木村多江の旦那は誰?貞子役は歴代最恐!蚊の一生の艶技にネットが沸く

木村多江が結婚していた!旦那は誰?子供は?


木村多江のプロフィール
◆生年月日:1971年3月16日
◆出身:兵庫県
◆身長:162cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:融合事務所

木村多江は結婚していた?

木村多江(きむらたえ)といえば、数多くの映画やドラマに出演している女優の一人として知られています。彼女のシンプルだけど徐々に白熱していく演技力は、視聴者をくぎ付けにしてしまうほどの力を持っています。

バラエティ番組等には出演する機会が少なく、プライベートはあまり知られていない木村多江。実は結婚しているという噂が流れているのですが、そうなると木村多江の旦那や子供がいるのかが気になりますよね。

そのことについては、次で紹介していきます。

木村多江の旦那は誰?子供はいる?

木村多江が結婚していることは、事実のようです。結婚したのは2005年6月、旦那は広告代理店の電通社員という一般男性と報じられています。そして2年後に妊娠を公表し、出演が決定していた「大奥」を降板。主演するはずだったNHKドラマ「上海タイフーン」も体調等が考慮され、撮影途中で制作延期となりました。

その後、木村多江は2008年2月23日に第一子である女の子を出産。女優として活躍する一方で、妻と母親を両立しているのですね。

こちらもおすすめ:奥菜恵の現在の旦那は年下のイケメン俳優?オッドアイが話題に!「ダウンタウンなう」で離婚の真相を暴露

木村多江のプロフィールが多才すぎる!貞子の恐さはピカイチ

木村多江の多才すぎるプロフィールが話題に

結婚の事実や子供がいることが分かったところで、さらに木村多江のプロフィールについても紹介していきます。

木村多江は1971年3月16日、東京都で生まれました。高校を卒業後、昭和音楽芸術学院ミュージカル科で演技について学び、在学中に「美少女セーラームーン」に出演する等、舞台女優として活動をはじめました。

しかし、21歳の頃に父親が急死。その後は家計を支えるためにホテルスタッフやレストラン、パン屋等の仕事を朝から晩まで掛け持ちし、当時の睡眠時間は1~2時間しかなかったといいます。そんな努力家であるからこそ、今現在輝ける女優となっているのではないでしょうか。

そんな木村多江の特技はバレエや日本舞踊で、日本舞踊は師範として認められるほどの腕前なのだそう。加えて、野菜ソムリエの資格も持っています。どんな役どころも器用にこなしてしまう演技力は、こうした多才ぶりからきているのかもしれませんね。

木村多江の演じる貞子が歴代最恐!?

日本のホラー映画といえば、「リング」の貞子ですよね。映画化された際、貞子の恐ろしさに日本中が凍り付きました。

そんな貞子役を木村多江が演じていたということを知っていますか?木村多江が貞子を演じたのは、1999年1月から放送されたドラマ「リング 最終章」と、同年7月から放送された「らせん」。この作品が、木村多江の女優としての知名度を一躍アップさせることになります。

貞子を演じた時の木村多江は27歳、当時美人女優として知られていた彼女が人を呪い殺す貞子役を演じたことで、イメージが違いすぎて衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。

仲間由紀恵、橋本愛など、貞子はこれまでに様々な女優が演じていますが、その中でもピカイチの恐さと言われる貞子の演技で注目された木村多江は、以降数多くの作品に出演する有名女優となったのです。

こちらもおすすめ:鈴木光司の大ヒット小説「リングシリーズ」は継続していた?!アメリカでも人気高しジャパニーズホラー!

木村多江のムダ使い!蚊の次はホコリに…!?

みなさんは、2018年の流行語大賞に選ばれた「ぼーっと生きてんじゃねーよ」でおなじみのチコちゃんが人気のバラエティ番組、NHKの「チコちゃんに叱られる!」をご存知ですか?チコちゃんが日常の様々な疑問に答えてくれる同番組の2019年1月4日放送回に木村多江が出演し、女優の本気を見せつけて視聴者を驚かせました。

同番組で木村多江が演じたのは、ホコリ役。「なぜホコリは灰色なのか」というテーマでホコリを擬人化し、生まれてから掃除機に吸われて捨てられるまでの生涯を、木村多江が自分語りの朗読劇で熱演しました。

日本アカデミー賞の最優秀女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞しているベテラン女優・木村多江のムダ使いともいえるまさかのホコリ役に、「木村多江さんに一体なにをやらせているのか」「演技が凄すぎて内容が入ってこない」「明日から掃除するのがツライ」など、困惑しながらも抜群の演技力を評価する声がネットに飛び交いました。

実は木村多江が「チコちゃんに叱られる!」に登場するのは、これが2回目でした。前回の出演は2018年9月7日の放送で、この時は「蚊の一生」をホコリと同様に朗読を交えた一人芝居で情感豊かに演じ、「迫真の演技!」「木村多江さん、さすが過ぎる」などなど、録画できなかったことを悔しがる視聴者もいるほどの反響を呼んでいます。

ホコリ役でも視聴者を魅了してしまう木村多江。2019年11月15日にはまさかの第3弾でインフルエンザウイルスに扮して増殖するという怪演を見せ、「めっちゃ怖いインフルエンザ菌にすらなってしまう女優・木村多江の素晴らしさ」「インフルエンザになったら木村多江さんを思い出しちゃう」と、またもや絶賛の嵐でした。

そんな木村多江の次回作は、2020年3月20日公開予定の映画「一度死んでみた」。2日だけ仮死状態になる薬を飲んだ父親が本当に死んだことになってしまい、火葬されそうになるのを助けるために奔走する主人公・野畑七瀬を広瀬すずが演じ、木村多江は七瀬の母親・百合子に扮します。自分の夫が火葬されそうになる緊急事態に直面する妻という役どころですが、コメディ映画だけに飄々とした演技で楽しませてくれるのではないでしょうか。

<こちらもおすすめ!>

水野美紀が旦那・唐橋充の変わり者ぶりを暴露!「奪い愛、夏」がホラーすぎてクセになると大ウケ!?
山口紗弥加のドラマは難役ばかり!若い頃はアイドルだった!?結婚の噂は本当?
仲間由紀恵は性格も超美人!次期「相棒」よりも妊娠を熱望?!

関連記事

ページ上部へ戻る