小柳ルミ子の代表作は?サッカー愛がスゴすぎる!大澄賢也との離婚理由は?

小柳ルミ子は元アイドルだった!代表作は?

小柳ルミ子は1952年7月2日生まれ。福岡県福岡市出身の歌手です。中学校を卒業後に宝塚音楽学校へ進学。在学中は朝9時から夜10時過ぎまで練習がある多忙な日々だったそうです。

宝塚歌劇団に憧れる女性たちにとって、最初の難関として知られる宝塚音楽学校。合格は狭き門ですが、小柳ルミ子は元から歌手デビューを念頭においており、宝塚デビューが目標ではなかったのだとか。先輩であった歌手の梓みちよに芸能事務所・渡辺プロダクションの知人がいると知った小柳ルミ子は、紹介してもらい直談判。するとその知り合いは「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」と返答したといいます。

この言葉で奮起した小柳ルミ子は、1970年に見事首席で卒業。知名度を得るため、同年にNHK朝の連続テレビ小説「紅」で女優デビューします。そして翌1971年に作曲家の平尾昌晃のプロデュースにより「わたしの城下町」で歌手デビューし、160万枚という大ヒットを記録。同年のオリコン年間シングル売上チャート第一位も獲得し、第13回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞しました。

華々しいデビューを飾った小柳ルミ子。その後も1972年「瀬戸の花嫁」「京のにわか雨」など次々にヒットを飛ばし、同時期に活躍していた天地真理・南沙織とともに「新三人娘」と呼ばれ、1970年代前半を代表するアイドルとなりました。

そんな小柳ルミ子は、女優としての演技力も高く評価されています。1982年「誘拐報道」でキネマ旬報助演女優賞、第6回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。また、杉本哲太との共演で翌1983年に公開された「白蛇抄」では、第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝きました。

小柳ルミ子が大澄賢也と離婚した理由は?慰謝料は1億円だった?

歌手・俳優として絶頂を極めた小柳ルミ子。プライベートでは1989年にバックダンサーだった大澄賢也と電撃結婚して注目を集めます。小柳ルミ子が36歳、大澄賢也は23歳という歳の差婚であったことに加え、当時の大澄賢也はテレビ出演などもしておらず、知名度に大きく開きがあったことでも話題になりました。

結婚後は頻繁に夫婦でバラエティー番組に出演し、芸能界きってのおしどり夫婦として知られていた二人でしたが、結婚から約12年が経った2000年に離婚します。離婚の原因について、2016年にバラエティー番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告」に出演した大澄賢也は「いろんな原因があるんですよ。彼女のおかげで仕事をしていく中で『俺がやるんだ』『俺が守るんだ』という意識になってしまった」と語り、小柳ルミ子の知名度のおかげで仕事ができている状況に違和感があったと理由の一端を明かしています。

また、当時の報道では小柳ルミ子が大澄賢也に慰謝料として1億円を要求したと報道されました。しかし、これについては2007年、小柳ルミ子のマネージャーが女性週刊誌の取材に応え、「『慰謝料はもらっていない』と、小柳から聞いています。『慰謝料は一銭もいただいていない』と」と語っています。

その一方で、大澄賢也が自ら1億円の慰謝料支払いを申し出たという話もありますが、当の二人が詳しく語らないため、真実は闇の中です。ただ離婚後、小柳ルミ子が大澄賢也の舞台を観に訪れ、楽屋で演技のアドバイスをされたことに対して大澄賢也が「感謝しているし尊敬している」と「徹子の部屋」で語っており、二人の間のわだかまりは、時が解決してくれたのではないでしょうか。

加藤茶 嫁・綾菜とのなれ初め!嫁の過去、生い立ち、実家は?

小柳ルミ子はサッカー愛がスゴい!お気に入りの選手は?

小柳ルミ子は最近になって、無類のサッカー好きであるということが知られました。その愛は凄まじく、年間2000試合を観戦。試合の結果や戦略を記した「ルミ子ノート」は、100冊を超えているのだとか。

サッカー好きが高じて、2018年に「パスコースがない?じゃあ、つくればいい。ルミ子の勝手にサッカー学」という本まで出版したほど。小柳ルミ子がサッカーにハマったのは、アルゼンチンのスーパーストライカーであるリオネル・メッシのプレーを見たことがきっかけだったそうです。

また、「上手いけど、謙虚で、ひたむきで、素直で、明るくて、優しくて…もう、彼の人間性が最高です」と、2018年4月にゲスト出演したラジオ番組で、メッシの人間性も好きだと語っています。そんな小柳ルミ子はメッシ愛が強すぎるあまり、2018年に行われたFIFAロシアW杯での発言が不評を買ってしまったようです。

メッシ擁するアルゼンチン代表がクロアチア代表戦に0対3で敗れた際、失点に繋がるミスをしたゴールキーパーに対して、小柳ルミ子は自身のブログで「信じれない。あんな不用意なミス あれで全て終わった」と激しく非難。一方、メッシに対しては「メッシにまでボールが渡せないんじゃ流石のメッシも仕事できない」と擁護しました。

この一方的とも取れるコメントに対して「頑張った選手に対してあそこまで叩く必要があるのか」「ここまでただ好きな選手に溺れる人は初めて見た」などの批判が上がりました。注目度の高い一戦での痛い敗戦直後だっただけに、小柳ルミ子もつい熱くなってしまったのでしょうが、頑張った選手たちに対する慰労の言葉があっても良いのでは、というのもわかりますね。

かつては離婚騒動などで世間を賑わせた小柳ルミ子ですが、60歳を超えた今でも、2018年に鈴木亮平主演の「西郷どん」で25年ぶりにNHK大河ドラマ出演を果たすなど、その活躍ぶりはまったく衰えを感じさせません。長年ダンスで鍛えただけあり、実年齢を感じさせないスタイルを維持しているのにも驚かされます。この頃はサッカーの話題が先行していますが、また華々しいパフォーマンスで魅了してほしいものです。

<こちらもおすすめ!>

銀粉蝶の芸名の由来とは?小柳ルミ子にも負けないアーセナルの熱烈なファン!
あべ静江が結婚しないワケ!自叙伝で過去の恋愛が明らかに!
リオネル・メッシの結婚相手、子供は?性格が意外にクロかった!

関連記事

ページ上部へ戻る