ガーシ―チャンネルのリストに震撼!次なる暴露に怯えるのは誰?

ガーシ―チャンネルのリストに震撼!次なる暴露に怯えるのは誰?

ガーシーチャンネルのリストで各界に激震!その内容とは?


ガーシー(東谷義和)のプロフィール
◆生年月日:1971年10月6日
◆出身:兵庫県
◆身長:180cm
◆血液型:A型
◆登録者数:約106万人
◆総裁生回数:6504万7000回
◆所属事務所:フリー
※登録者数、総再生数は2022年4月11日時点

ガーシーチャンネルの暴露リストに挙がった人物は?

27年間にわたり数々の業界人をアテンドし、不都合な問題の後処理もしてきたというガーシーこと東谷義和(ひがしたによしかず)。2022年2月23日に「ガーシーのサブチャンネル」で「『暴露リスト』芸人・スポーツ選手・KPOPアイドル編はこれや!」と題して公開した動画が、世間をザワつかせました。

この動画では、ガーシー砲のターゲット候補を公開。ホワイトボードに書き出された面々の芸人編では島田紳助をはじめ、ロンドンブーツ1号2号、NON STYLEの井上裕介など、誰もが知る名前が多数並びました。

スポーツ選手編では、2004年のアテネ、2008年の北京とオリンピック2大会連続の金メダル獲得で日本を沸かせた水泳の北島康介、Kー1王者の武尊、元サッカー日本代表の乾貴士らをリストアップ。乾貴士については「女癖が悪い」と暴露内容がほのめかされる場面もありました。

ガーシーの暴露リストは韓国の芸能界にも及び、K-POPグループ・EXO(エクソ)のメンバーや、バク・シネと結婚した俳優のチェ・テジュンなど、これまた多くのファンを抱えるスターの名前が挙がっています。

爆弾投下をほのめかす一方で、俳優の岡田将生や指原莉乃については「Zoom飲みで一回会っただけ」「つながりがない」とも明かしたガーシー。これにホッと胸をなでおろしたファンも多かったことでしょう。

ガーシーチャンネルの暴露は序の口?今後の警告も

今後の芸能活動を左右されかねない過激な内容から、ガーシーはチャンネルを閉鎖に追い込もうとする動きもあると告白。「YouTubeやから、僕が出す情報がこれくらいで済んでるということを忘れたら駄目ですよ」と警告しました。

あまりに過激な動画を投稿するとアカウント閉鎖や収益化するための広告を制限されかねないYouTubeでは、暴露する内容を軽めにしているというガーシー。万一YouTubeが閉鎖されれば制限のない環境に移って暴露を続けるとし、今でも十分過激な暴露動画はさらなる爆弾の序章のようです。

ガーシー砲の威力に人気俳優らが大打撃!

ガーシー砲で芸能界に暗雲

ガーシー砲は、どんな人気芸能人にも一切の忖度はありません。2022年3月1日、ガーシーはメインの「ガーシーチャンネル」で俳優・城田優(しろたゆう)の金銭スキャンダルを暴露。前月28日のライブ配信でも女性関係のトラブルを暴露された城田優は出演CMの動画がスポンサーサイトから削除されるなど、かなりのダメージを受けたようです。

3月13日には、有料のメンバーシップで人気俳優・綾野剛(あやのごう)のプライベートも暴露。「未成年」「不倫」など刺激的なワードが並び、視聴者をザワつかせました。

ガーシー砲は容赦なく続き、同月31日にはシンガーソングライターの清水翔太(しみずしょうた)が餌食に。ストレートな恋愛ソングでファンの心をつかむ彼からは想像できない女性への卑劣な言動やギャンブル好きの顔が暴かれ、ファンは思わず耳を塞ぎたくなったに違いありません。

ガーシーchの勢いは止まらず!100万人突破で大砲放出?

ガーシーに懸賞金をかけ暴露を阻止?タレントも恐々

2022年のバレンタインデーに開設して以来、驚くほどのスピードで登録者数を伸ばすガーシーチャンネル。自身にかけられたというガーシーが明かした懸賞金の額は、なんと3億円。途方もない額面から、その影響力の大きさがうかがえます。

登録者100万人突破が間近に迫る2022年3月29日、ガーシーは「ほんまにでかい花火あげるから はよー100万人いきたいわー」とツイート。100万人突破記念で特大のガーシー砲を放出すると宣言していました。

ついに100万人突破!特大ガーシー砲で驚愕の事実が?

ガーシーチャンネルは2022年4月7日、ついにチャンネル登録者数100万人を達成。同月10日の生配信で、予告通り特大ガーシー砲が投下されました。

ターゲットとなったのは、俳優の新田真剣佑(あらたまっけんゆう)。ステマ疑惑や女性関係のトラブルなど、国宝級イケメンとして知られる好青年のイメージからは考えられないほどの暴露が繰り広げられました。

信憑性を疑う声がある中、新田真剣佑のインスタ、ツイッターのコメントは配信後に制限がかかり、ネットでは「ダメージがあったと思われても仕方ない」との声も。出演作の公開が飛ぶまでやり続けると言うガーシーの暴露が新田真剣佑に及ぼすダメージは、どれほどのものになるのでしょうか。

「死なばもろとも」「震えろ」「覚悟しとけ」と怒りに燃えるガーシーによって次々と露わになる芸能界の裏側。どんなに華やかな世界にも、闇があるのだと思い知らされます。今後ガーシーの口からどんな闇が暴かれるのか、密かに怯えているタレントは世間が想像している以上に多いのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る