岸井ゆきのはCMやドラマで年齢不詳の演技力を披露!「ルパンの娘」で朝ドラネタ?古川琴音との共通点は?

岸井ゆきの出演ドラマや映画は?「まんぷく」で高い演技力を披露!「ルパンの娘」で関連ネタ?


岸井ゆきののプロフィール
◆生年月日:1992年2月11日
◆出身:神奈川県
◆身長:148.5cm
◆血液型:AB型
◆所属事務所:ユマニテ

岸井ゆきののドラマや映画をチェック!「真田丸」で大河ドラマ初出演

演技派女優・岸井ゆきの(きしいゆきの)。2009年10月から放送されたTBSドラマ「小公女セイラ」でデビューして以来、数々のドラマや映画、舞台に出演し、注目を集めてきました。ドラマでは、テレビ東京の「勇者ヨシヒコと魔王の城」の第11話(2011年9月)、世にも奇妙な物秋の特別編(2014年10月)などに出演。2016年放送の「真田丸」でNHK大河ドラマに初出演し、堺雅人演じる真田信繁の3人目の妻・たかを演じました。

岸井ゆきのが出演したドラマは他にもたくさんありますが、初めて主演を務めたドラマは、2017年3月に放送された「十九歳」でした。映画では、2017年11月に公開された「おじいちゃん、死んじゃったって」で初主演。同作で、「第39回ヨコハマ映画祭」の最優秀新人賞を受賞しています。

そして、2019年4月公開の映画「愛がなんだ」で主演のアラサー女子、テルコを演じたことでブレイク。その演技力は高く評価され、「第11回TAMA映画賞」の最優秀新進女優賞に輝きました。

岸井ゆきのが「まんぷく」で見せた演技力!「ルパンの娘」結婚ネタで「まんぷくだ」

岸井ゆきのが演じた役柄の中で特に驚きと称賛の声が上がったのは、2018年10月から安藤サクラ主演で放送されたNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」の香田タカ役です。ドラマに登場した香田タカの設定年齢は14歳。当時、岸井ゆきのは26歳でしたが、全く違和感がなかったことから視聴者を驚かせました。

岸井ゆきのは香田タカ役をノーメイクで演じ、声のトーンを少し上げるなどの工夫をしたようですが、最も大切に考えていたのは、14歳というちょっと難しい年頃をどう演じるかということ。どんな気持ちの時にどのような行動をするのかという内面的な部分をどう演じるか、そこまで考え尽くした熱演だったのです。

警察官・橋元エミリ役で出演した、2019年7月放送開始のドラマ「ルパンの娘」と、「まんぷく」の両作品で、瀬戸康史と夫婦役を演じている岸井ゆきの。「ルパンの娘」第9話では、瀬戸康史演じる桜庭和馬と結婚することになった岸井ゆきの演じる橋元エミリが、「みたされる あなたといれば まんぷくだ」と五七五で喜びを語り、意外な”まんぷくネタ”で視聴者を沸かせました。

玄理は海外映画でも大活躍の国際派女優!朝ドラ「まんぷく」にも出演

岸井ゆきのは古川琴音と似ている?プロフィールは?アノCMにも出演してた!

岸井ゆきのは古川琴音と似ている?プロフィールは?

その確かな演技力で、作中でも強い存在感を放っている岸井ゆきの。本名が気になるところですが、公式情報はありません。高校生の頃にスカウトされてデビューした後、多くの作品に出演。2018年放送の「まんぷく」への出演で、一気に知名度を上げました。

ネット上で、岸井ゆきのの父親・母親が「俳優なのでは?」という噂がささやかれていましたが、これは本人や事務所がその手の話を公表したという情報ではなく、あくまでも噂です。

岸井ゆきのは1992年2月11日生まれですが、そのどこかあどけない顔つきから、”童顔女優”ともいわれています。身長も148.5cmと小柄なため、余計に幼さを感じさせるのかもしれません。

そんな岸井ゆきのの顔に「そっくり」だと話題になっているのが、女優の古川琴音。1996年10月25日生まれの古川琴音は、奇しくも岸井ゆきのと同じ事務所「ユマニテ」に所属しており、こちらも人気上昇中の女優です。

古川琴音は、2020年3月より放送を開始した連続テレビ小説「エール」では、窪田正孝と二階堂ふみが演じる古山夫妻の娘・華役を演じたほか、2020年10月期のドラマ「この恋あたためますか」では、主人公の親友の中国人・”スー”役を演じました。

事務所が同じことや、朝ドラでの幅広い年齢を演じきった女優という共通点もあり、岸井ゆきのと古川琴音のどちらがどの作品に出演していたか、混乱している視聴者も少なからずいるようです。

岸井ゆきのはCMにも多数出演!

