ムロツヨシの本名や生い立ちは?高校、大学と高学歴!奔放な父をどう見ていた?

ムロツヨシの本名は?生い立ちが複雑?高校や大学は?高学歴でも中退して俳優を目指した事情!


ムロツヨシのプロフィール
◆生年月日:1976年1月23日
◆出身:神奈川県
◆身長:168cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:ASH&Dコーポレーション

ムロツヨシの本名や壮絶な生い立ち!奔放だった父に器が広すぎるコメント!

ムロツヨシは味のある演技で魅せ、1度見始めたら作品から目が離せなくなるような実力派俳優。カタカナ表記で目を引く名前は芸名で、本名は公表していないものの珍しい苗字だと言われています。

ムロツヨシが4歳の時に両親が離婚。母親は出ていき、再婚して新しい家庭を築いたのだとか。本名が珍しいだけにそれをそのまま芸名にしてしまうと新しい家庭でやり直している母親に迷惑がかかるかもしれないということで、芸名を使っているようです。

他に本名が「覚えづらい」という説明をしていたこともあります。幼少期を語る中で「あの時のツヨシと今のツヨシは」という表現をしていたこともあり、「ツヨシ」という読みに関しては本名の可能性が高そうです。

ムロツヨシと5歳年上の姉の親権は大工として働いていた父親が握ったものの、父親は子育てをほとんどせず親戚に預けられていたと、2018年3月17日放送の「サワコの朝」にて語っています。

両親が離婚してからすぐに父親は他の女性のところへ行き、その女性にも子供がいたのだとか。夏休みや冬休みはその女性がいるところへ行き、一緒に過ごしたこともあるそうです。

しかし父親はその後その女性とは別れ、また違う女性と再婚したといいます。自由奔放な生活を送っていた父親に対し、ムロツヨシは「ずっと嫌いじゃなかったんですよ。軽べつもしていないです。楽しそうに生きているんだな、この人は」とその印象を語り、懐の広さを見せました。

ムロツヨシの高校や大学は?大学中退を決意させた舞台と事情とは

複雑な生い立ちという逆境にあっても、ムロツヨシは偏差値57の進学校・神奈川県立鶴見高等学校から1年の浪人生活を経て偏差値60超の東京理科大学理学部数学科に合格しています。

偏差値の高さを基準に進路を考えていたというムロツヨシは、大学入学後に学ぶ目的と意欲を持った同級生の姿に「彼らのように夢を持つ側になりたい」という感情を抱いたのだそう。

そんな中、ムロツヨシは深津絵里のファンだったことから彼女が出演する中井貴一主演の舞台「陽だまりの樹」を観劇しに行きました。この舞台で段田安則の演技に感動し、役者という生き方に興味を持ったのだとか。

結局、ムロツヨシは入学から3週間で大学を中退して演劇の道へ進んでいますが、憧れだけではなく経済的な理由も背中を押して退学を決意したそうです。

「婦人公論」2015年10月13日号のインタビューで「育ててくれた父方の親戚にアクシデントがあり、経済的に逼迫したことも大学を辞める一因になりました」と、語っています。

「親戚や祖母はせっかく入った大学なのだからと止めてくれたけど、退学するのに迷いはありませんでした」と断言しており、お世話になってきた親戚や祖父母の負担になるまいと考えたのでしょう。

役者になるという決意を伝えたとき、祖母は「郵便局員になってほしかった」と泣いたそうですが、ムロツヨシには「俳優になる」という夢がありました。少年時代に支えてくれていた友達はずっとその夢を応援し続けてくれていたといいます。

ムロツヨシは「あんな家庭に育ったからそういう友達もできた。面白い家だなぁと客観的にみられる自分もいる」と語っており、今でも関係が続くその時代の友達やお世話になった親戚たちはムロツヨシの活躍を見守っているようです。

福田雄一が映画「ヲタクに恋は難しい」監督に!過去の代表作は?学生時代にしていたスポーツは?

ムロツヨシは福田組!仲の良い女優が多いのは彼氏面戦法の賜物?水川あさみとのムロ鍋騒動とは

ムロツヨシは福田組の筆頭格!絶大な信頼の裏にはプレッシャーも?

福田雄一が監督・脚本を手掛ける作品にムロツヨシありと言われるほど、この2人の結束は強固なものとなっています。2015年5月公開の映画「明鳥 あけがらす」の初日舞台挨拶は主役の菅田将暉を差し置いて、ムロツヨシと福田雄一のトークショー化していたといい、仲の良さは有名です。

アドリブが多いことで知られる福田雄一の作品を慕って再演を繰り返す俳優たちのことを世間では「福田組」と呼んでいますが、ムロツヨシはその中でも草分け的存在。福田雄一は台本にわざと空白を作り、「ここでムロが何か言う」とムチャ振りするほどムロツヨシを信頼しているようです。

福田雄一作品では演じるというより、いつもおふざけ感が漂うムロツヨシですが、あのアドリブ演技には相当の苦労があり、思いもよらない芝居に対する真剣さもあるようです。

ムロツヨシは2020年12月に公開された大泉洋主演映画「新解釈・三國志」にて天才軍師・孔明を演じており、2020年12月5日に映画サイト「映画.com」に掲載されたインタビューでは、大泉洋とムロツヨシが同作について語っています。

同作はムロツヨシにとって15作目の福田雄一作品ということで、大泉洋曰くムロツヨシの「福田組の現場では俺なんだ!」という風格がすごかったのだとか。

さらに大泉洋は「僕が抱えるものとは異なるプレッシャー、追い込まれている様子は気迫すら感じましたね」と現場でのムロツヨシについて表現しています。福田雄一の作品に出演する時は、ムロツヨシなりにプレッシャーがあるようです。

ムロツヨシは彼氏面戦法で仲良し女優が多い?水川あさみとの絡みも面白い!

