Perfumeが口パク公認な事情!3人が出会った年齢に驚き!ラジオのリモ録で困ったコトを告白

Perfumeは口パク公認?あ〜ちゃん、かしゆか、のっちの3人で圧倒的ダンスパフォーマンス


Perfumeのプロフィール
◆結成:2000年
◆メジャーデビュー:2005年9月21日
◆メンバー:大本彩乃、西脇綾香、樫野有香
◆所属事務所:アミューズ
◆レーベル:Perfume Records/Universal J

Perfumeはあ〜ちゃん、かしゆか、のっちの3人組!

Perfume(パフューム)は、あ〜ちゃんこと西脇綾香(にしわきあやか)、かしゆかこと樫野有香(かしのゆか)、のっちこと大本彩乃(おおもとあやの)が、テクノポップ、エレクトロポップを歌いこなす3人組ダンスユニットです。

メンバーは全員広島県出身で、「アクターズスクール広島」に所属していました。2000年に結成し、2005年9月にメジャーデビューを果たします。

2007年7月から放送された「NHK 環境リサイクルキャンペーン」のCMに、同年9月発売の5thシングル「ポリリズム」が抜擢されたことで、Perfumeは一躍有名に。2018年8月発売のアルバム「Future Pop」で、⼥性グループ歴代単独2位記録の「通算アルバム1位獲得作品数」を7作に更新しました。

Perfumeは口パク公認?圧倒的ダンスパフォーマンス

Perfumeといえば、テクノポップの楽曲でおなじみ。3人の歌声にエフェクトがかけられて、ロボット声で歌っているように聞こえるのも特徴です。作曲者の中田ヤスタカは、楽曲制作に加えて3人の声の加工も担当し、Perfumeの楽曲を仕上げています。

中田ヤスタカの意向により、Perfumeの楽曲はライブで再現できるようには作られておらず、いわゆる”口パク”でライブパフォーマンスが行われることもしばしば。Perfumeの持ち味といえば圧倒的なダンスパフォーマンスなので、ファンにとっても、3人が生で歌うことの重要度はそれほど高くないのかもしれません。

中田ヤスタカ プロデュース北陸新幹線駅メロディーが「きゃりーぱみゅぱみゅ」並の大ヒット

Perfumeの結成年齢に驚き!出身地広島のグルメといえばお好み焼きでガイドブックの表紙を飾ったことも

Perfumeの結成年齢に驚き!小学生時代から現在まで一緒

Perfumeが結成されたのは2000年。かしゆかとあ~ちゃんが初めて出会ったのは、まだ小学4年生の頃だったそう。かしゆか曰く、当時のあ~ちゃんはとても積極的で、出会ってすぐに握手を求めてきたといいます。

グループ結成当初に所属していた別のメンバーが脱退し、2001年の初夏にのっちが加入してからは、のっち、あ~ちゃん、かしゆかの3人での活動を開始。のっちとかしゆかが1988年生まれ、あ~ちゃんが1989年生まれなので、3人は11~12歳というまだ小学生だった頃にPerfumeとしての活動を始めたことになります。

2018年11月放送の「ベストアーティスト2018」に出演した際に、3人の年齢に話が及びました。すでにのっちは30歳で、あ~ちゃんとかしゆかもあと数ヶ月で30歳というタイミングでの出演でしたが、あ~ちゃんは「歳を重ねるのが楽しい」のだそうで、「30歳の扉をバーンって開けたい」と前向きなコメントをしていました。

Perfumeの出身地広島県のグルメといえばお好み焼き!3人が訪れた店も

Perfumeの3人は、全員が広島県出身です。広島県の定番グルメといえばお好み焼き。3人は東京に出てきてからも、お好み焼きを見ると「広島を思い出す」のだそう。

「泣ける!広島県」をテーマに、2014年7月、新たな広島県の観光プロモーションが発足されました。その一環として配布されたガイドブック「泣ける!広島県」は、お好み焼きのヘラを持った、笑顔のPerfumeが表紙を飾っています。

この表紙は、尾道市向島にあるお好み焼き店「一茶」で撮影が行われたのだとか。3人が故郷・広島で撮影した写真も掲載されている「泣ける!広島県」は、ファンにとってはたまらない内容となっていました。

広島県内には、店内にPerfumeのサインが飾られているお好み焼き店もあるそうなので、広島を訪れた際にはチェックしてみるのもよいかもしれません。

Tani YuukiはMyraで話題!音楽を始めたきっかけは?新曲も完成

Perfumeがラジオのリモート収録で困ったこととは?ライブは最新技術満載で近未来感がたまらない!

Perfumeはラジオも魅力!リモート収録で盛り上がりすぎてミュート発動

2020年3月に行われた「SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭 supported by 親子のワイモバ学割」に出演したPerfumeが、「SCHOOL OF LOCK!」への想いを語りました。

かしゆか曰く、「大好きな場所」で、「ずーっとやっていたい」のだそう。のっちはライブと比較して、ラジオは「(ファンと)1対1で向き合える場」であると表現していました。

2020年はコロナ禍の影響で、ラジオ収録がそれぞれの自宅からリモートで行われることもあり、その際に困ることとして挙げていたのが「声がミュートされる」こと。話しているうちに楽しくなって声が大きくなると、自動調整でミュートされてしまうのだとか。3人の仲の良さが伝わるエピソードです。

Perfumeのライブは最新技術満載で近未来感がたまらない!

最先端のテクノロジーを駆使したライブパフォーマンスも、Perfumeの魅力のひとつです。2017年11月に、NTTドコモのプロジェクト「FUTURE EXPERIMENT」の一環としてPerfumeが披露したのは、3都市同時生中継。東京、ニューヨーク、ロンドンでダンスを披露する3人の映像が、最新技術を使ってタイムラグなしで合成されました。

さらに2018年3月にNHKホールで行われ、2019年10月には「LINE CUBE SHIBUYA」のこけら落としとして再演された「Reframe」では、Perfumeの振り付けを担当する振付師・MIKIKOとクリエイター集団「ライゾマティクス」がコラボレーションしました。

「テクノロジーと接していけばいくほど、胸がじんわりあったかくなる」と語るあ〜ちゃん。圧倒的なダンスパフォーマンスという生身の人間ならではの表現と、最先端の技術とが融合するライブは、Perfumeならではの唯一無二のものとして高い支持を受けています。3人の魅力と混ざり合って醸し出される近未来的な世界観そのものが独自の特徴として定着しているPerfumeが、次はどんな景色を見せてくれるのか楽しみです。

のっちの性格はPerfumeイチの天然?熱愛報道相手の振り幅が大きかった!ゲーム時間がすごい?
yamaの性別が気になるファンが急増!?「春を告げる」が大ヒット!顔も非公開で謎に包まれた歌手!
NiziUは超大型新人としてデビュー!メンバーのプロフィールを詳しく紹介!

関連記事

ページ上部へ戻る