岸井ゆきのがCMに出演するようになったのは、2010年から。「毎日コミュニケーションズ マイナビ進学2010」や2014年の「日清食品 カップヌードル」、2016年の「ゆうちょ銀行 娘の結婚相手編」など、何気なく見ているCMにもたくさん出演しています。

岸井ゆきのが出演しているCMには、2019年5月から放映のパーソルキャリア株式会社「母とわたしと、デューダ子編」、2020年4月から放映された大塚製薬のスコーンバー「SOYJOY」の「お家からの窓篇」「スニーカー洗った日篇」があります。

深田恭子がデューダ子に扮する「母とわたしと、デューダ子編」では、松坂慶子と親子役を演じました。SOYJOYも、日常の一コマを描くストーリー性のあるCMです。日常の中でSOYJOYを食べる岸井ゆきののナチュラルな表情に癒された視聴者も多いのではないでしょうか。

また、2020年9月からは、スキンケアブランド「ミノン」のCMに出演しており、小関裕太演じる夫とともに、銭湯を経営する妻役を演じています。初共演となった2人は、お互いに「気さくな印象」を持ったようで、岸井ゆきのは「全体的に楽しかった」と撮影を振り返りました。

古川琴音の中国語がうますぎる理由は?エールやCMで魅せた演技の魅力とは?

岸井ゆきのはドラマ「浦安鉄筋家族」で28歳にして女子高生役!「天国と地獄」で高橋一生の妹役

岸井ゆきのはドラマ「浦安鉄筋家族」で女子高生役!インスタに「可愛い」の声

岸井ゆきのは、朝ドラ「まんぷく」で実年齢から10歳以上も年下の14歳を違和感なく演じたように、どんな年齢の役柄でも演じきる実力を持っています。

2020年4月から放送されたテレビ東京のドラマ「浦安鉄筋家族」では高校2年生の大沢木桜役を演じ、「セーラー服姿が似合いすぎる」と話題になりました。

佐藤二朗が主演を務める同作は、大沢木家を描くホームドラマ。岸井ゆきのが演じる大沢木家の長女・桜は、一見家族の中で最もまともに見えますが、恋人との関係を守るためなら盲目的に突っ走ってしまうという役どころです。

2020年9月10日、岸井ゆきののインスタに、セーラー服姿の岸井ゆきのが全力疾走する姿を捉えた写真がアップされると、ファンからは「可愛すぎます!」といったコメントが相次いで寄せられました。

岸井ゆきのは朝ドラ「まんぷく」で、香田タカの14歳から30歳までを演じました。一方、大沢木桜は時の流れと共に年を重ねていった香田タカとは違い、ずっと女子高生のまま。28歳にして女子高生役で起用されたのは、それだけ岸井ゆきのに若さ溢れる10代の女子を演じ切るエネルギーを感じられたからなのでしょう。

岸井ゆきののドラマ需要が止まらない!「天国と地獄」で高橋一生の妹役

岸井ゆきのは、まさに”売れっ子女優”と呼ぶに相応しいペースで、ドラマへの出演が続いています。2020年8月放送開始のドラマ「私たちはどうかしている」で、名旅館として名高い「長谷屋」の三女・長谷栞を演じた岸井ゆきの。長谷栞は、横浜流星演じる老舗和菓子屋「光月庵」の跡取り息子・高月椿の婚約者でしたが、2人は結婚には至りませんでした。

また、同年12月に2週連続で放送された特別ドラマ「少年寅次郎スペシャル」には、寅次郎の叔母にあたる、つね役で出演。「少年寅次郎」は、「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を題材にした小説「悪童(ワルガキ) 小説寅次郎の告白」をドラマ化した作品で、連続ドラマ版が2019年10月より放送されていました。

岸井ゆきのは少年寅次郎を務めた藤原颯音について「寅が笑うと現場の空気がパッと明るくなって」と語っており、温かい雰囲気に包まれた現場での撮影だったようです。

さらに岸井ゆきのは、2021年1月17日放送開始のドラマ「天国と地獄〜サイコな2人〜」にも出演します。「天国と地獄 ~サイコな2人~」は、綾瀬はるか演じる女性刑事と、高橋一生演じる殺人鬼の魂が入れ替わってしまうというストーリー。この作品で岸井ゆきのは、高橋一生演じる殺人鬼・日高陽斗の妹・日高優菜を演じます。

どのような役柄にもすっと馴染み、観た人に印象を残す岸井ゆきの。これからますますの活躍が期待されます。

 綾瀬はるかがドラマで高橋一生と入れ替わり!国民が恋人にしたいと選ぶ人気女優の彼氏は?
清野菜名がCMで魅せるギャップ萌えがかわいい!キレッキレのアクションで人気女優に
汐谷友希はブレイク必須の女子高生モデルで女優の卵?!ポカリスエットCMで話題!StayHomeの過ごし方は?

関連記事

ページ上部へ戻る