設楽啓太が退社した理由とは?結婚していた?ニューイヤー駅伝の結果は?

設楽啓太のプロフィールを紹介!

設楽啓太(したらけいた)といえば、東洋大学時代の箱根駅伝が頭に浮かぶ人も多いことでしょう。2012年の第88回箱根駅伝では各校のエース選手が走る2区を任され、4区から1位に順位を上げて襷を渡す活躍で優勝に貢献。2014年の第90回箱根駅伝では初挑戦の5区を走り、区間賞を記録する快走でまたもや優勝の立役者になるなど素晴らしい成績を残し、一気に知名度があがりました。

そんな設楽啓太が陸上を始めたのは小学6年生の時ですが、本格的に長距離に取り組み始めたのは、中学に入ってからだったそうです。設楽啓太には双子の弟・悠太がおり、大学はそろって東洋大へ進学。箱根駅伝では2人で母校を2回の優勝に導きました。

大学までは弟の悠太とずっと一緒に陸上を続け、東洋大学では設楽啓太がキャプテン、悠太が副キャプテンを務めるほどの活躍ぶりでした。そんな2人は大学卒業後の進路で、設楽啓太がコニカミノルタ、設楽悠太はHondaへの就職を決め、初めて別々の道を歩むことになります。

設楽啓太・悠太の成績は?

社会人になってからも、設楽兄弟は2015年4月に行われた「金栗四三選抜陸上」の5000mにそろって出場し、最後までトップ争いを繰り広げるなど兄弟で活躍。同年8月に北京で開催された世界陸上にはそろって代表入りするものとみられていました。しかし、金栗四三選抜陸上後の設楽啓太はケガによる不調が続き、弟の設楽啓太だけが出場しています。2016年リオオリンピックの代表選考でも、設楽悠太は10000mで代表入りを果たしていますが、日本人学生で歴代8位の記録を持つ設楽啓太はケガの影響が長引き、ここでも兄弟での代表入りを逃しています。

その後も弟・設楽悠太は2017年9月にチェコで行われた「ウスティ・ハーフマラソン」で日本記録を更新。2018年2月には2回目のフルマラソン挑戦となった東京マラソンで日本記録とアジア記録を更新する快挙を達成しています。その一方で兄・設楽啓太は成績不振から抜け出せず、苦しい時期が続きました。

ずっと2人で活躍してきただけに、設楽啓太は弟・悠太が好成績を残すことで比べられ、辛い思いをすることもあったでしょう。しかし2018年4月、設楽啓太にとって2回目のフルマラソンとなる「びわ湖毎日マラソン」に出場した際、設楽悠太は「こんなにマラソンを緊張して観るのは初めて。ゴールするまで温かく見守ってください」とツイート。弟が見守るレースで自己ベストを10分近く更新した設楽啓太は、「今は先に越されてばかりだけど、いつかは2人で競い合えるような面白いレースしていきたい」とレース後につぶやき、お互いを思いやる様子を見せています。

かつてのように、いつか2人でトップのゴールを奪い合うレースが見られることを楽しみにしたいですね。

設楽啓太が退社した理由とは?

設楽啓太は2014年に入社したコニカミノルタで、1年目から活躍しました。2014年11月に行われた「第55回東日本実業団対抗駅伝」では区間賞を獲る力走でチームの優勝に貢献し、大会MVPも獲得。チームを引っ張るエースとして期待される存在になります。

しかし、2015年に兄弟でトップ争いをした「金栗四三選抜陸上」後はケガに泣かされ、なかなか復活の兆しが見えませんでした。そんな中、設楽啓太は2017年3月にコニカミノルタを退社すると発表します。

「環境を変えて心機一転頑張るため」との理由でコニカミノルタを退社した設楽啓太は、2017年9月に日立物流へ入社。移籍後の初レースとなった2017年11月の「第58回東日本実業団対抗駅伝競走大会」では区間2位の走りを見せ、まずまずの好スタートを切っています。

設楽啓太は結婚していた?

設楽啓太は2019年3月現在で27歳。結婚していてもおかしくない年齢ですね。結婚しているのでは?という噂もあるようですが、現時点では独身のようです。また、彼女がいるという交際情報もなかったので、当面結婚するというニュースを聞くことはないのかもしれません。

弟の設楽悠太が数年前、先輩の結婚式に出席したことをSNSに投稿していることから、設楽啓太が結婚したと勘違いして噂が出てきたことも考えられます。何かと話題に上った選手ですから、もし結婚するとなれば何等かの形でニュースになるのではないでしょうか。

設楽啓太の好みのタイプは、元AKB48の大島優子だとか。弟の設楽悠太は、小島瑠璃子が好きなようです。明るくて元気な女性という点では、好みのタイプが似ている気がしますね。

ニューイヤー駅伝の結果は?

年明けの陸上競技といえば、箱根駅伝という人も多いでしょうが、元日に行われるニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)も欠かせないという人も少なくないはずです。2019年のニューイヤー駅伝は、設楽啓太が完全復活を果たしてくれるのではないか?とファンから期待され、昨年末から話題になっていました。

しかし、上位に食い込む結果とはならず、設楽啓太はTwitterで「たくさんの応援ありがとうございました。早く元気な姿見せれるよう頑張ります。2019年も応援よろしくお願いします。」と感謝。この投稿には、たくさんのファンから応援コメントが寄せられました。

結果は残念ではありましたが、20代半ばの設楽啓太は、まだまだこれからです。ケガに気を付けてトレーニングに励み、完全復活に期待したいところです。座右の銘は「夢は叶う!」だという設楽啓太。中学時代の陸上部顧問がよく口にしていた言葉らしく、弟・設楽悠太の座右の銘でもあるといいます。

設楽啓太が目標とする2020年東京オリンピックでは、兄弟で走る姿を見せてほしいものですね。

園田隼は遅咲きのマラソンランナー!箱根駅伝にも出場していた?別府大分毎日マラソンの激走とは?監督に勧められてマラソンを始めた?
小野田勇次の進路は決定?家族構成や兄弟についても紹介!成人式の写真が話題に?!
森田歩希選手は青学の期待の星!2019年4月からの進路は「GMOアスリーツ」に決定