仙一の野球は、熱血野球そのまま。お山の大将的野球なので、星野仙一より実力のある選手とは犬猿の仲、下手で気弱い選手は何かと鉄拳制裁や罵倒の対象となります。さすがに今の社会では、鉄拳制裁は問題となりますが、たとえ手がでなくても、監督時代の星野仙一は、パワハラの問題上司といてよいでしょう。

スポンサーリンク

そのパワハラは選手だけでなく、審判にも向けられ、当時の審判たちは戦々恐々でした。それも試合を盛り上げるための演技で、審判とは了解済みだったという説もありますが、それはあくまで後付けの話でしょう。有名な話としては、中日の監督時代、主力打者であった谷沢健一とそりが合わず、「監督谷沢は選手谷沢を使えるか?」という恫喝発言で、まだ選手として通用する谷沢に引退勧告を出して、引退させています。

楽天の時も、主砲として人気があった山崎武司とは犬猿の仲。彼の引退試合でさえ、華々しく取り上げられることが気にいらなかったといいますから、星野仙一のお山の大将ぶりには、すさまじいものがあったようです。中でも一番のバトルは、現在中日のゼネラルマネージャーである落合博満との確執です。

落合が天才バッターとしてロッテから中日に移籍した時から、二人の確執は始まります。結局、星野仙一が古巣中日ドラゴンズに戻れず、外様であった落合が中日のゼネラルマネージャーになれたのは、何より、勝つ野球をめざした落合が正しかったといえるのでしょう。

スポンサーリンク

落合が監督のとき、中日ドラゴンズの人気があったかというと、これがまたそうでもありませんでしたから、プロ野球は、やはりエンターティメントの要素が大きいスポーツといえます。

星野仙一 明石家さんまとのいい関係!病気(腰痛、糖尿病)と悪評で仕事オファーなし?!

星野仙一 芸能界との付き合いがその評価を高めた?

星野仙一は、明石屋さんまや和田アキ子、とんねるずの石橋貴明など芸能人との交流も幅広く、テレビのバラエティなどに出演することも少なくありません。中でも明石やさんまとは、年始にオーストラリアへいっしょにゴルフに行く関係。その時のエピソードがまたバラエティ番組などで語られ、野球にあまり関心がない人でも星野仙一を知ることになります。

穿った見方をすれば、芸能界との交流が深まるほど、星野仙一はマスコミに取り上げられることが多くなり、プロ野球監督として、世間に改めて認知され、評価を高めたといえます。

星野仙一 病気と悪評、華々しい活躍の影にある美談

星野仙一の妻は白血病で51歳の若さでなくなっています。そしてまた、星野仙一本人も、黄色靭帯骨化症という背骨の難病や、糖尿病、ひどい腰痛が原因で、楽天監督を降板しています。華々しい活躍の影にある悲劇性といったものに、芸能マスコミは飛びつきます。

そのため、亡くなった妻との物語は、かつてテレビドラマにもなり、石橋貴明が星野仙一を、妻を黒木瞳が演じて話題になりました。しかし、芸能界との付き合いの深さは新たな問題も生みます。芸能界はいまだに反社会的組織と近いところがあり、星野仙一は、しばしば彼らとの黒い交際が問われ、悪評も多いようです。

最近はテレビ局もコンプライアンスが問われ、反社会的組織と関係を疑われる者に対しては、出演させないという方針をとっています。あれほど、テレビ局にとって画になる存在であった星野仙一も、今ではなかなか扱いづらくなっているのが現実です。

星野仙一 清宮幸太郎を絶賛!勝負師魂に火がついた?!

そんな星野仙一が久々に話題になったのが、8月26日に行われた、U18高校日本代表対大学日本代表戦の観戦です。星野仙一は、話題の早稲田実業1年生清宮幸太郎の父、克幸氏と旧知の間柄で、清宮幸太郎が小学生の頃から成長を見守ってきたとか。

試合前に清宮幸太郎と会った星野仙一は、「なんでお前が選ばれとるんだ!?」と笑いながら、左手で頭をポカリと鉄拳制裁して、「ケガだけはするなよ。ケガしそうにない体はしているけど」と伝えたそうです。またマスコミのインタビューに、「(清宮幸太郎は)ホームランバッター。ああいうのを育てないといかんのだよ。ミートのうまい打者はいくらでもいるんだから」と、日本球界の使命として、清宮幸太郎を育てる必要性を訴えました。

監督時代、その選手起用において、選手を怪我させたり、故障させたことで物議を醸した星野仙一が言うのもいかがなものではありますが、清宮幸太郎の逸材ぶりを見て、またその勝負師魂に火がついたのかもしれません。

星野仙一。1947年生まれ、68歳。現在は楽天イーグルスのシニアアドバイザーを務める星野仙一ですが、つい最近、楽天イーグルスのゼネラルマネージャー就任という話も出ています。

もし来年、星野仙一がGMとなり、中日ドラゴンズとお互いがリーグ優勝すれば、犬猿の仲といわれる、中日ドラゴンズのGM落合博満との、積年の確執に決着をつける日本シリーズが見られるチャンスが来るかもしれません。星野仙一には、最後の花道に、熱血GMとしてプロ野球をもっと面白くしてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る