ROLAND(ローランド)は現代ホスト界の帝王!自信に満ちた名言集も話題に

「現代ホスト界の帝王」として、にわかにその名を馳せているROLAND(ローランド)。最近メディア出演が増えていることもあり、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

近頃は実業家としての顔も見せているROLANDは「KG-PRODUCE」の取締役であり、「ROLAND ENTERPRISE」も設立。2018年10月には個人事務所・シュヴァルツを設立して自身が所属し、様々なメディアで活動を展開しています。


ROLAND(ローランド)のプロフィール
◆生年月日:1992年7月27日
◆出身:東京都
◆身長:182cm
◆血液型:AB型
◆出身校:帝京高校
◆株式会社ROLAND GROUP HD 代表取締役
◆KG-PRODUCE 取締役

サッカー選手の夢から一転、ホストの道へ

子供時代はサッカー以外のことに興味がなかったというROLAND。中学時代はJリーグ・柏レイソルのジュニアユースに所属し、サッカーの名門・帝京高校の体育科に、特待生として入学するほどの実力でした。

都内にある帝京高校は私立の中高一貫学校で、ROLANDも所属していたサッカー部は、身につけているユニフォームの色から「カナリア軍団」と称され、強豪校として全国に名を轟かせています。そんな帝京高校サッカー部からは、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)の元監督・佐々木則夫、鹿島アントラーズで活躍し、日本代表にも選ばれた本田泰人、ベガルタ仙台に所属する日本代表・関口訓充など、プロ入りした選手も多数。また、とんねるず・木梨憲武がサッカー部であったことも有名です。

プロのサッカー選手を目指して寮生活を送りながら日々厳しい練習に励んでいたというROLANDはその甲斐あってレギュラー入りし、全国大会にも出場。しかし、ケガによってプロ入りの夢は閉ざされてしまいます。卒業後の進路に悩んでいたROLANDは、両親の勧めに従って一旦は私立大学へ進学。しかし、その時点から彼の頭にあったのは、「ホストになる自分」という未来だったといいます。

こちらもおすすめ:越智友己は「仮面ライダービルド」で大人気に!ネイマールがきっかけでサッカーに挫折?

ホスト界の帝王に君臨!若くしてオーナーに

ホストになることに対し、母親の許しは取りつけたものの、父親は猛反対だったといいます。ミュージシャンとして活動するROLANDの父親にとって、ある種、会社に属さない働き方の大変さを身をもって知っているからこその親心だったのかもしれません。 しかし、ROLANDはそんな父親の願いを振り切ってホストの道を選び、しばらく勘当されていた時期もあったといいます。

その後、18歳でホストを始めたROLANDはすぐにその才能を目覚めさせ、20歳の若さで当時勤めていた店の取締役に抜擢されます。その後史上最高額の移籍金で所属店舗を移り、2018年のバースデーイベントでは1日で6000万円以上を売り上げ、歴代売上額の最高記録を打ち立てるとともに、独立して自身がプロデュースするホストクラブを立ち上げると発表しました。 

ROLANDがオーナーを務めるホストクラブ「THE CLUB」は2019年4月2日にグランドオープン。店内の様子は同年5月4日に出演したトークバラエティ「メレンゲの気持ち」で紹介され、モノトーンのシックな店内に飾られた総額1億円ほどという高級酒に、スタジオがザワつきました。

自らトイレ掃除をしたり、年間売上トップのホストには1,000万円の報酬を用意したりと、経営者としての独自メソッドも展開したROLAND。「上に立つ者はどうしても孤独になる、いかにこちらから歩み寄るかが大事」という彼の考え方は、全経営者に通じるものかもしれません。

こちらもおすすめ:鈴村健一が独立し事務所開業!声優はフリーのほうが有利?

ローランド展が大盛況!急遽地方開催も

デビューからあっという間にカリスマホストの座をつかんだROLANDの強烈な個性を全身で体感できる展覧会「Ro LAND ~俺か、俺以外か~」が、2019年2月15日から3月10日まで都内のパルコミュージアムで行われました。

同イベントは、ROLANDの写真が壁一面に貼り巡らされた「ROLAND写真館」や、彼の名言で溢れかえる「名言回廊」、「オーラから洗うシャワールーム」など、会場内を巡りながらROLANDの繰り出す100の名言に触れるもので、VRを駆使したバーチャルホストクラブを体験できるコーナーも用意されました。

加えて、ROLAND本人が来場するスペシャルイベントや、彼が2018年に歴代トップの売上を記録したバースデーイベントで注文が入ったという4,000万円のウイスキー「ペルフェクション」の展示。さらにはROLAND初の著書「俺か、俺以外か。 ローランドという生き方」のサイン会&撮影会など、ファンにとってはこれ以上ない至れり尽くせりの内容で、好評を博しました。

当初は東京のみの予定だった同展覧会は来場者が1万人を超え、ファンの熱い要望に応える形で福岡、名古屋、札幌、広島、大阪、仙台、熊本でも開催されました。全国のローランダーを歓喜させただけでなく、この展覧会をきっかけに、ROLANDのファンになった方もいるのではないでしょうか。

こちらもおすすめ:森勉は森英恵一族の最終兵器!?独創的なアート作品とブランドも話題に

ROLANDの名言集に透けて見える人生観

巧みな話術で指名客を楽しませ、帝王と言われるまでに上り詰めたROLAND。間髪入れずに繰り出される絶妙な返しに、機転の利くコミュニケーション力の高さがうかがえます。

そんなROLANDの口から出る言葉の数々は、彼がこれまで歩んできた道のりがあってこそ言えるものなのでしょう。

・向上心強いんで、ずっと上向いて生きていたいんで

・「NO」と言えて初めて、その人の「YES」に価値が生まれる

・100人が100人「ダメ」と言っても、その100人全員が間違えているかもしれない

・まずは自分のために頑張る。そしたらいつか、人のために頑張れるようになる

・全力で考え得る全てを出し切れば、どう転んだってプラスになるということを学んだ

・仕事のやり方には三種類あると思っている。正しいやり方、間違ったやり方、そして、俺のやり方

・プライドを捨てて自分らしくいられなかったら、生きている意味がない

・1回きりの人生だから、自分はエキストラではなく主役でいたい

名言と言われるROLANDの言葉は、あふれだす自信からくるものばかりではなく、自身を鼓舞したり、強くいようとするためだったり、ROLANDという名前のブランディングだったりもするように感じられます。

ROLANDの公式サイトによれば、彼の指名料は2万円、シャンパンは57,000円からと提示されています。それだけの価値を見出してもらうには、当然それに見合う自分磨きも必要です。ホストとして、実業家として、ROLANDは一層輝きを増し、さらなる高みを目指していくのではないでしょうか。

<こちらもおすすめ!>

中山功太がR-1を制しても売れなかった理由とは?バイトでホスト、改名など紆余曲折の芸人人生!
城咲仁がバラエティを干された理由!ホスト時代の伝説が凄かった!

染谷俊之はカリスマ的人気のイケメン俳優なのにブログが天然すぎ!舞台「刀剣乱舞」を降板した理由とは

関連記事

ページ上部へ戻る