のん(能年玲奈)が事務所設立後の現在も露出減なのはなぜ?インスタや映画で才能披露

のんが能年玲奈から改名した理由は?レプロを離れた現在も干された状況が続くのはなぜ?


のんのプロフィール
◆生年月日:1993年7月13日
◆出身:兵庫県
◆身長:166cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:non(個人事務所)

のんは10代でトップ女優に!

のん(能年玲奈)(のうねんれな)は、歌手や女優として活躍しています。

中学生の頃からローティーン向けファッション雑誌「ニコラ」で本名の能年玲奈でモデル活動を開始。2010年6月公開の映画「告白」で女優としてデビューしました。

そして、2013年4月から放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主演を務めて10代にして一躍トップ女優に。その後も「ホットロード」「グッモーエビアン!」など数々の作品に出演し、人気を高めました。

のんと事務所との契約が終了!改名して活動再開も干されている?

のんはレプロエンタテインメントに所属していましたが、2015年1月に事務所で無断に個人事務所「三毛&カリントウ」を設立していたことが発覚します。

これについて、事務所側は舞台演出家の滝沢充子に洗脳されているとコメント。その後、出演CMやドラマが次々に終了し、レプロエンタテインメントとの契約も終了しました。

2016年7月に芸名を「のん」に改名して活動を再開しましたが、これはレプロエンタテインメントの許可がないと能年玲奈の名前を使用できないことが理由として挙げられています。

活動を再開したのんでしたが、トラブルの影響でドラマや映画で主演を務めていた過去のような活動は難しく、現在は舞台などを中心に活動中です。

山下リオの姉は大塚千弘、義兄は鈴木浩介!朝ドラ「あまちゃん」にも出演していた

のん(能年玲奈)はかわいいだけが魅力じゃない!天然発言やインスタで見せた才能は必見

のんは天然な性格も魅力だった?

のんは能年玲奈の名で活動していた当時から、清楚で可愛らしいルックスが注目を集めました。

一方で、演技になると、繊細な演技をみせ、多くのファンを魅了。さらに、ヒゲが好きで、「世界ヒゲ選手権』に行きたい」「家で、付けヒゲを着けたりしている」と発言するなど、天然な一面も。

さらに「創作あーちすと」と名乗って個展を開いたこともあり、様々な顔を持った女優です。

のんがインスタで絵やファッションなど多彩な才能を見せていた!

のんのインスタは2016年8月18日に開設され、2021年5月時点で約45万6000人のフォロワーを集める人気アカウントになっています。

モデル出身らしくおしゃれな写真も多い一方、個展を開くほどの絵の才能も人気の要因。「ミリ単位で配置を変えてやっとここまできました」とした自画像の完成度が高く、フォロワーからは「表現力がすごい」「さすがです」などといったコメントが寄せられています。

また、ワンピースをカットするなど自作のファッション写真にも、女性を中心に多くのコメントが集まっています。

川口春奈の彼氏報道、現在は?旦那の存在をブログで暗示?インスタの顔ぶれが華やかすぎ!

のん(能年玲奈)の最新情報は?映画監督からイラストレーターまで幅広く活躍

のん(能年玲奈)が復活?主演映画が賞を受賞!

のんは事務所から独立した現在も女優として活躍中です。

2020年には「星屑の町」「8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-」「私をくいとめて」3本の映画に出演。2020年12月に公開された「私をくいとめて」では黒川みつ子役で主演を務め、「TOKYOプレミア2020」の部門観客賞を受賞しました。

さらに、2020年8月公開のアニメ映画「マロナの幻想的な物語り」では主人公・マロナの日本語吹替えを担当。展覧会の公式ナビゲーターを務めるなど、声の仕事も精力的にこなしています。

2021年4月18日から上演開始の舞台「シブヤデアイマショウ」にも出演しています。

のん(能年玲奈)が映画で監督・脚本・主演の3役に挑戦!

のん(能年玲奈)は、2021年公開予定の映画「Ribbon」で監督を務めます。

さらに脚本も自ら手掛け、主演も務める同作はコロナ禍で卒業制作展が中止となって悲しむ美大生を主人公に、「表現すること」をテーマにしたヒューマンドラマ。

のんが監督を務めるのは、YouTubeの作品「おちをつけなんせ」に続いて2度目となり、映画「シン・ゴジラ」の監督である樋口真嗣も制作スタッフに名を連ねています。

また、のんは「創作あーちすと」としてのアーティスト活動も継続中で、イラストレーターとして2017年3月に「創作あーちすと NON」、2018年5月に「女の子は牙をむく」と2冊のアードブックも出版。老舗の戯曲雑誌「せりふの時代」の表紙にもイラストを提供しました。

独立により、一時は干されたと言われるほどメディアへの露出が激減したものの、現在は順調に芸能活動を続けるのん。配信ドラマなど活躍の舞台が増え、またかつてのように大きな注目を浴びる日がくる日も近いかもしれません。

仲井戸麗市がのんと清志郎ナンバーを熱唱!ソロ活動も活発なチャボが真の69に!
恒松祐里が「全裸監督」シーズン2ヒロインに!朝ドラ出演で注目度アップ!インスタは猫だらけ?
芳根京子がインスタでファンを包囲?かわいいブログに胸キュン!映画出演を迷った超難役とは?

関連記事

ページ上部へ戻る