池田勇太が専属男性キャディとコンビ解消したワケ!熱愛彼女との結婚は?

池田勇太が専属男性キャディとコンビ解消したワケ!熱愛彼女との結婚は?出典:http://videotopics.yahoo.co.jp

池田勇太が専属男性キャディとコンビ解消したワケ!熱愛彼女との結婚は?

池田勇太が専属男性キャディとコンビ解消したワケはマンネリ化だった?

池田勇太は、プロゴルファーです。リオオリンピック出場や、優勝ラッシュなどで目覚ましい活躍ぶりですが、それとは別に話題になっているのが、長年のパートナーだった専属男性キャディとのコンビ解消でした。

池田勇太の専属キャディを長年務めてきたのは、福田央です。尾崎直道のキャディを務めた試合でいきなり優勝を経験したことをきっかけに、プロのキャディとなった人物です。その後も、何人かのプロゴルファーのキャディを経験しますが、池田勇太と出会ったのは、倉本昌弘のキャディを務めていたときのことでした。応援に来ていた池田勇太に、「プロになったら、ボクにキャディをやらせてね」と一声かけたのだそうです。

そのことを覚えていた池田勇太は、プロ転向後に約束を守りました。そんなほほえましいエピソードから始まったパートナー関係に終止符が打たれたのですから、よほどの事情があったのだとみたほうがよいでしょう。池田勇太自身の説明によれば、「自分の中に、新しいものを探したくなった」とのこと。言い換えれば、専属キャディとの関係にマンネリ化を感じていたということでしょうか?

噂では、コンビ解消となった福田央はプロキャディを辞め、実家の事業を継ぐと言われています。彼は、以前、このような発言をしていました。「池田勇太が最高のゴルファー。だから、彼との契約が打ち切られたら、ゴルフ界から退くよ」と。池田勇太も、「福ちゃんのおかげで今の自分がある。もう感謝の気持ちしかない」と、約7年半コンビを組んだパートナーへ尽きない感謝の言葉を送っています。

スポンサーリンク

池田勇太に熱愛彼女はいない?彼女に束縛されたくないのが本音?

池田勇太が、もう一つ、話題になっているのが、熱愛彼女の存在です。週刊誌にスクープされたのは、沖縄への4泊5日旅行に同伴していたとされる女性の存在。しかし、その女性は、どうやらホステスで、池田勇太の熱愛彼女ではなかったようです。これ以降は、女性関連の記事や情報が表に出ることはピタッとなくなりました。そのため、現在、池田勇太に熱愛彼女がいるのかは、不明ですが、今のところはいないとみるべきでしょう。

池田勇太は、結婚に対して、「するつもりも、予定も、今はない」と言い切ったこともあり、それが今の偽らざる本音のようです。賞金だけでも、ここ5年ほどで、約6億円は稼いでいる池田勇太は、まだ30歳。ゴルフはお金もかかりますし、恋愛や結婚に注ぐ分のエネルギーも、ゴルフや自分の好きなことだけにすべて使える今を存分に楽しんでいるのではないでしょうか。世の男性にとっては、うらやましい限りです。

池田勇太は態度とファッションセンスが最悪?年齢やゴルフ経歴は?

池田勇太がインタビューで態度最悪とやり玉に!その独特のファッションセンスはバブル臭?

池田勇太は、高い実力にもかかわらず、その態度と、独特のファッションセンスで、世間からの評判が今一つとなっています。まず、態度ですが、全国に流れたNHKのインタビューが問題になったことがありました。それは、2014年日本オープンの優勝インタビューのこと。椅子にふんぞり返り、敬語を使わなかった池田勇太は、「態度が最悪だ」と大バッシング。映像を見ると、たしかに、椅子に寄り掛かった感じで、少しぶっきらぼうなしゃべり方にも見えますが、これが池田勇太の普段通りともいえます。

スポンサーリンク

池田勇太の人となりを知っている人からすると、「彼らしい」と好意を覚え、逆に池田勇太を全く知らない人は、「態度が最悪で礼儀を知らないヤツ」と映るといえそうです。これを態度が悪いとみるか、飾り気がないと取るかは、それぞれの人の価値観にゆだねられ難しいところともいえそうです。しかし、ギャラリーやボランティアへの感謝の言葉がなかったことには、反省の余地は残るでしょう。

