黒川智花はドラマ「金八先生」の優等生役で高評価!結婚した旦那は?

黒川智花はドラマ「金八先生」の優等生役で高評価!結婚した旦那は?出典:https://www.oricon.co.jp
スポンサーリンク

黒川智花は「りぼん」の元読者モデル!ドラマ「金八先生」の優等生役で高評価

黒川智花は「りぼん」の元読者モデル!

女優の黒川智花(くろかわともか)は、1989年8月1日生まれで、東京都出身。芸能界入りするきっかけとなったのは、「なかよし」(講談社)、「ちゃお」(小学館)と並ぶ3大少女漫画と言われている集英社の月刊誌「りぼん」です。

2001年に、少女漫画「りぼん」のモデルグランプリに選ばれた黒川智花は、同誌の読者モデルとして活動をスタート。2001年当時の「りぼん」の売上は推定135万部とかなりの人気雑誌でした。読モ活動中にプロの目にとまった黒川智花は、研音からスカウトさたことで、本格的に女優への道をスタートさせます。

黒川智花は「金八先生7」の優等生・稲葉舞子役で高評価

黒川智花は、若手俳優の登竜門とも言われた「3年B組金八先生」の第7シリーズに出演していました。テーマは重く、麻薬蔓延、授業妨害、学力低下、敬語とタメ口の問題など多岐に渡った「金八先生7」。ちなみに、金八先生のことを「担任」と呼び、タメ口を叩く問題児・狩野伸太郎は濱田岳が演じています。

スポンサーリンク

黒川智花が演じたのは3Bの優等生、稲葉舞子。幼馴染みの丸山しゅう(八乙女光)が麻薬に手を出して大問題になった時、最後まで味方だった舞子。気高く健気な舞子を見事に演じ切った黒川智花は、高い評価を受けます。
以後、「雨と夢のあとに」(2005年・テレビ朝日)、「てるてるあした」(2006年・テレビ朝日)、映画「8.1」(2005年)など主演作品が多くなりました。

黒川智花の写真集「風花」は宮沢りえを意識?!結婚した旦那は一般人

黒川智花の写真集「風花」にファンどきり!20歳でヌード写真集といえば宮沢りえ

黒川智花は、20歳の時にセミヌード写真集「風花」を出しました。一糸まとわぬ姿で胸と下は隠していますが、お尻などは横から完全に見えているショットも。黒川智花には清純派のイメージがありましたから、セミヌードとはいえ、ファンはかなりドキリとしたでしょう。写真集について、「心も身体もまっさらな裸にして」とコメントしています。

ヌード写真集といえば、宮沢りえも20歳の時に「Santa Fe」を発売しました。当時の宮沢りえは人気絶頂で、話題を独占し写真集は150万部の大ベストセラーとなりました。

スポンサーリンク

実は、黒川智花が尊敬し、目標としている女優は宮沢りえです。黒川智花が20歳でセミヌード写真集「風花」を出版したのには、そういう部分もあったのかもしれません。その後もコンスタントにドラマや映画に出演し、主演作品もあることを見れば、脱ぎ損にはならなかったことは明らかです。

黒川智花の旦那は一般人!結婚前の貴重な恋愛エピソード

黒川智花は、25歳だった2015年3月に、2年間交際していた一般人の男性と結婚しました。お相手は一般人で、名前や職業、詳しい馴れ初めなど公開されていません。

黒川智花は24歳の時、志田未来の「志田ちゃんねる・未来の部屋」にゲスト出演し恋愛話も出ました。MCの志田未来が色々と質問する中で、「自分が女優だと実感する時は?」との問いに、黒川智花は「毎回好きな人が変わること」と答えました。現在の旦那様と交際していた時期ですから、ようやく「この人だ」と思える人で出会い、安心できたからこその大胆発言かもしれません。

また、今までに出演したラブストーリーの中で、黒川智花が凄く感動したというセリフも明かしました。それは、好きな彼が教室の窓から「お前は俺のものだ!」と叫ぶシーンで、「胸がキュンとした」そうです。旦那様もロマンチストなのでしょうか?

黒川智花が2018年春の新ドラマ「○○な人の末路」でヒロインに!主演はキスマイの舞祭組!

黒川智花は、日本テレビの新ドラマ「○○な人の末路」にヒロインとして出演します。ドラマ「○○の人の末路」で主演を務めるのは、Kis-My-Ft2(キスマイ)の派生ユニット「舞祭組」の4人。平凡なサラリーマンの戸塚賢太(横尾渉)は、仮想通貨で大金を手にしてしまった男。

心身共に疲れている広告デザイナーの萩原利樹(二階堂高嗣)は、田舎でのんびり暮らしたい。いつかメジャーを夢見る劇団員の和田竹雪(千賀健永)は、事故物件を借りてしまい大変なことに。そして、日本一顧客思いのクリーニング店を経営する真野葉一(宮田俊哉)が好意を寄せる女性客、神田百子を黒川智花が演じます。

「○○の人の末路」の結末は、キャストにも知らされていないとか。そのため、キャストは、リアルにハラハラドキドキしながら演じることができるそうです。深夜だからこそ描けるシーンもあるそうで、黒川智花の演技に期待がかかります。また、「笑ってこらえて」や「水曜日のダウンタウン」などバラエティにも進出しています。黒川智花の飛翔はこれからです。ますます光り輝いていくに違いありません。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る