西村拳は空手道界のプリンス!ハーフの噂も?空手家初の五輪メダリストへ

西村拳は空手道界のプリンス!元世界王者の父親も!ハーフの噂は嘘?


西村拳のプロフィール
◆生年月日:1995年12月31日
◆出身:福岡県
◆身長・体重:180cm・75kg
◆血液型:非公開
◆出身大学:近畿大学
◆所属:チャンプ
◆2019年空手1プレミアリーグ東京 組手75kg級優勝

西村拳の父親は元世界王者!母親も空手家?

西村拳(にしむらけん)は、2021年東京オリンピックに新競技として追加された空手競技で注目を集めています。

組手で素早い突きや強烈な蹴りなどの技を繰り出し、相手を圧倒する西村拳。圧倒的な成績に加え、そのイケメンぶりとスター性から「空手界のプリンス」と称されています。

西村拳の類まれなる空手の資質は、両親のDNAを受け継いでいるようです。西村拳の父・西村誠司(にしむらせいじ)、母・西村真理子(にしむらまりこ)はともに空手経験者。特に父親は1982年4月に世界空手道選手権の組手70kg級を制覇し、福岡大学空手道部の監督を務めるなど、空手界で知られる存在です。

西村拳はハーフ?

西村拳は彫りの深い顔立ちから、ハーフではないかという噂されています。しかし、父・西村誠司の公式サイトに掲載されている両親の写真を見ると、どちらも日本人顔。また、西村誠司は熊本県、西村拳は福岡県の出身です。

さらに、西村拳には西村誠太(にしむらせいた)、西村翔(にしむらしょう)と2人の兄がおり、家族全員が日本人名。そこから考えると、西村拳がハーフである可能性は限りなく低いでしょう。

西村拳の父はアメリカのワシントン大学とサンディエゴ大学、上の兄・西村誠太はニュージーランドへの留学経験があります。こうした情報から、西村拳ハーフ説に関係しているのかもしれません。

喜友名諒は東京五輪金メダル最有力の空手家!目力と筋肉がすごい!流派、道場は?

西村拳に結婚の予定は?イケメン空手家はセミナーも好評

西村拳のイケメンぶりが週刊誌で露わに

空手界のプリンスとも言われるほどの功績とイケメンぶりから、モテることは間違いないと思われる西村拳。写真週刊誌「FLASH」が2020年10月6日、同誌の公式サイトで西村拳のモテモテぶりが分かる記事を掲載しています。

同誌は、西村拳の自宅マンションを複数の女性が訪れていることをキャッチ。愛車の助手席に女性を乗せて自宅へ戻った様子を写真付きで報じました。また、大会の度に違う女性が試合会場に来ていることが選手たちの間で噂になっているという選手の話も紹介しています。

これについては所属事務所や本人がコメントしていないため、この中に西村拳の彼女がいるのか、単に女性の友達が多く交流がフランクなだけなのかは不明です。オリンピックも控え、日本代表として大事な時期に関係者が眉をひそめる行動は慎むべきなのは確かですが、世界を相手にする大会ではゴシップをも帳消しにしてしまう強さを見せつけていることも、西村拳がプリンスと言われる所以なのかもしれません。

西村拳の空手セミナーは大好評?地域との交流も

西村拳は選手として活躍する一方、セミナーで子供たちに空手を教えています。

2019年4月2日のツイッターで、西村拳は初めて公式のセミナーを開いたと報告。「かなり緊張していましたが、子供達の元気良さと素直さのお陰で指導している自分も楽しく終えることができました」と、写真を添えて多くの子供たちに囲まれるセミナーの様子を紹介しました。

その後も大会や合宿の合間を縫って各地を訪れ、空手界の未来を担う子供たちに世界レベルの技を伝授する西村拳。東京オリンピックで注目される選手を紹介するインタビューで、「子供がやってみたい習い事の一つとして、野球やサッカーと同じように『空手』と言ってくれれば嬉しい」と語っています。日本を代表する空手家が、将来一人でも多く出ることに期待したいものです。

荒賀龍太郎の実家は空手道場!姉弟もスゴい?植草歩が腹黒エピソードを暴露

西村拳が東京オリンピックへ!インスタに綴ったメダルへの思い

西村拳が東京五輪でメダル宣言!

西村拳は、2020年3月に東京オリンピックの空手男子組手75キロ級代表に決定しました。本来なら同年8月に試合が行われるはずでしたが、新型コロナウィルスにより、オリンピック史上初の延期が決定。世界の晴れ舞台を待ち望む日々から、感染拡大を防ぐため大きな声を発しながら相手と組み合う空手はできないという厳しい状況へと生活が一転します。

そんな中でも西村拳は「一喜一憂せずに堂々とやるべきことをやる。開催されれば、そこに向かって調整して、最高の状態で戦って金メダルを取るだけ」と武道家らしい芯の強さで1年を過ごしてきました。東京五輪開催を間近に控えた2021年7月9日、西村拳は母校である近畿大学がオンラインで行った壮行会で「プレッシャーに打ち勝ち、金メダルを獲る」と宣言。大学での4年間は人として大きく成長できたと語り、母校への恩返しという思いも込めたメダル宣言だったのではないでしょうか。

空手はこれまでに三度オリンピックの種目候補に上がりながら採用に至らず、悔しい思いを抱いてきたという西村拳。ようやく正式種目となったのが自国開催のオリンピックとあって、なおさらメダルへの思いが強まっていることでしょう。

開催が危ぶまれながらも実現した東京オリンピックですが、空手会場となる日本武道館をはじめ、東京都内の五輪会場はすべて無観客で行われています。しかし、西村拳は観客からの声援がなくとも「やることは変わらない。勝ちにこだわり、技を出していきたい」と力強くで語りました。

西村拳がインスタで明かした五輪出場の思いとは?

西村拳は、インスタでもオリンピックへの思いを綴っています。東京オリンピックは、世界が大変な状況の中で開催される大会となりました。そんな中で空手選手の強化合宿に携わったスタッフや関係者への感謝を綴り、周囲の支えで無事出場できることを実感したのではないでしょうか。

東京オリンピックでは競技として採用された空手ですが、2023年に開催されるパリオリンピックでは採用見送りが決定。そのため、西村拳にとっては今回が最初で最後のオリンピックになる可能性もあります。

日本で開催されるオリンピックで、空手家初の金メダリストになるという強い思いで初の五輪に臨む西村拳。その思いが、数々の大会で世界を獲ってきた技をより研ぎ澄まされたものにし、メダルを手繰り寄せる力となるに違いありません。

奥平大兼は「マザー」「恋する母たち」で話題のイケメン!空手の実力は全国レベル?
清水希容は美しすぎる空手家!あの女優に似てる?インスタも注目の的に
植草歩は空手界のきゃりー!足の筋肉はスゴいのに運動音痴?セミナーが大人気

関連記事

ページ上部へ戻る