中森明菜の現在は?デビューのきっかけは母!2014年復帰紅白やディナーショーの内容もチェック

中森明菜の現在は?デビューのきっかけは母!2014年復帰紅白やディナーショーの内容もチェック

中森明菜は80年代のアイドル2大女王!「DESIRE」「少女A」などヒット曲多数!

 

中森明菜のプロフィール
◆生年月日:1965年7月13日
◆出身:東京都
◆メジャーデビュー:1982年5月1日
◆所属事務所:FAITH
◆レーベル:ユニバーサルミュージック

 

中森明菜は80年代のアイドル2大女王

アイドル黄金期とも呼べる1980年代には、ヒット曲を連発するような人気アイドルが多数生まれました。そのなかでも、ひときわ異彩を放っていたのが中森明菜(なかもりあきな)です。

松田聖子と並んで、80年代を代表する2大トップアイドルと呼べる存在でした。15歳の時に出場したオーディション番組「スター誕生!」に合格したのをきっかけに芸能界入りを果たすと、立て続けにヒット曲を飛ばし、2年連続で日本レコード大賞を受賞するに至りました。

デビューしてからの売上枚数は2500万枚以上。特に全盛期と言われている80年代は、年間チャートで50位以内にランクインした曲が22曲と当時のアイドルのナンバーワンでした。

中森明菜は「DESIRE」「少女A」などヒット曲多数!

いくつものヒット曲がある中森明菜。その魅力はなんといってもあの独特の歌声ではないでしょうか。音楽家の小倉ヲージは、中森明菜の歌声を”最高の楽器”と評しています。そしてその歌声を最大限に生かすような、どこか憂いを帯びたような楽曲たちについては「楽曲に漂う影や哀愁は、いずれも明菜さん自身ではないか」と語ります。

他のアイドルとは一線を画す存在だった中森明菜。パフォーマンス時の衣装やメイクにも関わっており、ファッションアイコンとしても人気がありました。1986年2月発売の「DESIRE」のオカッパ頭に着物、ブーツのコーディネートが強く印象に残っている人も多いかもしれません。

中森明菜は、”自分をどう見せるか”という、セルフプロデュース能力にも長けていました。1982年7月発売の「少女A」はポニーテールがいいと提案したのだそう。周囲の言いなりになるのではなく、自らの意思を持って、アイドル・中森明菜を貫いていたことがわかります。

寺田恵子が「SHOW-YA」脱退、再結成に5年を擁した理由を語った!色気たっぷりの衣装の定着秘話

中森明菜は母の夢を叶えたくて歌手デビュー!休養と復帰を繰り返している事情は?

中森明菜は母の夢を叶えたくて歌手デビュー

中森明菜の歌手デビューのきっかけは、オーディション番組「スター誕生!」に出演し、合格したことでした。中学校に入学してすぐの1978年に、初めて「スター誕生!」に応募した中森明菜。応募した理由は、母親を喜ばせたかったから。中森明菜に、美空ひばりのような歌手になってほしいと願っていた母親は、スターになった中森明菜の活躍を、誰よりも喜んでいたかもしれません。

中森明菜は6人きょうだいの5番目。1歳下の妹・中森明穂もまた芸能活動を行っており、女優としてドラマや雑誌への出演経験がありました。この妹・中森明穂は、2019年5月27日に亡くなっています。

中森明菜が休養と復帰を繰り返している事情

アイドルとして一時代を築いた中森明菜ですが、順調とは言えない時期もありました。1989年7月に、当時交際していた近藤真彦のマンションにて自殺未遂騒動を起こし、幸い命は助かりましたがこの時は1年の芸能活動休止になってしまいました。

その後、移籍に関するトラブルが相次ぎましたが、2000年に個人事務所を立ち上げて以来は、コンスタントな歌手活動を続けていました。2004年に自主レーベル歌姫レコーズを設立。現在の中森明菜の代名詞となる歌姫プロジェクトがスタートしました。

しかし、2010年10月、体調不良による無期限活動休止が発表になりました。ストレスによる免疫低下が理由で、帯状疱疹を患ったともいわれています。ファンの間では、元気な姿での復活が望まれていました。

桑田佳祐と妻・原由子の馴れ初め、夫婦愛!息子たちの現在は?