また、ファッションにおいても、他の追随を許さない独特のセンスだと話題になることが多い池田勇太。一言でまとめると、池田勇太のファッションは「バブル臭プンプン」です。金のネックレスに、紫のボトムスをまとった池田勇太を見ると、「なぜ今どきこのチョイスを?」との疑問が……。しかし、最近では、そのバブル臭漂う服装から、シックな感じの装いへと、少し落ち着いてきています。その変貌ぶりに驚いているファンも少なくありません。

池田勇太の年齢は間もなく31歳!ゴルフ歴で初の賞金王は「あぶない刑事」の熱烈なファンだった!

池田勇太の年齢やゴルフの経歴などを紹介しましょう。池田勇太は、1985年12月22日生まれの30歳。間もなく31歳の誕生日を迎えます。千葉県千葉市若葉区出身で、敬愛するゴルファーには、ジャンボこと尾崎将司を挙げています。6歳でゴルフを始めた池田勇太は、高校時代に、日本ジュニアと、世界ジュニアゴルフ選手権で優勝。ゴルフの名門・東北福祉大学進学後は、2005年、2006年と、連続して日本学生ゴルフ選手権競技で優勝を飾っています。

2007年にプロテスト合格した池田勇太は、プロに転向し、2009年には、プロ入り後初優勝。アメリカのマスターズにも出場歴があり、今年は、日本国内ツアー25試合で3回優勝しています。リオオリンピックでは、片山晋呉とともに男子ゴルフ日本代表に選出されますが、21位と振るわない結果に。しかし、2016年国内男子賞金ランキングでは、2億790万1567円を稼ぎ出し、2位の谷原秀人に圧倒的な差をつけて、自身のゴルフ歴で初となる最優秀選手賞と賞金王に輝くなど、充実著しい年でした。

池田勇太には、幼少時に放映されていたドラマ「あぶない刑事」主演の柴田恭兵の大ファンという横顔もあります。海外遠征にも同作のDVDを持参するほどの入れ込みようです。その縁で、柴田恭兵にアプローチを教えたこともあるほか、1月にはテレビ番組「行列のできる法律相談所」で、映画「さらば あぶない刑事」の柴田恭兵ら主要俳優陣4人とゲスト出演。池田勇太の熱烈なファンぶりが紹介されると共に、4人との記念ショットも撮影されました。

池田勇太がジャパンゴルフツアー7冠獲得!満面の笑みで充実の1年を総括!

池田勇太が、12月5日に開催された、ゴルフ国内男子ツアーの部門表彰イベント「ジャパンゴルフツアー表彰式」に出席しました。今シーズン獲得賞金が2億円を突破し、初の賞金王に輝いた池田勇太は、最優秀選手賞、賞金ランキング賞をはじめとして、堂々の7冠を獲得。「プロ10年目で、ようやく念願の最優秀選手賞と賞金王のタイトルをものにできた。どんな状況でもバーディーを取りにいけるのは、ひとまわり成長したのかもしれない」と、満面の笑みで、充実した2016年を総括しました。

その池田勇太と賞金王争いを演じ、賞金ランク2位となった谷原秀人は、総合的技術力をポイント化した「Unisysポイントランキング賞」と「サンドセーブ率賞」2部門で受賞。終盤まで白熱した賞金王争いを盛り上げた谷原秀人も、「勇太と賞金王争いができたから、この位置にいられた。1年間頑張った甲斐があった」と、手ごたえを感じていたようです。振り返ってみれば、2016年の池田勇太は、日本国内ツアーで3回優勝。

国内男子賞金ランキングでも大台となる2億円を突破したのですから、7部門で表彰されるのも当然の充実ぶりでした。リオオリンピックでの試合では、日本国内ほど思うようにいかず21位。さすがに世界の壁は厚かったということでしょう。「今年やってきたことが来年につながるように」と、来シーズンへの意欲を語る池田勇太。彼の時代は、いよいよこれからかも知れません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る