川尻蓮はJO1トップクラスのパフォーマー!ダンスがカッコよすぎるRENのプロフィール総まとめ!

川尻蓮のダンサー経歴は?ダンス講師としても活躍?


川尻蓮のプロフィール
◆生年月日:1997年3月2日
◆出身:福岡県
◆身長・体重:173cm・60kg
◆血液型:O型
◆所属事務所:LAPONEエンタテインメント
◆JO1メンバー

川尻蓮はSMAPや山下智久のバックダンサーだった!

川尻蓮(かわしりれん)は、2019年9月26日から12月11日まで、動画配信サイト「GYAO」とTBS系列で放送されたオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」でファイナルの11名に選ばれ、デビューが決まった「JO1」のメンバーです。

川尻蓮は小学生の頃からダンスを始め、高校生だった2014年にはSMAPのライブにサポートダンサーとして参加しています。また、2018年には山下智久のライブツアーにもダンサーとして帯同。FTISLAND、Wanna One、MYNAMEといった韓国の人気グループのライブステージも、ダンサーとしてバックアップしました。

川尻蓮はダンススクールの人気講師!?

「PRODUCE 101 JAPAN」の番組主題歌「ツカメ ~It’s Coming~」のプロモーション動画を練習生全員で撮影する際、プロダンサーとして数々の名だたるアーティストのステージに立ってきた川尻蓮は、センターに抜擢されています。

キレキレのダンスパフォーマンスと表現力を誇る川尻蓮は、現在「NOAダンスアカデミー」で、RENとしてダンス講師を務めています。彼がスクールで教えるダンスは、ヒップホップ。フリースタイルダンスが得意な川尻蓮のクールなダンスは、引き込まれる力強さにあふれています。

小森隼はGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー!幼少期から光っていたダンスの才能

川尻蓮のプロフィールを紹介!プデュでの成績は?

川尻蓮の気になるプロフィールを紹介!

川尻蓮は1997年3月2日生まれ、福岡県出身です。韓国アイドルを思わせる端正な顔立ちの川尻蓮は中学生の頃、韓国のアーティストに憧れていたのだとか。韓流スターのライブでサポートダンサーを務めてきた彼はステージの後ろで踊りながら、いつか自分がスポットライトを浴びる日を夢見ていたのではないでしょうか。

2020年3月の誕生日で23歳になる川尻蓮。「PRODUCE 101 JAPAN」の番組内で「アイドルの賞味期限を考えると、自分は年齢的に後がない」と語っていました。このオーディションでチャンスをつかまなければ、ステージの後ろから前に出ることはできないという決死の思いがあったからこそ、彼は番組最初の順位発表から最後まで、2位より下に落ちることのない順位を維持できたのでしょう。

川尻蓮のプデュ最終順位は?

韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送されているオーディション番組「PRODUCE 101 」の日本版としてスタートした「PRODUCE 101 JAPAN」。6000名の応募者から絞り込まれた101名の練習生がステージで様々なパフォーマンス課題をこなし、その様子を見た視聴者が国民プロデューサーとなって気になる練習生に投票。最終的に残った11名がデビューとなるサバイバルオーディションです。

番組ファンの間では「プデュ」の略称で知られ、大きな注目を集めてきた同オーディション最初の順位発表で1位となったのは、川尻蓮でした。長い経験で培った圧倒的なパフォーマンスで1位を独走するのでは?という声も聞かれる中、次の発表で1位の座を奪ったのは、十代ながら川尻蓮と同じようにヒップホップを得意とし、地元ではダンススクールで子供たちを相手にダンスのインストラクターを務める豆原一成。ここから最終回の順位発表まで、川尻蓮と豆原一成のデッドヒートが続くことになります。

暫定1位とも言われた川尻蓮ですが、ファイナルでの順位は豆原一成と約5000票差の2位となりました。101名の中から選ばれた2位は誇るべき結果とはいえ、すべてを出し切った清々しい表情を見せながらも、最終結果に「悔しい」と素直な思いを口にした川尻蓮。JO1がこの先リリースする数々のナンバーで、彼がセンターに立つ機会が訪れることに期待したいですね。

西島隆弘は歌、ダンスとも完璧なAAAの人気メンバー!演技力も蜷川幸雄が絶賛していた

川尻蓮のメジャーデビューはいつ?JO1とは?

川尻蓮は「PRODUCE 101 JAPAN」から誕生したボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)のメンバーとして、メジャーデビューが約束されています。春とはいつなのか、2019年12月11日にオープンしたJO1のオフィシャルサイトで詳しい情報を調べてみました。

JO1のメジャーデビューは2020年3月4日、この日にデビューシングル「PROTOSTAR」が、CDのみの通常盤、CD+DVDの初回限定盤A、CD+フォトブックレットの初回限定盤Bの3タイプでリリースされます。デビューシングルでセンターを務めるのは、最終順位で1位に立った豆原一成です。

「PRODUCE 101 JAPAN」のパフォーマンス映像は、2019年12月13日から19日までのYouTubeチャートで初登場にして8位にランクインしました。再生数は157.7万回を記録し、番組の注目度の高さを物語る結果といえそうです。

メジャーデビュー前から初登場でトップ10に入るほどの人気ぶりですから、JO1としてメジャーデビュー後は、世界に羽ばたく活躍が大いに期待されます。日本国内に留まらず、世界的な活躍を視野に入れて結成されたJO1のメンバーとして、川尻蓮はますます磨きのかかったダンスパフォーマンスを届けてくれるに違いありません。

JO1メンバーまとめ。リーダーは?ファンミーティング情報や活動期間、グッズも紹介!
伊原六花はバブリーダンスのダンス部キャプテンだった!CM、ラジオも好発進
片寄涼太が中国で神的人気!話題のドラマ・映画とGENERATIONSの人気曲まとめ

関連記事

ページ上部へ戻る