2015年8月に出演した「しゃべくり007」で、ムロツヨシは「共演したこともない水川あさみに嫌われている」と告白していました。

女優と仲良くなる時に、相手の警戒心を解くために「初めから彼氏面で接する」という奥義を使うというムロツヨシ。水川あさみとってその態度がウザかったというのが理由なのだとか。

あくまで番組を盛り上げるためのトークであり、実際は仕事で共演していなくても、プライベートで仲が良かった2人。ムロツヨシ考案の鍋料理を巡って面白い絡みを見せていました。

「しゃべくり007」に出演した際、ムロツヨシは得意料理「ムロ鍋・ムロしゃぶ」を披露。しかしこの鍋、実は水川あさみが出演した際に自分の鍋だと偽り、しゃべくりメンバー全員に食べさせたという過去があったのだそう。

水川あさみは2019年8月に堂本剛とムロツヨシのラジオ番組「剛とツヨシ 漢字とカタカナ。」にゲスト出演した際、この「ムロ鍋・ムロしゃぶ」パクリ事件について語っています。

一時期、ムロツヨシとよく遊んでいたという水川あさみ。「その時にムロさんが『ムロ鍋』と『ムロしゃぶ』を作って出してくれてた時期があって、それがすごくおいしいのね」とムロツヨシの料理について絶賛していました。

そんな中で「しゃべくり007」に出演することになり「自分の手料理で出せるものありますか?」と質問され「『ムロしゃぶ』にハマってたから『これ言ったろー』と思って」というノリで、自身の得意料理として披露したそうです。しかも、収録後にムロツヨシに連絡したものの、実際にはオンエアされずカットされたのだとか。

番組内では堂本剛から、コピー料理は収録前にムロツヨシの許可を取るべきと軽く説教されたものの、ムロツヨシは後に「しゃべくり007」で自分が同じ料理をオリジナルとして紹介したことにより、ネタになって盛り上がったと語っています。本当に仲の良い2人だからこそ、こんな珍事件もあるのでしょう。

ムロツヨシは2018年10月より放送のドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」では戸田恵梨香と共演し役者仲間として仲良くなった様子。新垣結衣や黒木華との交流エピソードも聞かれます。

俳優として売れっ子になるまでの間に様々な経験を経てきたムロツヨシは、いわゆるイケメン俳優とは一味違った、人間としての魅力にあふれているのでしょう。

水川あさみの料理がウマすぎて夫・窪田正孝や仲間が大絶賛?堂本剛との関係!かわいさの秘密は?

ムロツヨシが父親役で映画初主演!ドラマでは元嫁・元娘役を見守る交番所長に!

ムロツヨシが映画初主演!「マイ・ダディ」で父親役に

ムロツヨシは名バイプレイヤーとして活躍することが多い俳優ですが、2021年9月23日に公開予定の映画「マイ・ダディ」にて主役の御堂一男に抜擢されています。

同作は金井純一監督が構想に4年以上をかけて書き上げ、「TSUTAYA CREATOR’S PROGRAM FILM 2016」で準グランプリを獲得した企画「ファインディング・ダディ」を改題した作品となっています。

ムロツヨシは、村上プロデューサーから「この作品を映画初主演作に考えて欲しい」と言われ、台本を読み込んだのだとか。台本を受け取って2時間後には出演を快諾したということで、ほぼ本能的にオファーを受けたようです。

妻を失い、シングルファーザーとして育ててきた娘が病に侵されるというテーマの同映画でどんな父親ぶりを演じているのか、注目です。

ムロツヨシが「ハコヅメ」で元嫁役・戸田恵梨香と元娘役・永野芽郁を見守るハコ長に!

ムロツヨシは2021年7月7日より放送スタートのドラマ「ハコヅメ たたかう!交番女子」にて、「大恋愛~僕を忘れる君と」で夫婦役で共演した戸田恵梨香と、2020年8月期放送のドラマ「親バカ青春白書」にて親子役で共演した永野芽郁と再共演しています。

今回の役どころはこの2人の直属の上司で町山交番の交番所長・伊賀崎秀一。部下からは「ハコ長」と呼ばれ、2人のことを見守る存在です。

ムロツヨシはこれまで数えきれないほどの作品に出演し、その度に変幻自在の演技で視聴者を魅了してきました。ただ自分の役に集中するだけでなく、他の共演者との調和や協調を念頭に置きながらバランスよく演じていることが伝わってきます。

そこには、ムロツヨシの特殊な養育環境も影響を及ぼしているといえるでしょう。過去の経験があったからこそ、今のムロツヨシの演技があるのかもしれません。今後も他の俳優には見られないその才能で独特の存在感を発揮していくことでしょう。

黒木華は樹木希林も絶賛した演技派女優!ムロツヨシと熱愛疑惑が出ていた?
賀来賢人が結婚した妻は榮倉奈々!子供が2人に!学歴がすごいけど歌唱力も…?
ムロツヨシは戸田恵梨香とお似合い?交友関係が広すぎ!結婚は?

関連記事

ページ上部へ戻る