ロバート・ダウニー・Jr.が日本嫌いになった理由が残念すぎる!

ロバート・ダウニー・Jr.が日本嫌いになった理由が残念すぎる!

ロバート・ダウニー・Jr. 日本嫌いになった理由が残念すぎる!

ロバート・ダウニー・Jr. 世界で最も稼いだ俳優、年収が凄い?

5歳の時、父親が監督を務める映画の子役でデビューし、その後、何本もの主演作品に出演しているロバート・ダウニー・Jr.。1992年にはチャーリーチャップリンを演じ、英国アカデミー賞、主演男優賞、大人気テレビシリーズの「アリーmyLove」ではゴールデングローブ賞、助演男優賞、「シャーロックホームズ」ではゴールデングローブ賞、主演男優賞を受賞するなど数多くの作品で活躍中です。

ロバート・ダウニー・Jr.の代表的な作品としてあげられるのが「アイアンマン」。「アイアンマン」は、シリーズ化されているため、ロバート・ダウニー・Jr.の年収の大半を占める結果となっています。その結果、アメリカの経済誌フォーブスが毎年発表している男性俳優ランキングで、ロバート・ダウニー・Jr.は三年連続1位を獲得。

現在、ロバート・ダウニー・Jr.の年収は約8000万ドル。日本円にすると、約100億円だそうです。

ロバート・ダウニー・Jr. 日本嫌いになった理由

アイアンマンは日本でも人気の映画ですが、残念なことに、ロバート・ダウニー・Jr.は日本が嫌いになってしまったとか?!アイアンマンの公開に伴い2008年に15年ぶりに日本へやってきたロバート・ダウニー・Jr.でしたが、前歴により、なんと日本の入国管理局によって6時間の足止めをくらってしまったそうです。

スポンサーリンク

さらに日本のレストランで牛肉にあたってしまい、滞在していた期間、体調を大幅に崩し、ほとんどの仕事をキャンセルするはめに。最後の追い打ちとなったのが、日本ではおめでたい席で当たり前にされている「鏡開き」。禁酒をしているロバート・ダウニー・Jr.に酒を持ってきた!と、かなりの戸惑いがあったとか。

その後、2009年にこの時のエピソードを話したロバート・ダウニー・Jr.は「もう日本に来てはいけないのではないかと思った」とジョーク交じりで話しています。実際、その後、ロバート・ダウニー・Jr.は日本へ来ていません。

愛車の中には日産のGT-Rやキューブがあったりするので反日家ではないようですが、これだけ嫌なことが続けば、日本の印象が悪くなっているかもしれませんね。今度はぜひ、楽しい日本の思い出を作って欲しいものです。

スポンサーリンク

ロバート・ダウニー・Jr. 身長、体重、性格は?妻や子供は?

ロバート・ダウニー・Jr. 身長、体重、性格は?

1965年4月生まれのロバート・ダウニー・Jr.は50歳。彼の悩みは身長が低いことらしく、身長は173㎝、体重は78kgです。共演者に身長の高い人が集まると、シークレットブーツを履いて仕事をしているそうですよ。アイアンマンもそうらしいです。格好良いヒーローは、見た目から大事なのですね。

ロバート・ダウニー・Jr.は、変わり者と言われることも多いようですが、シャレ好きなことから、陽気でオチャメな性格みたいです。私服がダサいと面白がられていることもありましたが、ロバート・ダウニー・Jr.から言わせると、ちょっとしたジョークで着てみた私服なのだとか。

ホント、楽しいことが大好きなようですね。主演で成功しているロバート・ダウニー・Jr.に「キャプテン・アメリカ3」で脇役での出演を決めた理由を聞かれると「「あなたが出てくれなければキャプテン・アメリカが別物になってしまう。映画が完成しない」と言われたんだ。必要とされることは素晴らしいことだよ。助け合うことが何より必要だ」」と話しています。

自由な性格のイメージが強いロバート・ダウニー・Jr.ですが、人に助けられたことが多々あることから、人との繋がりを大切にしているようです。他には、ロバート・ダウニー・Jr.が怒るところを見たことがないと言われるほど、どの作品でもムードメーカーとして撮影現場をリードしていることでも有名です。

ロバート・ダウニー・Jr. 妻や子供、家族は?

1992年、ロバート・ダウニー・Jr.は、デボラ・ファルコナーと結婚して、長男のインディオが誕生しています。しかし、その後、デボラとは離婚。2005年、現在の妻、スーザン・レヴィンと結婚したロバート・ダウニー・Jr.は、その後、二人の子供を授かりました。

それは、2012年に生まれたエクストン・エリアス・ダウニーと、2014年に生まれたアブリ・ロエル・ダウニーです。
ロバート・ダウニー・Jr.は、現在の妻、スーザンにベタぼれで、出会ってからすぐにプロポーズをしたそうです。しかしスーザンは、ロバート・ダウニー・Jr.と結婚するまで自分が結婚をすることは考えていなかったようで、初めの印象は「面白いというよりも変わった人」だったそうですよ。

スーザンは結婚するにあたり、ロバートにお酒と薬物をキッパリやめることという条件を出したといいます。ロバートが現在の活躍ができているのも、妻スーザンのお陰なのでしょうね。

ロバート・ダウニー・Jr. 盟友との関係!

アイアンマンシリーズ続編アイアンマン4は作られるのか?皆が期待する中、ロバート・ダウニー・Jr.はきっぱりこれを否定していましたが、盟友のメル・ギブソン監督ならやる!とも話をしました。DV問題や人種差別発言で干されていたメル・ギブソン。ロバート・ダウニー・Jr.は、自分が辛かった時に助けてくれた盟友メル・ギブソンが復活できるように必死だったことでしょう。

こんな場面でも、ロバート・ダウニー・Jr.の人柄が滲み出ていますね。アイアンマンは、今のところ、単独としては作られない予定ですが、同じマーベル社で作られている「アベンジャーズ」「キャプテン・アメリカ」シリーズの中では、トニー・スターク(アイアンマン)がこれからも活躍していきます。

2016年以降の新作予定が発表され、50歳を過ぎたロバート・ダウニー・Jr.がいつまで作品に登場するのか分かりません。しかし、まだしばらくロバートの活躍が期待できそうです。ヒーローものだけではなく、2015年に公開された「ジャッジ 裁かれる判事」では弁護士役に扮したロバート・ダウニー・Jr.。

今後は、カリスマ詐欺師を描く作品もプロデュースしているそうです。ヒーローもの以外でも、楽しい彼の人柄とは違う、シリアスな雰囲気の演技をするロバート・ダウニー・Jr.の作品に魅了されてしまう人も多いとか。みんなを作品の中に引き込む演技は素晴らしいと思います。今後も、ロバート・ダウニー・Jr.の活躍は止まりそうにないですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る