加藤和樹は歌手や俳優として活躍しているイケメン!過去の出演作品と今後の活動は?

加藤和樹はジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに選ばれた過去が!?ミュージカルで脚光を浴びた!

加藤和樹は歌手、俳優として活躍しているイケメン!ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストだった!?

加藤和樹(かとうかずき)は俳優、声優としての演技活動だけでなく、歌手としてミュージックシーンでも活躍している注目のイケメンです。181㎝の長身で、過去にはジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに選出されたほどです。

加藤和樹がファイナリストに選出されたのは、2002年の第15回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでした。パフォーマンスでは、器械体操を披露して、見事ファイナリストに名を連ねた加藤和樹。これをきっかけに、2003年から芸能界入りしています。

加藤和樹はミュージカルで脚光を浴びた!あのミュージカル俳優とも仲良し

歌手としても精力的に活動している加藤和樹は、その素晴らしい歌唱力と演技力が発揮できるミュージカルの舞台で脚光を浴びています。加藤和樹の初舞台は、2005年のミュージカル「テニスの王子様」で、跡部景吾役を演じて話題となりました。同作で注目を集めた加藤和樹は、その後も多数のミュージカルに出演しています。

2018年だけでも、「マタ・ハリ」「1789-バスティーユの恋人たち-」「タイタニック」などの大作、話題作に次々と出演し、ミュージカル俳優として大活躍の加藤和樹がミュージカルを始めたのは、同じくミュージカル俳優として大人気の山崎育三郎の存在があったからだとか。「いっくん」と呼ぶほど仲の良い山崎育三郎に勧められたことをきっかけに、今やミュージカル界に欠かせない俳優となっています。

加藤和樹は一時芸能界を離れていた!?奮起して芸能界復帰、そして歌手活動を始めたきっかけは?

加藤和樹は一時芸能界を離れていたことがある!?一般人としてアルバイトも?

クールなルックスと、器械体操もこなす運動神経、そして歌唱力と、人も羨む才能を持つ加藤和樹ですが、引退とまではいかなくても、しばらく芸能界を離れていた時期がありました。愛知県名古屋市立富田高等学校を卒業後に上京したものの、芸能界入りをしてからの明確な目標を持っていなかったため、1年半ほど一般人としてアルバイトで生計を立てていた期間があったというのです。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストとなり、芸能界への道を歩むことにしたものの壁にぶち当たり、色々と模索する時期があったというのは驚きですね。イベントの設営スタッフやマクドナルドのアルバイトをしていたということですが、加藤和樹ほどのイケメンであれば、さぞかし目立っていたのではないでしょうか。

加藤和樹が歌手活動を始めたきっかけは?奮起して芸能界復帰後は精力的に音楽活動

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストへの出場をきっかけに芸能界入りを果たしたものの、1年半ほど一般人としてアルバイト生活をしていた加藤和樹が奮起してまた芸能界に復帰したのは、音楽の存在が大きかったとか。アルバイト生活をしていた時期に、2ピースロックバンド「ザ・ベイビースターズ」の楽曲である「去りゆく君へ」に心を動かされた加藤和樹は、音楽活動をやりたいという目標ができたのだそうです。

明確な目標ができた加藤和樹は、2006年にミニアルバム「Rough Diamond」で歌手としてメジャーデビュー。2008年には日本武道館で単独ライブを行うなど、精力的に音楽活動を行っています。

加藤和樹が写真集『加藤和樹という男』で肉体美を堂々披露!全裸ショットも話題に

加藤和樹の集大成とも言える写真集「加藤和樹という男」が4月9日に発売されて以来、その見事な肉体美が注目を集めています。同写真集はロングインタビューと共に、アーティスティックなモードショットや砂浜で走るアクティブなショット、温泉ロケのショットなど様々なシーンが満載で、ファン必見の作品となっています。

特にお風呂場で撮影されたという大胆な加藤和樹の全裸ショットは、大きな注目を集めました。この話題の大胆なショットを撮影した荒木勇人カメラマンとは、9月28日に発売された「加藤和樹カレンダー2019」でもタッグを組んでおり、息もピッタリのようです。

鍛え上げられたしなやかで美しい加藤和樹の筋肉は、まさに芸術品です。彫刻のように見事な肉体美ですが、本人曰く「ジムに行って鍛えることはほとんどしない」とのこと。筋力をつけすぎないように、ベスト体重の68㎏を保つようにしているのだとか。自他共に認める「ジロリアン」(ラーメン二郎好き)で、料理も得意だという加藤和樹ですが、この肉体美をキープするために、普段から体調管理には気をつけているそうです。

30代後半に突入する来年早々には、ミュージカル「暗くなるまで待って」にて、極悪人ロート役での出演も決まっている加藤和樹。ますます飛躍の年になりそうな予感がしますね。
岡田龍太郎は早稲田大学在学中にジュノンボーイデビュー!ドラマ「僕たちがやりました」で知名度急上昇
村上幸平は「仮面ライダー555」カイザで人気に!ザリガニマニアすぎて「ザリガニのうた」をリリース!
荒井敦史は「水戸黄門」の新・格さん!意外にもテニミュ未出演だった

関連記事

ページ上部へ戻る