大貫勇輔の実家はダンススクール!俳優業に反対した母が「メリー・ポピンズ」で激変!祖父は誰?

大貫勇輔の実家はダンススクール!17歳でプロのダンサーに!彼女はお笑い芸人?


大貫勇輔のプロフィール
◆生年月日:1988年8月31日
◆出身:神奈川県
◆身長:180cm
◆血液型:非公開
◆所属事務所:ホリプロ

大貫勇輔の実家はスポーツセンターやダンススクールを経営!

大貫勇輔(おおぬきゆうすけ)はプロのダンサーとして知られていましたが、ミュージカルや舞台をきっかけに、俳優としても活躍するようになりました。近年は、ドラマへの出演も増えています。

ダンサーとしてのキャリアは長く、プロになったのは17歳の時でした。大貫勇輔が得意とするダンスのジャンルは、バレエ、モダン、ジャズ、コンテンポラリー、ストリートと実に幅広いものです。

ダンスを始めたのは7歳からで、ある日突然「ダンスをやろう!」と思いつき、母親に「明日からダンスやる!」と宣言したのだとか。そして母親が経営しているダンススクール・コスモダンススタジオにて英才教育が始まりました。

特筆すべきは大貫勇輔の家族で、母親と祖母が元体操選手、祖父に至っては体操のオリンピック強化選手・三畑武一という体操一家。実家はコスモダンススタジオを含むミハタスポーツセンター自体も経営していて、サッカー場、ダンススタジオ、剣道場、体操場、プールがある環境で育ったそうです。

公式プロフィールに特技がアクロバットと書かれていることからも、体操の才能があることがうかがわれます。生来の運動神経に、本格的なダンス教育が加わったことで、若き天才ダンサーが誕生したのでしょう。

大貫勇輔の彼女は?子供に付けたい名前を公表!

大貫勇輔は、華麗なダンスもさることながら、そのイケメンぶりでも女性のハートを釘付けにしています。結婚しているのか気になるところですが、現在は独身で、これまでに結婚歴もないようです。

しかし、過去には噂になった女性がいました。女性の名前は柏円(かしわまどか)。大貫勇輔と同い年で、高校生の頃からジャズやタップダンスに精通し、ダンスで海外留学したこともあるのだとか。2007年から2011年まで劇団四季に所属し、ミュージカル公演にも出演していました。

そんな「ダンス」という共通点を持つ2人ですが、噂の真相は、一緒に食事に行った時の写真をブログに投稿したところ、憶測が飛び交ってしまっただけのようです。

ちなみに、劇団四季を退団した柏円は、お笑いコンビ「りっち。」を結成してお笑い芸人として活動していましたが、2015年に解散したとブログで発表しています。

現在、特に彼女がいる様子は見えない大貫勇輔ですが、2019年11月に「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」に出演した際、すでに子供に付ける名前は決まっていると語っていました。性別にかかわらず、「麗」と名付けたいのだそう。

結婚を意識する相手はいないものの、名前まで考えているところからすると、将来的に結婚して子供がほしいという願望はあるようです。

宮世琉弥がドラマや映画のためにM!LKを卒業!妹は伊達花彩!実家は動物園?

大貫勇輔は舞台「メリー・ポピンズ」でバート役に抜擢!母親は俳優業進出を嫌がっていた?

大貫勇輔は舞台「メリー・ポピンズ」でバート役に抜擢!

大貫勇輔は、2011年に9月から10月にかけて上演されたミュージカル「ロミオとジュリエット」にて死のダンサー役に抜擢されたことをきっかけに、ミュージカルの世界でも活躍するようになりました。

翌2012年には、ミュージカル「キャバレー」で、藤原紀香演じるサリー・ボウルズの相手役クリフに大抜擢され、俳優としてもデビュー。2018年3月には、世界中で上演され、長きに渡り愛され続けている名作ミュージカル「メリー・ポピンズ」にも出演しています。

イギリスの名作児童文学の原作と、1964年に公開された同名のディズニー映画をベースに舞台化された本作のキャストも大注目される中、大貫勇輔はバート役を射止めました。

ダブルキャストになっているため、主人公メリー・ポピンズ役は濱田めぐみと平原綾香が、バート役は大貫勇輔と柿澤勇人が演じています。

大貫勇輔の演技と歌は、どちらも大好評でした。圧倒的な歌唱力で知られる平原綾香の美声を前に、大貫勇輔のバート役には「完璧なバート役だった」「今後の歌唱力にも期待」「ダンスの表現力がすごい」と賞賛の声が続出。ミュージカル俳優・大貫勇輔の名を知らしめる作品になりました。

大貫勇輔の母親は俳優業進出を嫌がっていた?

