東尾理子と石田純一の家族構成が豪華すぎ!妊活を綴るブログが子供を望む女性の力に

東尾理子の家族構成が凄い!父は元プロ野球選手・監督の東尾修!夫は石田純一!


東尾理子のプロフィール
◆生年月日:1975年11月18日
◆身長:160cm
◆出身:福岡県
◆血液型:A型
◆所属事務所:サーフビバレッジ

東尾理子の父親は元プロ野球選手!夫はトレンディ俳優石田純一

東尾理子の父親は、元プロ野球選手で野球解説者としてもおなじみの東尾修です。数々のタイトルを獲得し、1984年には通算200勝を達成した名ピッチャーとして知られています。

東尾修の長女として育った東尾理子は、ゴルフ好きの両親の影響からゴルフの道を歩み始めます。そんな彼女が世間をアッと驚かせたのが、「不倫は文化」発言で世を騒がせた俳優・石田純一との結婚でした。恋多き男と言われる石田純一と、真面目一筋のイメージがある東尾理子の2人がカップルというのは、ピンと来なかった人も多かったようです。

東尾理子の家族構成がスゴすぎる!石田純一の子供たちとの橋渡し役に?

東尾理子自身の家族もスゴいのですが、嫁いだ先の石田純一の家族は、輪をかけたスゴさです。元女優の松原千秋と結婚する前の妻との子がいしだ壱成。松原千秋との間に生まれた娘がモデルのすみれ。そして今、東尾理子との間に子供が3人と豪華な顔ぶれの大家族です。

石田純一は、東尾理子の働きかけで家族がひとつになれたと感謝しているのだそう。疎遠になっていた石田純一といしだ壱成、すみれの3人に何としても仲良くしてもらいたいという一心で、東尾理子は積極的に橋渡し役をして支えていたのといいます。これぞ内助の功ですね。

石田純一の収入は1億円を下ったことがない?名言も凄かった!

東尾理子のプロゴルファーとしての活躍は!?経歴やプロフィールを紹介!

東尾理子の経歴やプロフィールを深掘り!

東尾理子は1975年11月18日生まれ。父である東尾修が当時、西鉄・太平洋・クラウンライターライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)に所属していたため、出身は福岡県となっています。

西武ライオンズの拠点が埼玉に移り、東尾理子は中学生で上京。地元の中学校を経て帝京高校、日本大学へと進学。大学在学中の1995年にフロリダ大学へ留学し、同大の心理学科を卒業しました。

東尾理子のプロゴルファーとしての成績は?怪我の連続に苦しめられていた!

両親がゴルフ好きだった影響で、東尾理子は8歳の頃からゴルフを始めました。そして高校2年の時に、日本女子アマチュアマッチプレーで優勝。日本大学在学中の1994年には、全米女子アマでベスト8入りを果たしています。

1999年にプロゴルファーとなった東尾理子は、同年に出場したアメリカフューチャーズツアーで優勝。大王製紙エリエールレディースオープンでは古閑美保に敗れ、惜しくも準優勝でした。順調なプロ人生に思われましたが、その後は両足の靭帯を損傷する大怪我に見舞われたり、肩の手術をしたりと怪我が続きます。回復後、東尾理子は再びゴルフツアーに参加しますが成績は振るわず、優勝は叶いませんでした。

上野菜々子選手の性格が格好良すぎる!プロも絶賛のゴルフプレーに大注目

東尾理子が高齢出産・体外受精の経験を通して伝えたいこととは?

現在は3人の子供に恵まれ、幸せな日々を過ごしている東尾理子ですが、そこに至るまでの道のりは順風満帆とはいきませんでした。石田純一と結婚して2年が経ってもおめでたの兆候はなく、東尾理子は妊娠するための病院通いを続けます。

不妊治療開始から2年後の2012年11月に長男・理汰郎が誕生。この第一子誕生から、次々と石田家に幸せが舞い込んできました。2016年3月に長女を、2018年4月に次女を無事出産。3人とも体外受精で、第三子を出産した時の東尾理子の年齢は、42歳でした。

治療の様子やその間の様々な思いを、東尾理子は自身のブログ「Route-R」に綴っています。妊娠を目指して頑張ることを「Trying to Get Pregnant」、それぞれの頭文字をとって「TGP」といいますが、東尾理子は彼女と同じようにTGP生活を続ける女性たちとも交流しながら、明るく前向きに過ごそうとしていたことが、日々綴られるブログから伝わってきます。そんな彼女のブログには同じ悩みを持つ多くの女性からコメントが寄せられ、勇気づけられている人も多いようです。

補助金制度があるとはいっても年齢制限などの条件による壁もあり、ある程度の年齢を超えての妊娠には高いハードルがあることも事実。東尾理子はそうした現実も赤裸々に明かし、妊娠を望むなら若いうちにと声を大にして訴えています。

2020年1月時点で、長男は7歳、長女が3歳、次女は2歳と、3人ともまだまだ手がかかる年頃です。東尾理子は44歳、旦那の石田純一に至っては66歳と高齢者に入る年齢で、仕事との両立をはじめ、体力面の問題とも向き合っていかなければなりません。

そんな大変さは表に出さず、明るく日々の子育てを楽しむ東尾理子。これからもたくさんの女性にとって勇気と力を与える存在であり続けてほしいものです。

矢沢心と魔裟斗が不妊治療を乗り切り妊娠、出産!ブログで人気の“富士山”のご利益とは?
石田可南子の戦績は?伸び代ありまくりの女子プロゴルファー!
工藤阿須加はテニスの道を諦め俳優に!プロ野球の工藤公康監督、妹はプロゴルファーの工藤遥加!

関連記事

ページ上部へ戻る