森泉の家族が華麗すぎる! 森一族家系図!森泉とローラのタメ口の差は?

森泉の家族が華麗すぎる! 森一族家系図!森泉とローラのタメ口の差は?

森泉の家族が華麗すぎる! 森一族家系図!

森泉の家族が華麗すぎる! 森一族の祖母は、世界的デザイナー・森英恵!

森泉は、「おしゃれイズム」や「ボンビーガール」にも出演中のモデルですが、実はとんでもないセレブ。森泉の父親は、株式会社ハナエモリの元社長・森顕で、母親は、イタリア系アメリカ人の元モデル・森パメラ。森泉の祖母が、あの世界的ファッションデザイナー・森英恵です。

森英恵は、1965年にNYで初の海外コレクションを発表して以来、オートクチュール組合に所属する唯一の東洋人として、国際的評価の高い日本人デザイナーのパイオニア的存在。鮮やかな色彩と、蝶をモチーフにした「ハナエモリ」ブランドで有名です。2004年にパリで最後のオートクチュールコレクションを開いてから、第一線を退いていますが、現在も舞台衣装などを手掛けています。

しかし、株式会社ハナエモリは業績不振を招いた森泉の父親の社長解任を経て、100億の負債を抱えて倒産。それで森泉が「ボンビーガール」に出演しているのか……というのは違うようで、会社と個人の資産は全く別物。森一族のセレブ生活は揺るがないのです。

森泉は超セレブ!兄弟全員がファッション業界の社長・デザイナー・モデル!

森泉の祖父・森賢も、陸軍主計少佐という立場から、ハナエモリグループ会長の座に就きました。そして森泉の両親、5人兄弟も全員がファッション業界で華麗に活躍しているのです。森泉の長兄・森研は、M-ENTERTAINMENT社代表、次兄・森勉はデザイナー。妹・森雪はYM Design Studio LLC代表を務めており、現在は夫、子供と優雅にロサンゼルス生活を送っています。

スポンサーリンク

そして、末娘の森星(ひかり)は、モデル兼女優で「王様ブランチ」や「新チューボーですよ!」に出演して以降、人気急上昇中。最近では森泉との共演で、「美人セレブ姉妹」という印象が周知されているのではないでしょうか。
森泉は、ガサツな物言いや食べ方からセレブということに疑いを持つ人も多いかもしれません。しかし、この華麗なる森一族の家系図を眺める限り、森泉のプロフィールにある「趣味・乗馬」が、嘘ではないことが分かります。

森泉とローラのタメ口の差は?パリ社交界デビューしていた!

森泉とローラのタメ口の差は謙虚さ?態度がデカイと悪評絶えず……

森泉は、いかなる大物芸能人であっても旧知の友人のように、不躾にタメ口で話します。セレブゆえの世間知らずなのか、キャラ設定なのか……視聴者は、同じタメ口キャラのローラに関しては好感を持てても、なぜか森泉には批判的。ローラも、天然系のズレた返答や名前も言い間違えるなど、本来なら失礼極まりありません。しかし、薄幸な生い立ちを抱えながらも向上心で突き進む、実は礼儀正しい女性という背景が、「バラエティ上のおバカキャラ設定」として共感に近いものを呼んでいるのは間違いありません。

一方、森泉は「本当に礼儀知らず」「態度がデカイ」と悪評ばかり。華麗なる森一族のセレブで、慶應義塾幼稚舎・中等部を経て、アメリカ合衆国バーモント州私立高等学校出身という経歴や、パリコレ一流モデルの森泉があのキャラを演じると、人々はもしかしたら見下されている気分になるのかもしれませんね。態度・バックグラウンドも含めて、「謙虚さ」の差が2人のタメ口評価の明暗を分けているようです。

スポンサーリンク

森泉がパリ社交界デビューしていた!日本ではアウトでも世界は認めている?

森泉は、良家のお嬢様。そしてその実態は、我々の想像を遥かに超えたものでした。森泉は2004年に、世界の名家の令嬢23人しか招待されないという「デビュタント・ボール」に招待され、パリ社交界デビューを果たしています。このパーティは、ただ超お金持ちだからといって参加できるわけではありません。招待されるには「16~20歳まで、容姿端麗にて、長身、語学堪能(最低でも英語とフランス語は必須)、良家・名家の子女」という条件をクリアしていなければならないのです。

これを満たす正真正銘のお姫様として、森泉は世界に認められているということ。そんな一級の品格を備えた森泉が、よもや日本の芸能界で不躾扱いされていようとは、世界のセレブは誰も思っていないでしょう。ちなみに2005年には森雪が、続いて2011年には森星が同じく社交界デビューしています。森一族の権威だけでなく、美の血筋まで世界一級認定されるとは、非常に稀なことではないでしょうか。

森泉が超セレブすぎて受け入れられない?「ボンビーガール」パクリ疑惑まで……

森泉が華麗なる森一族の令嬢で、パリ社交界にデビューした世界のお姫様であるという事実を知ると、あのキャラに「きっと森泉はお嬢様すぎて、世間を知らないんだね」という温かい意見があっても良いはず。ではなぜ、いつも笑顔の森泉が、こうも批判されるのでしょうか。

森泉は「幸せ!ボンビーガール」の「森泉の100均生活」という、自らが考案した激安DIYアイディアを紹介するコーナーを持っています。一見、「セレブがこんなセコイことをやっている」という愛嬌のようなものを感じられるコーナーですが、「呑気なセレブが、芸能界をなめやがって!」のような嫌悪感が立ち込めています。その背景には、「実は他の100均DIY本に乗っていたアイディアのパクリだった」「森泉自身の部屋には適用されていない」「100均ショップで森泉自身が選んでいない現場を見た」などの裏付け証拠が次々と表ざたにされることになったからです。しかし、DIYが虚偽だとしても、企画だと思えば腹が立つ域の話でもなさそうですよね……

そんな森泉が、モデルになる前に、カフェや歯科医院でのアルバイトを経験していたと聞いても、人々はお嬢様のお遊びくらいにしか思えないのかもしれません。でも、あの天真爛漫な笑顔に癒されたことはありませんか。森泉にだって一般人には理解できないセレブなりの苦悩もきっとあるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る