大貫勇輔が23歳の時に「俳優になりたい」と言い出したところ、母親は息子にはダンサーでいてほしいということで、反対したのだとか。

それでも、大貫勇輔は、ミュージカル「メリー・ポピンズ」のバート役で高評価を得ました。「東京新聞」のインタビューで、大貫勇輔が「メリーポピンズ」を観た後の母親の変化について振り返っています。

大貫勇輔の演技を観た母親は心を動かされ、「あなたの歌とお芝居に感動した」と称賛。「(俳優としての舞台で)あなたがどれほどのものと闘ってきたのか分かった」と、俳優としての大貫勇輔を認めてくれたそうです。

その後は、母親自身も芝居にチャレンジし、2019年に初舞台を踏みました。母親が経営しているコスモダンススタジオのインスタには、2019年11月にミュージカル「BBX528の秘密」を上演したことや、大貫勇輔が稽古で指導を行ったという情報が掲載されています。

大貫勇輔の母親は息子の演技によって、それまでの考え方が覆るほどの大きな影響を受けたようです。

現在は大貫勇輔もダンススタジオの経営に関わっており、母親と一緒にこれから生徒たちに伝えたいことなど、方向性を語り合うことも多いのだそう。表現者として、刺激し合う関係であることが分かります。

味方良介の経歴や家族構成は?テニミュを経て演技力抜群のドラマ俳優に成長

大貫勇輔は石原さとみとのキスシーンを演じていた?歌って踊る泥棒役でも話題に

大貫勇輔はドラマ「高嶺の花」で石原さとみとキスシーン!

大貫勇輔は、石原さとみ主演のテレビドラマ「高嶺の花」に2018年8月放送の第7話から登場し、「あのイケメンは誰?」と注目を集めました。

「高嶺の花」は、石原さとみ演じる名門華道家・月島ももと、峯田和伸演じる自転車店主・風間直人の運命の恋を描いた作品です。

2018年9月の最終回までの流れの中で、物語を一気に加速化させたのが、大貫勇輔が演じた神宮兵馬の登場。華道界の名門である京都神宮流の次期家元候補である兵馬は、第8話では、石原さとみ演じるももとのキスシーンもあり、視聴者から注目を浴びました。

ミステリアスな雰囲気をまとった兵馬役を演じた大貫勇輔に、「色気がすごい」「和服姿がカッコいい」「兵馬様がイケメン過ぎて目の保養になる」といった声が、ネット上で飛び交い、大好評のうちにドラマは終了しました。

大貫勇輔が歌って踊る「ルパンの娘」劇場版にも期待

大貫勇輔は2019年7月から放送されている深田恭子主演のドラマ「ルパンの娘」シリーズに、歌って踊る泥棒の円城寺輝役で出演しており、その歌唱力と華麗なダンスで劇中でも特に注目を浴びている存在です。

円城寺輝は深田恭子演じる、幼なじみの華に思いを寄せる泥棒で、会話の最中にミュージカル調になるという困ったクセのある役どころ。

2020年10月に「Real Sound」に掲載されたインタビューによると、同ドラマのシーズン2では、大好きな華を見守る妖精のようなポジションで、歌やダンスを通じて華への愛情をうまく表現するように心がけていたとか。

「映像の中でこんなに突然歌って踊り出すキャラクターってなかなかいないと思うので、自分も最初は戸惑ったりしたんですけど、この円城寺という役の空気が掴めてからは、毎回撮影が楽しい」と楽しみながら同役を演じているようです。

2021年10月に公開される映画「ルパンの娘」にも同役で出演している大貫勇輔。彼の歌や踊りを映画館の大きなスクリーンで堪能してみましょう。

瀬戸利樹の熱愛彼女や好きなタイプは?瀬戸康史は兄弟?ヒルナンデスで新境地開拓!

大貫勇輔は「北斗の拳」ケンシロウ役に向けてトレーニング中!

大貫勇輔はケンシロウ役に向けて身体作り

2021年12月に公演予定のミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」にて、大貫勇輔は主人公のケンシロウ役を演じることが決まっています。

出演に際し、大貫勇輔は「日本のみならず世界中で長く愛される作品の主人公を演じる責任感をビシビシと感じています」とコメント。「強靭な肉体を作るため、現在トレーニングを続けています」とのことで、身体作りに励んでいるようです。

ケンシロウ役について「歌・ダンス・芝居の全てが求められる役」とし、「ダンサーとしてこれまで培ってきたことを最大限に生かし、自分にしかできない肉体表現を模索したい」と、意気込んでいます。

初めてミュージカル化される「北斗の拳」。大貫勇輔にしか表現できないような、強く美しいケンシロウが観られる日が楽しみですね。

柿澤勇人はドラマ「エール」での歌唱力で注目!ミュージカル出身実力派俳優の葛藤とは
鈴木拡樹の「刀剣乱舞」卒業が気になる!元美容師?結婚や彼女の噂が出ないのは性格が理由?
山崎育三郎はミュージカルからドラマに進出!結婚生活は?YouTubeドライブは神企画?

関連記事

ページ上部へ戻る