中森明菜は2014年の紅白で復帰!ディナーショーの内容や現在は?

中森明菜が2014年の紅白で復帰!レコーディングスタジオから生中継

無期限の活動休止をしていた中森明菜が、2014年の紅白歌合戦に出場し、ファン待望の歌声を披露しました。ブラックの衣装にヘッドホン、レコーディング形式で、2015年1月発売の「Rojo -Tierra-(ロホティエラ)」を歌った中森明菜。当時まだ発売されていなかった新曲でしたが、番組スタッフは「今の姿を見てもらうには新曲がいい」と語っており、本人もスタッフも、”今の中森明菜”を見てほしいという結論に至ったようです。

中森明菜の紅白出場は2002年以来12年ぶり、生放送で歌ったのは10年ぶりだったそうです。中森明菜は紅白の会場であるNHKホールではなく、レコーディングで滞在中のニューヨークから生中継という形で出演。当初は体調を鑑みて録画での出演も噂されていたそうですが、生中継での出演が叶いました。

久々にテレビに登場した中森明菜は、相当緊張していたようでしたが、歌の最後で見せたカメラ目線はまだまだ健在でした。

中森明菜のディナーショーの内容は?

テレビなどで見かける機会は少ないものの、音楽活動は継続している中森明菜。2017年11月にはアルバム「明菜」をリリースしています。2016年からは、2年連続でディナーショーを開催しました。

2016年は7都市10公演で行われたディナーショー。デビュー35周年を迎えた2017年には、14都市で18本のステージを披露しました。ハイアットリージェンシー大阪や、グランドニッコー東京台場といったホテルを会場に「CLUB NIGHT」と銘打って行われた35周年のディナーショー。関係者は、「コンサートよりもディナーショーの方が(中森明菜の)性格に合っている」と語っています。

2016年のディナーショーに参加したコラムニストの辛酸なめ子は、比較的新しい曲の後に80年代の名曲が続き、「DESIRE」で最高潮の盛り上がりぶりだったことや、中森明菜が涙するシーンもあったことを伝えています。

「会場中が癒されるような音の波動に満たされた」とも綴っており、中森明菜の歌声が響き、会場内が一体化するような内容だったようです。ファンだけでなく中森明菜本人にとっても、忘れられない思い出となったのではないでしょうか。

中森明菜の現在や関連情報は?

新型コロナウイルスの流行もあってか、2020年はディナーショーの開催は行われていません。公式サイトでは、2017年に会場で販売されていたグッズを購入することができます。

ファンクラブの会報には手書きメッセージのコピーで折々の近況が綴られており、アーティストの動画鑑賞をしているほか、自身の映像を視聴することもあるとか。新曲への言及は見当たらないとのことです。(2020年時点)

2020年11月11日には、バラエティ番組「今夜くらべてみました」で「20代なのに80’sアイドルに憧れる女」のテーマで中森明菜のすごさが語られていました。若い世代の目から見ても、その魅力は変わらないようです。

同年12月21日には中森明菜の「歌姫」シリーズから10曲を厳選したアナログレコード版が発売。また、MUSIC ON! TVでは、同年10月から2021年3月まで7ヶ月連続で過去ライブ映像を放送しています。

2022年はデビュー40周年のメモリアルイヤー。嬉しい知らせに期待しているファンも多いのではないでしょうか。日本を代表するトップアイドルである中森明菜。これからも本人のペースで、その唯一無二の歌声を聴かせ続けてほしいものです。

岩崎宏美がYouTubeで素敵な歌声を披露!代表曲や再婚した旦那との現在も紹介!
華原朋美とラサール石井の過去とは?小室哲哉との破局理由!インスタには子供との写真も
広瀬香美はYouTuberとして大人気!天才と言われた子供時代や元旦那さんも紹介!

関連記事

ページ上部へ戻る