北川景子の嫁姑関係は?DAIGOが天使過ぎる娘とMV共演!「離婚」はドラマの話?

北川景子の嫁姑関係は?DAIGOの今後に周囲が注目!「モニタリング」でラブラブぶりを披露!


北川景子のプロフィール
◆生年月日:1986年8月22日
◆出身:兵庫県
◆身長:160cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:スターダストプロモーション

北川景子の夫・DAIGOの家族は?嫁姑関係が気になる!

正統派美人女優として、多くの作品で主演を務めている北川景子(きたがわけいこ)。その人気の高さから、夫・DAIGOの家族との仲や嫁姑関係にも注目が集まりがちです。

ロックミュージシャンであり、バラエティタレントとしてもお馴染みのDAIGO。その祖父が第74代内閣総理大臣だった竹下登だというのは有名な話で、さらに大叔父は衆議院議員の竹下亘と、政治家家系の一員です。

DAIGOの母親・内藤まる子は竹下登の次女。政治家一族と大人気女優という組み合わせから、嫁姑問題を心配する声が出ることもありましたが、2016年1月放送の「白熱ライブビビット」で、DAIGOは北川景子と母の関係について「すごく仲がいい」と明かしていました。

また一部週刊誌でも、DAIGOの母が夫妻に新居をプレゼントしたという報道がありました。この物件の価格は、2億円以上ではないかともいわれています。DAIGOの姉である漫画家の影木栄貴(えいきえいき)も、ブログで頻繁に北川景子との交流を綴っており、良好な関係を築いていることが伝わってきます。

北川景子の夫・DAIGOの今後に周囲が注目?

北川景子とDAIGOの結婚式には多くの政治家が出席しており、安倍総理からの祝福コメントムービーも届いていました。こうした背景もあってDAIGOは今後、政治家に転身するのかという点が話題になっています。

しかし、2016年4月29日の披露宴から数日後「週刊女性プライム」の取材に応じたDAIGOの母・内藤まる子は「DAIGOを政治家にと願っている?」という問いに対して、笑いながら「ないですよ」とコメントしていました。

2020年5月にも「FLASH」記者の「要請があれば、出馬すると思いますか」という質問に「そういう気はないと思いますよ」ときっぱり。息子の意思を尊重している様子です。

「母親はDAIGOを政界に送り込みたいようだ」という趣旨の報道にコメントを寄せているのは、本人ではなく竹下家の後援会関係者や政治記者たちで、周囲がDAIGOの政界進出に強く期待している、という状況がうかがえます。

DAIGOにいつか出馬する意思があるのか、妻の北川景子がどう思っているのか、真相は本人たちにしかわかりません。

北川景子とDAIGOが「モニタリング」でラブラブぶりを披露!

2020年5月14日放送の「ニンゲン観察!モニタリング!」では、北川景子とDAIGOとのラブラブぶりが披露されました。新型コロナウィルスの感染拡大により自宅からの出演となったこの日、DAIGOは料理の腕前を発揮することに。

北川景子が撮影を担当し、DAIGOが同番組で共演する平野レミ直伝だという「サーモンのさわやかソース」を慣れた手つきで調理していきました。料理が完成して試食へと移ったその時、自分でも予想外の出来だったのか「マジで? めちゃくちゃうまい!」と、うっかり普通に感想を述べたDAIGO。北川景子が「アルファベット」と、そっと囁いたことに注目が集まりました。

DAIGOは慌てて、文章を略してアルファベット数文字で表現する持ちネタ、通称「DAI語」で「SRU(信じられない美味さ)」とコメント。そんな2人の様子から、夫婦仲の良さが伝わって「こちらも幸せな気分になった」「夫婦共同作業が素晴らしい」と大絶賛が起きていました。

米倉涼子のプロフィールや出演作は?結婚や離婚の経緯やかわいいと話題の髪型も紹介

北川景子と髪をバッサリ切った理由は?映画「ファーストラヴ」出演者同士の思いやりに泣ける!

北川景子が髪型をショートにしたワケ

2020年、それまでロングヘアがトレードマークだった北川景子が、2003年のデビュー以来初めてとなるショートヘアに大変身しました。

このイメージチェンジは2021年2月公開の映画「ファーストラヴ」での主演が決まったタイミングで行われており、原作の設定に合わせてのものだったといいます。トレードマークとなっていたロングヘアを30cm以上カットした北川景子は、印象が大きく変わったと注目を集めました。

小顔でシャープな顔立ちの北川景子はどんな髪型でもサマになり、ショートヘアは新鮮で凛とした気品も漂っていると大好評。キャスティング発表時、初披露となった髪型について「別人になれた気がする」とコメントしており、北川景子本人も満足気でした。

