新木さくらはアイドルグループ「LinQ」のメンバー ミスヤングマガジンで素晴らしい成績を残した!?

新木さくらはアイドルグループ「LinQ」のメンバー 気になる経歴やプロフィールは!?

新木さくらはアイドルグループ「LinQ」の5期生メンバー!気になるプロフィールは?

アイドルグループ「LinQ」のメンバーとして活躍している新木さくらは、どのような経歴を持っているのでしょうか。まずは気になる新木さくらのプロフィールをご紹介しましょう。

新木さくらは福岡県出身の1996年11月14日生まれ。蠍座のA型です。子供時代の様子はわかりませんが、新木さくらが高校生活をつぶやいているツイッターを発見しました。ですが、その中でもはっきりとした高校名はなく、詳しい情報は得られませんでした。新木さくらの制服姿から、地元の方なら分かるかもしれませんね。

新木さくらが芸能活動を始めたのが2013年から。その前の年に、新木さくらはLinQの第4期メンバーオーディションに合格。そして2013年に正式なLinQ5期生として活動を開始しました。ちなみにこの年、妹の新木こころもLinQメンバーとしてデビューを果たしています。

新木さくらは福岡を拠点に全国で活動するアイドル!その素顔は!?

新木さくらは福岡県出身ということもあり、福岡を拠点として全国を駆け巡っています。2013年、新木さくらが16歳の時に女優・のん(当時は能年玲奈)の主演で好評を博したNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が「あなたの町おこしキャンペーン」という全国展開のキャンペーンを行い、その福岡代表として選ばれたのがLinQでした。

ダンスを小さい頃からしていたという新木さくらは、その当時のインタビューで、ダンスの表現力を誰にも負けないように頑張り、人の目にとまるような存在になりたいと意気込みを語っていました。また、ジュースやアイスの海辺を走るような爽やかなCMに出るのが夢とも。爽やかではなかったかもしれませんが、次の年に新木さくらはLinQとして「ピザクック」のCMに起用されています。

新木さくらは7年ぶりのミスヤングマガジンでグランプリ 各受賞5名は逃すもののshowroom賞を獲得!

新木さくらが「ミスマガジン2018」でベスト16に選出!

2018年からLinQの副リーダーに就任した新木さくら。その同じ年に、新木さくらは7年ぶりに開催された「ミスマガジン2018」のベスト16にも選ばれています。

「ミスマガジン」とは、「週刊ヤングマガジン」「週刊少年マガジン」の中で行われるグラビアミスコンです。新木さくらは、自分の名前はもちろんLinQの名前を全国に知ってもらえるよう頑張りたいと意気込みを語っていました。

ちなみに歴代のミスヤングマガジンには、山田まりや、山川恵里佳などがいます。2001年からは少年マガジン、ヤングマガジンの共催でミスマガジンとなり、中川翔子、安田美沙子、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみなどが輩出されています。

新木さくらがshowroom賞を獲得!新木さくらの思いは!?

新木さくらは「ミスマガジン2018」で惜しくも上位5名までには届きませんでしたが、「showroom賞」を獲得しました。同賞は一定の期間中showroom配信イベントに参加し、獲得ポイントの上位2名に贈られるもので、「ヤングマガジン」のソログラビアの出演権が与えられるという、栄えある賞です。

「ミスマガジン2018」発表の日、新木さくらは公式ブログで受賞の報告をしています。絶対にグランプリを獲れる自信があったと断言していたものの、賞を獲れなくてごめんなさいは応援してくれた人に失礼と気持ちを述べた新木さくらは、showroom賞は皆がくれた賞ですと喜びを綴っていました。

新木さくらがヤンマガで巻末グラビア!「水」をテーマにしたショットはどんな感じ!?

「ミスマガジン2018」のshowroom賞を獲得したご褒美に、新木さくらは8月20日発売の「週刊ヤングマガジン」第38号でソログラビアを披露しました。巻末を飾ったグラビアは「水」をテーマとしたもので、プールと温泉を舞台に新木さくらの弾ける水着姿が炸裂しています。

新木さくらは身長158cm、スリーサイズはB81cm・W60cm・H82cm。「週刊ヤングマガジン」の巻末カラーにおいて、新木さくらはその魅力的なボディを惜しげもなく披露しています。バスタオルに身を包んだ風呂上りの姿はセクシーな雰囲気も漂い、新木さくらのインスタグラムで「水もしたたるいいさくら」と紹介されている通りの仕上がりになっています。

その他にも、ランジェリー姿で温泉に浸かったり、美しいヒップラインを披露したりと新木さくらの魅力満載のグラビアは、新木さくらファンにとって見逃せないショットが満載です。

ニューシングル「進め!少年少女」、ベストアルバム「Love in Qyushu」を2タイトル、厳選ベストアルバム「バリうま!LinQooking」の4作品を1月30日に同時リリースしたLinQ。それに伴い九州各地はもちろん、東京や大阪、名古屋でも発売記念イベントが予定されており、2019年は飛躍の年となりそうです。

LinQ副リーダーの新木さくらは、「ベストアルバムを聴いてもらうことでLinQの音楽がこんなにも幅広いものなんだということを知ってもらいたい」とアピールしていました。これからのLinQ、そして新木さくらの全国的知名度のアップに期待したいものです。

伊藤麻希はLinQをクビになったクビドル?デカカワなプロレスラーは弱くても人気?
CY8ERは元BiS苺りなはむ中心の5人組アイドル!メンバーの年齢や名前の読み方は?
華村あすかは駆け出しの若手注目女優!ご当地ヒーロードラマのヒロインに大抜擢

関連記事

ページ上部へ戻る