真剣佑(まっけんゆう)の父は千葉真一!母は?名前の由来は?

真剣佑(まっけんゆう)の父は千葉真一!母は?名前の由来は?

真剣佑(まっけんゆう)の父は千葉真一!母は?名前の由来は?

真剣佑(まっけんゆう)は100点満点のイケメン!夢は父・千葉真一と同じ世界的俳優!

真剣佑(まっけんゆう)という若手イケメン俳優の父は、世界的アクション俳優・千葉真一です。1996年11月16日、米サンタモニカで誕生した真剣佑は、8歳の頃から極真空手を始めただけでなく、体操、水球、水泳、レスリング、乗馬、殺陣などで肉体を鍛え、ピアノやフルートもたしなんで育ちました。

空手ではLA大会優勝の実力を持っています。父・千葉真一と同じく、世界的俳優になることを夢見る真剣佑、俳優としての素地は万全です。真剣佑は、日本では、2005年のドラマ「アストロ球団」や、2007年の千葉真一主演映画「親父」に子役出演した経歴がすでにありました。しかし、学業を優先するために、高校卒業までハリウッドで暮らしています。2013年の米映画「SPACE MAN」「Take A Chance」で主演を飾り、同年末に日本へやって来て「バイキング」や「ノンストップ!」などに出演するや、「100点満点のイケメン!」と、一気に話題の人物になったのです。

真剣佑(まっけんゆう)の母はアノ人?名前の由来がキラキラ過ぎる!

真剣佑(まっけんゆう)の父・千葉真一は、過去に女優の野際陽子と結婚していたことがありましたが、彼女は真剣佑の母ではありません。その後、千葉真一が1995年結婚した28歳下の一般女性が真剣佑の母。女優として活躍している真瀬樹里は、真剣佑の異母姉ですが、こちらは千葉真一と野際陽子の子供です。真剣佑(まっけんゆう)という名前、どこからどこまで名字なのか、はたまた名字なしの芸名なのかが判別難解な変わり種。

しかしこれ、本名のラストネームなのだそうです。真剣佑の本名は「前田 真剣佑」で、読み方もそのまま。名付けは、父・千葉真一で、その由来は「真実の剣を持って、人の右に出る」という願いを込めて「真・剣・人・右」を抽出したものです。”強い心を持って、一層優れた人物になる”という意味で、名付けられたのでしょう。真剣佑の実弟の名前は「郷敦(ゴードン)」。真剣佑の父・千葉真一は、キラキラネーム主義なのでしょうか。

スポンサーリンク

真剣佑(まっけんゆう)出演「ちはやふる」 あらすじキャスト感想!

真剣佑(まっけんゆう)出演「ちはやふる」 恋に友情満載、青春の熱血競技かるたストーリー

真剣佑(まっけんゆう)が、現在公開中の映画「ちはやふる」に出演しています。「ちはやふる」の原作は、講談社BE LOVEで連載中の競技かるたを題材とした同名の人気少女漫画。姉の千歳がモデルになることを夢見ていた主人公・綾瀬千早は、小学6年生の時、福井から転校してきた綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭されます。

競技かるたの名人として日本一になることを目標にする新の姿に感化された千早は、幼馴染の真島太一を巻き込んで、かるたの世界へと惹きこまれていきました。小学校卒業以来、3人は別々の道を歩んでいましたが、同じ高校で再会した千早と太一はかるた部と設立。少年スポーツ漫画さながら、かるた部存続と優勝に向けて熱い戦いを繰り広げます。

一方、小学校卒業後にかるた名人であった祖父の介護のために福井に戻った新は、個人戦での勝利が至上。かるた部のない高校に進学しましたが、千早と太一に影響を受け、かるた部を創設して、高校選手権団体戦出場を目指すように。かるたと恋と友情の青春ラブストーリーの結末やいかに。

スポンサーリンク

真剣佑(まっけんゆう)出演「ちはやふる」 キャスト!太一と新は逆では?

真剣佑(まっけんゆう)出演「ちはやふる」のキャストを紹介しましょう。主人公・綾瀬千早を演じているのは、今を時めく現役女子高生女優・広瀬すず。真島太一役には、現在「フラジャイル」で人気のイケメン若手俳優・野村周平が起用されています。そして、我らがイケメン真剣佑が演じているのが、先の2人と物語の軸を織りなす綿谷新役です。

原作漫画のイメージとしては、真剣佑と野村周平のキャストは逆じゃないの?という声があるようですが、いずれにせよ充分にヨダレもののキャスティング。太一と新の双方が千早に恋心を抱いているという設定も見どころです。その他にも、競技かるた最年少クイーン・若宮市暢役に松岡茉優。”ひょろ”と呼ばれている木梨浩を演じる坂口涼太郎はまだ無名俳優ですが、原作通りのひょろっと縦長なシルエットの持ち主で、「イメージにピッタリ」と期待を集めています。

真剣佑(まっけんゆう)がやっと来た!「ちはやふる」「花より男子」ブレイク確実?!

真剣佑(まっけんゆう)が日本にやって来た2014年のテレビは、しばらく真剣佑一色でした。100点満点のイケメンだから、というだけではありません。「こんなに簡単にテレビに出られるものなのか?」という意見も頻出しているように、やはり父・千葉真一の威光があったとされています。

当時は「真剣佑ゴリゴリ推しキャンペーン」などと揶揄されたもので、真剣佑は、その後、思ったほどの活躍が見られない”くすぶり期”を経験しています。しかし、ここにきて大型話題作「ちはやふる」や、ミュージカル「花より男子」など、真剣佑の年齢とイケメンぶりに見合った作品への出演が次々と決まっています。「花より男子」では、ドラマ版で松田翔太が演じた西門総二郎役でミュージカル初舞台を踏む真剣佑。

「日本に来て間もない僕が、ミュージカル初出演で大きな役をいただけることが光栄ですし、感謝しています」と、謙虚に喜びのコメントを発表しています。真剣佑といえば、極真空手を始めとする数々のスポーツで鍛え上げた筋肉美。父・千葉真一の遺伝子を色濃く受け継ぐアクション俳優の申し子というイメージがありますが、あのイケメンフェイスと、ピアノやフルートで洗練された品格は、少女漫画さながらの王子様です。しかも、帰国子女ですから、真剣佑は英語もペラペラ。「ちはやふる」「花より男子」に続き、今後の真剣佑は、少女漫画実写作品の中枢を担う俳優として引っ張りだこになるに違いありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る