城南海は「THEカラオケ★バトル」の絶対女王!3枚目となるカバーアルバム「ユキマチヅキ」をリリース

城南海は「THEカラオケ★バトル」の絶対女王!3枚目となるカバーアルバム「ユキマチヅキ」をリリース出典:https://thepage.jp
スポンサーリンク

城南海は「THEカラオケ★バトル」の絶対女王!「ものまね王座決定戦」初出場で優勝していた

城南海が「THEカラオケ★バトル」の絶対女王と言われる所以

城南海(きずきみなみ)は、鹿児島県奄美大島出身の歌手です。2009年にリリースしたシングル「アイツムギ」でメジャーデビューし、同年に東海テレビ制作のドラマ「エゴイスト〜egoist〜」では女優デビュー。2013年には、徳光和夫とBSジャパンで歌番組の司会を務めるなど多岐にわたって活動していましたが、有名歌手とはほど遠い存在でした。

そんな城南海の名前を世に知らしめたのが、テレビ東京系の人気番組「THEカラオケ★バトル」です。さまざまなジャンルのボーカリストを集めた2014年7月放送の“歌の異種格闘技戦”に奄美民謡界を代表して出演した城南海は、初出場ながら見事に優勝しました。それから2016年6月までの約2年間で、同番組で100点を3度もたたき出し、9回の個人優勝を飾り、番組史上初&前人未到の10冠を達成した城南海。まさに「THEカラオケ★バトル」の絶対女王の呼び名をほしいままにしています。

城南海が「ものまね王座決定戦」初出場で優勝していた

城南海の歌唱力は、カラオケ番組だけでなく、ものまね番組でもいかんなく発揮されています。2015年12月放送の「ものまね王座決定戦」に出演した城南海は、初出場ながら常連組の強豪ものまねタレントたちを退けて見事に優勝!1回戦で浜崎あゆみの「M」を歌って勝ち上がり、2回戦でSuperflyの「タマシイレボリューション」を披露。決勝戦では、元ちとせの「ワダツミの木」を歌いました。

優勝の勝因はヘアメイクや衣装といった「スタッフさんの尽力のお陰」と謙虚な姿勢だった城南海。決勝で披露した「ワダツミの木」は、城南海が“ちとせ姉”と呼び慕っている同郷の先輩歌手の代表曲とあり気合十分で臨んだそうです。しかしその後、城南海は、ものまね番組へは残念ながら出演していません。

スポンサーリンク

城南海の彼氏は林部智史?ファンクラブの特典やイベント内容は?

城南海の彼氏は林部智史?気になる2人の関係は?

清楚さを感じさせる美貌から熱心な男性ファンも多い城南海ですが、今のところ週刊誌などに熱愛現場をスクープされたことはありません。しかしインターネット上には、城南海の彼氏は林部智史(はやしべさとし)なのではないかと噂する声が。林部智史も「THEカラオケ★バトル」で有名になった人物で、現在は「歌手活動に専念したい」という理由で同番組は卒業しています。

2016年10月放送の「THEカラオケ★バトル」まで出演していた林部智史を、城南海がライバルと言っていた時期もありました。また、2人の発するコメントが似ていたり、それぞれのブログに同じアイテムが登場することもあったりすることが熱愛関係を疑う根拠のようです。とはいえ、「THEカラオケ★バトル」の決勝常連組は、城南海と林部智史に限らずプライベートでも交流がある様子。共通点が多いように見えるというだけで城南海の彼氏を林部智史と疑うことは現実的ではないかもしれませんね。

城南海のファンクラブ特典や会員限定イベントは?

城南海のファンクラブは「南海人(みなみんちゅ)」といいます。城南海作の水彩画カレンダー(パソコン画面用)を隔月でダウンロードできたり、会員しか見ることのできないWEB上のコンテンツを閲覧できるそうです。また、コンサートチケットの優先販売や割引販売、ファンクラブ会員限定のイベントの開催など、城南海のファンクラブは特典満載。

スポンサーリンク

過去には、アットホームなディナーショーのように近い距離で城南海の歌声を堪能できるファンクラブ会員限定イベントが大阪や東京で開催されたり、城南海の生誕の地・奄美大島へのツアーが開催されています。

城南海が3枚目となるカバーアルバム「ユキマチヅキ」をリリース!

2歳でピアノを習い始めて音楽的才能を開花させた城南海は、14歳の時、生まれ育った奄美大島から鹿児島市内へ引っ越したことを機に、兄の影響で奄美三味線と奄美民謡の「島唄」を習い始めました。鹿児島県立松陽高等学校の音楽科ではピアノを専攻するなど、クラシックと民謡にどっぷり漬かった青春時代を過ごした城南海。公園での島唄の路上ライブ中にスカウトされてからプロデビューに至るまでに受けていたレッスンでは、経験値の低い“J-POPらしい歌い方”にとても悩んだそうです。

その時に、「好きな歌のものまねをしなさい」と指導された城南海は、中村中の「友達の詩」を練習することで歌への気持ちの込め方を学びました。この経験が、「城南海の歌は心に訴えるものがある」と大絶賛される表現豊かな歌声の秘訣であり、ものまね王座決定戦での優勝に繋がったのかもしれません。

「THEカラオケ★バトル」に出演するたびに、カバー曲のCD化をリクエストする視聴者からの声がたくさん寄せられたという城南海は、2015年にはカバーアルバム「サクラナガシ」と「ミナミカゼ」をリリース。その完成度の高さでファンを驚かせました。

2017年には、城南海に歌ってほしい曲をファンに問い、その結果を参考にして選出された冬の曲を中心に9曲のカバー曲とオリジナル曲1曲を収録したアルバム「ユキマチヅキ」を発売しています。暖かな南国育ちの城南海ですが、イメージに反して好きな季節は冬だとか。そんな城南海の歌う冬ソング集は、必聴の1枚といえそうです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る