北川景子の映画「ファーストラヴ」出演者同士の思いやりに泣ける

北川景子が主演を務めた映画「ファーストラヴ」が2021年2月11日より公開されています。映画の原作は、島本理生によって書かれた同名のベストセラー小説。北川景子はこの映画で、公認心理師の真壁由紀役を演じました。

「ファーストラヴ」は、芳根京子演じる女子大生が父親を殺害するところから始まるストーリーです。そして、由紀とともに事件の真相を究明するのが、中村倫也演じる由紀の義理の弟・庵野迦葉となっています。

この作品で初タッグを組んだ監督の堤幸彦は、北川景子の演技について「素晴らしい主役」と振り返り、北川景子のアウトプット能力の高さや、作品への熱量の高さに言及していました。北川景子はこの役を演じるにあたり、髪型を変えていますが、これも自らの提案だったといい、作品にかける熱意が伝わってきます。

映画の公開日、舞台挨拶に登壇した北川景子。共演した木村佳乃とは、頻繁に連絡を取っていることを明かしていました。女優としてだけでなく、母親という面でも先輩の木村佳乃からもらった電話では、幼い娘を育てながら奮闘する北川景子への優しい言葉に、思わず泣いてしまったのだとか。

そんな北川景子もまた、撮影中は後輩・芳根京子の支えになっていたそうです。悩みがちだったという芳根京子は「私の心を景さんが癒してくれた」と話していました。

芳根京子がインスタでファンを包囲!?胸キュンにかわいいブログに注目!

北川景子とDAIGOの子供は女の子!娘の芸能界入りには反対?「離婚」はドラマ内の話で一安心!

北川景子とDAIGOの子供は女の子!娘の芸能界入りには反対だけどMVに出演?

2016年に行われた北川景子夫妻の結婚報告会見では、夫妻に向けて「子供は何人欲しい?」との質問が飛びました。この問いに対し、DAIGOは“ウィッシュ”のポーズをして「1、2、3人くらい」、そして北川景子は「兄弟はいる方が良い」と答えていました。

そして2020年9月、北川景子・DAIGO夫妻の間に、待望の第一子となる女の子が誕生。北川景子は、2020年9月7日に自身のブログを更新し、「元気に生まれてきてくれたことに幸せを感じています」と綴りました。

2021年1月2日放送の「新春大売り出し! さんまのまんま」に出演した際には、生まれたばかりの子供や、子育てについて語っています。番組内で娘の将来に話が及ぶと、「芸能界にはなるべく入らせたくない」とコメントしていました。

娘の芸能界入りの予定はなさそうですが、父親・DAIGOとは、すでに共演を果たしています。2021年2月10日、DAIGOがボーカルを務めるバンド「BREAKERZ」の楽曲「I love my daughter」がリリースされました。

この曲のジャケット写真とMVには、なんと夫妻の娘が出演。早くもDAIGOと親子共演を果たしました。DAIGO曰く、この楽曲には「(娘に)とにかく幸せになってほしい」という思いが込められているのだそうです。

いずれも娘の顔は映っていないものの、DAIGOの優しい眼差しから、天使のように可愛らしい存在であることが伝わってくるものとなっています。

北川景子が離婚?ドラマ内の話で一安心!永山瑛太と「リコカツ」

2021年春、エンタメニュースで「北川景子」「離婚」という言葉の組み合わせが飛び交いました。これを目にして、DAIGOと離婚するのかと驚いた人もいるようですが、プライベートの話ではなくドラマの話です。

北川景子は、2021年4月より放送を開始するドラマ「リコカツ」で主演を務めます。「リコカツ」は、北川景子演じる雑誌編集者・水口咲と、永山瑛太演じる航空自衛隊のエース隊員・緒原紘一の新婚夫婦が、結婚早々、離婚に向けての活動「リコカツ」を始めるという、“離婚するかもエンターテインメント”。

北川景子によると、永山瑛太とは「お芝居でガッツリご一緒するのは初めて」だそうで、以前より共演したいと思っていたことを明かしていました。

一方で永山瑛太は北川景子を「安定感のある方」と評しており、「チャレンジしたいことを受け止めてもらえるんじゃないか」と感じているのだそう。北川景子演じる咲の元カレ・青山貴也は、高橋光臣が演じます。

北川景子曰く、このドラマの見どころは、咲と紘一が「離婚するかどうか」。“離婚活動”という斬新なテーマを描いた「リコカツ」で、北川景子がどのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

松たか子の家系が華麗すぎる!知られざる結婚生活や驚きの歌唱力とは?
上戸彩が産後初の仕事復帰で美ボディ披露!離婚危機説を払拭するほどの仲良しだった!
木村佳乃は父と母の職業もスゴい!夫・東山紀之と子供の現在は?イッテQでも本領発揮!

関連記事

ページ上部へ戻る