トレンディエンジェル斉藤、彼女と結婚?ものまねにイケメンが多いのはトレンディエンジェル斉藤自身がイケメンだから!?

トレンディエンジェル斉藤、彼女と結婚?ものまねにイケメンが多いのはトレンディエンジェル斉藤自身がイケメンだから!?

トレンディエンジェル斎藤司 『IPPONグランプリ』初出場決定!

トレンディエンジェル斎藤司 激戦を勝ち抜き予選優勝

去年放送された『THE MANZAI 2014』(フジテレビ)に決勝進出したお笑いコンビ、トレンディエンジェル斎藤 司(さいとうつかさ)さんが、23日放送の『IPPONグランプリ』(フジテレビ)の出場権を初めて獲得しました。

今回で13回目となる『IPPONグランプリ』は、ダウンタウンの松本人志さんがチェアマンを務め、10名の芸人が大喜利で競い合うバラエティー番組。トレンディエンジェル斎藤司さんは、その前哨戦となる番組、『IPPONスカウト』で、アンジャッシュ児嶋一哉さんやレイザーラモンRGさんなど、並み居る先輩芸人達を制して見事優勝!本戦出場を勝ち取ったトレンディエンジェル斎藤司さんは、「全員先輩の方々でしたし、皆さん本当にウケていたので、“まさか!”という思いでした」と驚きを隠せない様子だったということです。

トレンディエンジェル斎藤司 ズラリ並んだ凄い面子に・・?!

23日放送の『IPPONグランプリ』には、バカリズムさんやネプチューン堀内健さん、板尾創路さん、博多華丸・大吉の博多大吉さん、オードリー若林正恭さん、千原兄弟の千原ジュニアさんなどおなじみの強豪メンバーが登場することが発表されていました。本戦に向け、トレンディエンジェル斎藤さんは「『IPPONスカウト』を勝ち抜いた勢いに乗って、ジュニアさんやバカリズムさんのような“大喜利力”ではなく、“エンタテインメント力”で勝負ができたらと思っています。

自分自身で上げたハードルをくぐり抜けていく姿をぜひ見てほしいです」と、意気込みを語っていましたね。

スポンサーリンク

トレンディエンジェル斎藤 結婚願望明かす!イケメンものまねで彼女も落ちた?!

トレンディエンジェル斎藤司 異色の経歴とイケメンモノマネ

トレンディエンジェル斎藤 司さんは1979年2月15日生まれの今年36歳。吉本興業所属のお笑いコンビ、「トレンディエンジェル」のボケ担当で、芸人になる前はインターネットサービス企業・楽天で営業マンとして勤務していたという異色の経歴を持っています。

憧れの人は嵐の二宮和也さんで、「僕はニノをリスペクトしている。多才なその才能。俳優としての面。天才的な発想。とんでもない華。上手すぎる歌。作曲のクオリティ。何をとってもニノは憧れなのだ」とブログで熱く綴っているそう。ツッコミのたかしさんと共に髪が薄いことから、「ハゲ」をネタにする事が多い芸風のコンビですが、更なる売りはトレンディエンジェル斎藤司さんが歌う“モノマネ”!ルックスとは裏腹に、GacktさんやKinKi Kids堂本剛さん、河村隆一さんなど特に“イケメン”のモノマネを得意とするそう!

今まで付き合った彼女は全員美声で落としたというトレンディエンジェルの斎藤司さん。髪の毛がもうちょっとあれば、もしかしてイケメン?なの、かも?

スポンサーリンク

トレンディエンジェル斎藤司 結婚願望は?6歳年下の彼女の噂

そんな美声の持ち主、トレンディエンジェル斎藤司さんですが結婚を意識している恋人の存在を明かしました。お相手は30歳の一般女性で、交際は2年ほどになり、「完璧。料理もうまい」とベタぼれしている様子。しかし今一歩、結婚に踏み切れない理由について「芸人なので飲みや付き合いが多く、家で寂しい思いをさせるくらいならと思っている。11年目ですけれど、まだ若手なんで、もう少し結果をだしてから。結婚すると、客が激減したという話も聞くし」と少々弱気な発言も・・?

ぐずぐずしてると毛根と共に、彼女の愛の芽も枯れちゃうかもしれませんよ?!

トレンディエンジェル斎藤の出身地 神奈川県横浜市とはどんなところ?

トレンディエンジェル斎藤の出身地 神奈川県横浜市はオシャレな観光都市

トレンディエンジェル斎藤さんの出身地、神奈川県横浜市は神奈川県の東部に位置する政令指定都市。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、市内総生産として小売、サービス業を行う第三次産業の割合が圧倒的に高い観光都市です。みなとみらいや中華街、横浜ベイブリッジや八景島など、横浜市へ観光に来る人は年間およそ4,000万人以上。現在絶好調の横浜DNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムも横浜市中区にありますね!

トレンディエンジェル斎藤の出身地 神奈川県横浜市の歴史ある動物園と芝山漆器

目新しい観光スポットばかり特集されがちな横浜市ですが、それだけではありません!西区にある「野毛山動物園」は、今年で開園64年の老舗動物園。園内には人気のレッサーパンダを始め、ライオンやキリン、フンボルトペンギンなど約90種類を数える動物が飼育され、道にはインドクジャクが放し飼いされるなど、”身近な動物園“をコンセプトに世代を超えて市民に愛されています。横浜市が事業主なので入場無料なのも嬉しいですね!そして、横浜の歴史をもうひとつ。「横浜芝山漆器」は、貝類を中心に象牙(ぞうげ)や鼈甲(べっこう)などを削り、漆面にはめ込んで模様を作り上げる横浜開港当時からの伝統工芸品。通常の漆器工芸とは異なり、形取られた模様がレリーフ状に浮き出るのが特徴です。横浜開港とともに外国人貿易商から高い評価を受けた横浜芝山漆器は輸出量が増加し、最盛期の明治後期から大正にかけては芝山師(横浜芝山漆器職人)も100人ほどいたと言われますが、現在では南区に住む宮崎輝生さんを含め2人だけに。横浜の歴史と伝統が光る横浜芝山漆器は、都筑区にある横浜市歴史博物館で購入可能だという事です。

吉本興業新人養成所、NSCの10期生で、同期はオリエンタルラジオやフルーツポンチ、はんにゃなど“売れっ子芸人”ばかりというトレンディエンジェル。この勢いに乗ってお笑い界を一気に駆け上がれ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る