倉科カナはかわいいだけじゃなく役作りにもストイック!インスタの坊主頭ショットにファン愕然!?

倉科カナはドラマで働く女性を熱演!30代になって意識が変わった?!


倉科カナのプロフィール
◆生年月日:1987年12月23日
◆出身:熊本県
◆身長:158m
◆血液型:O型
◆所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

倉科カナはドラマで働く女性を熱演!

倉科カナ(くらしなかな)は、幅広い役柄を演じ分けることで人気の女優です。最近の出演作では、2015年7月期に放送された第1シーズンから始まり、2020年放送の第6シーズンまで続いているドラマ「刑事7人」で演じている専従捜査班刑事・水田環役が好評です。

2020年12月には「刑事7人」で共演する塚本高史と2人で、深田恭子が主演を務めるドラマ「ルパンの娘」の第8話にゲスト出演。同作でこれまで声だけの出演だった美雲のお隣さんカップルに扮し、反響を集めました。

また、2017年1月期放送のドラマ「奪い愛、冬」ではデザイナーの主人公・池内光を演じ、2021年1月12日から放送がスタートした「オー!マイ・ボス!恋は別冊」にも、玉森裕太演じる宝来潤之介の幼なじみ・蓮見理緒役で出演。多くのドラマにおいて、社会で活躍する女性を演じています。

倉科カナは30代になって意識が変わった?!

倉科カナは2006年に「ミスマガジン」に選ばれ、グラビアアイドルとして活躍。その後は2009年9月から放送されたNHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロインに抜擢されるなど、女優としても成長していきます。

そして30代となった現在、倉科カナは仕事に対しての意識が変化したのだそう。女性向け総合情報サイト「telling」のインタビューで「30代になって一番変わったのは、休みを大切にするようになったこと」と語っています。

アウトプットばかりでなく、インプットも重要だと気付いたという倉科カナ。先を考えて休むこともを大切にするようになり、経験を積むために1人でハワイに行くなど休みを有効に使ってリフレッシュし、女優業のモチベーション維持につなげているようです。

新木優子が人気になった理由は人気CM「ゼクシィ」での出演だった!月9出演から初の連ドラ主演決定

倉科カナが坊主頭になった理由は?インスタグラムの天真爛漫な写真がかわいい!

倉科カナが坊主頭になった理由は?

倉科カナは2020年6月28日に自身のインスタグラムを更新。「突然ですが、髪を切りましたー」というコメントを添え、坊主頭の画像を2枚投稿しています。

これにはフォロワーも驚愕しますが、これは2016年2月に公開された映画「珍遊記」で玄じょうを演じた時のものと思われます。

漫☆画太郎のギャグ漫画「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」を原作とした同作は、主演の松山ケンイチがほぼ全裸で主人公の山田太郎を演じたことなどで大きな話題に。

倉科カナも「私は…なんてハレンチなセリフを言っていたんだろう?隣には真ッ裸の松山ケンイチさん…それが当り前の現場」とコメント。原作のシュールで破滅的な世界観を忠実に再現した同作は、普段の出演作ではあり得ない雰囲気で行われた撮影だったことが伺えます。

倉科カナのインスタグラムの天真爛漫な写真がかわいい!

倉科カナは自身のインスタに、撮影の合間のオフショットや雑誌のグラビア撮影の様子など、様々な画像や動画を投稿してファンを楽しませています。

33歳の誕生日を迎えた2020年12月23日には、「33」を指で表そうとして「2」を出してしまうほんわかとした動画を投稿。「33歳のあたいも頑張ります!!いえ、うーん、、もっともっと幸せになりますっ!」とコメントを添え、さらなる活躍を誓っています。

宮澤エマは学歴や家族に驚き大のハーフ女優!「おちょやん」継母栗子役で大反響?DAIGOと首相の孫トーク

倉科カナがNHKドラマ「カンパニー」に出演!映画「女たち」のためショートヘアに

倉科カナはNHKドラマで不遇のトレーナー役に!

倉科カナは2021年1月10日から放送をスタートしたNHKプレミアムドラマ「カンパニー ~逆転のスワン~」でヒロインを務めます。

倉科カナ演じる瀬川由衣は専属トレーナーを担当していた選手の突然の引退により左遷され、井ノ原快彦演じる主人公・青柳誠一と共に敷島バレエ団の再生に奮闘する役どころです。

バレエの世界を描いた同作は熊川哲也が監修を担当。Kバレエカンパニーが全面協力し、宮尾俊太郎も世界的バレエダンサー役で出演しています。

倉科カナは2021年春に公開予定の「女たち」出演にあたり、役作りのために40cmも髪を切りました。

倉科カナは台本を読んだ際、髪の長いイメージがなかったといい、胸元まであった長い髪をバッサリと切り、「できることはなんでもやる」とこの作品に掛ける思いと女優魂を見せつけました。

同作で倉科カナが演じるのは、篠原ゆき子演じる主人公・美咲の親友、香織。なにかと美咲の相談に乗る気の置けない存在でありながら、実は精神のバランスを崩しているという闇を抱えた役どころで、プロデューサーの奥山和由が「本当にバランスを崩したことがあるのかなと思うくらい」の熱演ぶりだったのだそう。

また、2021年2月26日に公開予定の映画「半径1メートルの君 ~上を向いて歩こう~」では、チュートリアルの徳井義実と共演。同作でも、植物状態になってしまった女性という難しい役どころに挑みました。

同作は「半沢直樹」の脚本を手掛けた丑尾健太郎と、ナインティナインの岡村隆史、JO1の豆原一成がタッグを組んだ「本日は、お日柄もよく」、霜降り明星の粗品が脚本と監督を務め、ミキの亜生とミュージカル界で活躍する海宝直人が共演する「同度のカノン」など、人気の俳優と芸人、クリエイターが集結した8編のオムニバス作品で、倉科カナはそのうちの一作「やさしい人」に出演しています。

2021年も多くの作品に登場する倉科カナ。自立するバリキャリ女子から狂気をはらんだ女性まで、振り幅の広い演技で観る人を作品の世界観へ引き込む彼女の出演作は、どれも注目を集めそうです。

織田梨沙はCMや「コンフィデンスマンJP」で大注目!モデルと女優業をこなせる理由は?
佐久間由衣がひよっことゼクシィCMでブレイク!ハンサムな髪型をマネる女性が急増中!?
みひろの結婚相手は?離婚理由をブログで告白!インスタのゴルフショットがかわいいと評判

関連記事

ページ上部へ戻る