恒松祐里は朝ドラ「おかえりモネ」と「全裸監督2」出演で話題!中学生の頃に可愛いと注目した大御所とは?

恒松祐里が子役時代に受けたオーディションの数がすごい!明石家さんまが早くから注目していた!


恒松祐里のプロフィール
◆生年月日:1998年10月9日
◆出身:東京都
◆身長:158cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:アミューズ

恒松祐里が子役時代に受けたオーディションの数がすごい!

恒松祐里(つねまつゆり)は、吉高由里子や神木隆之介、小出恵介などといった若手実力派俳優も数多く擁する大手芸能事務所のアミューズに所属しています。

幼少期、照れ屋すぎる性格だったという恒松祐里。それを気にした母親は、照れ屋な性格を克服すべく、子役オーディションに積極的に応募していました。その結果、7歳で芸能界デビューを決めて以後も、10年間にわたり、オーディションに参加しては落ちまくることを繰り返してきたといいます。

その数、おおよそ月2回ペースとしてざっと合計すると240回。オーディションに落ちてばかりだと気持ちも落ち込みそうですが、恒松祐里は過去のインタビューで「全部が縁だと思うので、決まったらラッキーだし、落ちても『次がんばろう』って思います」と語っています。

落ちてしまったという悲しい感情についても「寝たら忘れちゃいます」とのこと。この前向きな考え方が恒松祐里の背中を押しているのかもしれません。そうした積み重ねによって誕生した女優・恒松祐里は、今や、映画にドラマ、CMと引っ張りだこです。

恒松祐里は、ほっそりとした体形でスタイルもよいのですが、ただスリムなだけではありません。10年以上バレエを続けただけあって、背筋がぴんと伸びた美しいプロポーションを維持しており、それが彼女の凛とした美しさにもつながっています。

恒松祐里の可愛さに明石家さんまが早くから注目していた!

恒松祐里は2013年に放映された「FNS27時間テレビ」内の企画、明石家さんまが自分の好きな女性を選ぶ「ラブメイト10」のコーナーで、6位というなかなかの高評価を得て注目されました。選ばれた当時は、まだ14歳の少女でした。

その後、フジテレビの番組「スカッとジャパン」に、金髪女子生徒やいじめっ子役などで出演。「可愛い」と視聴者からも評判になっていました。

日頃から美女ばかり見ている明石家さんまに見出されるとは、その頃から、恒松祐里の透明感や清楚な雰囲気は飛びぬけていたのでしょう。もちろん、成長した現在も、天真爛漫な笑顔が輝く可愛さは健在です。

白石聖は声優志望だった?珠玉の写真集や「スカッとジャパン」出演で注目度上昇!

恒松祐里は大河ドラマ「真田丸」にも出演!映画でステップアップ!黒沢清監督も絶賛

恒松祐里は大河ドラマ「真田丸」にも出演!夫役・加藤諒に負けない演技はさすが

恒松祐里は、2016年に放送されたNHKの大河ドラマ「真田丸」にも出演していました。恒松祐里が演じたのは、堺雅人演じる主人公・真田信繁(幸村)の長女すえです。

戦国の世に生を受けながら、農民として地に足の着いた人生を送るすえの16歳から30歳までを演じた恒松祐里。夫役を演じた超個性派俳優の加藤諒の存在感に押されることもなく、落ち着いた雰囲気で演じていました。

まさに、子役時代から続く芸歴10年以上の実力とも言えるでしょう。NHKでは、2015年4月から放送された土屋太鳳主演の朝ドラ「まれ」にも出演しています。出番としては少なかったものの、この時も「あの可愛い子は誰!?」と話題になるなど、しっかり存在感を発揮していました。

恒松祐里は映画でステップアップ!金髪美少女に侵略者?黒沢清監督も絶賛

恒松祐里は、2015年2月に公開された映画「くちびるに歌を」では 仲村ナズナ役を熱演。2017年3月に公開された映画「サクラダリセット」前後編に赤目の金髪美少女・岡絵里役で出演。同年9月に公開された黒沢清監督の映画「散歩する侵略者」では得体の知れない侵略者・立花あきら役を熱演しています。

この作品で恒松祐里が初挑戦したのは、アクション。一見普通の女子高生なのに、実は「侵略者」というギャップを抱える役どころです。

黒沢清監督は、「難しい役なのに難なくこなしていた。末恐ろしい女優」と、恒松祐里の潜在能力を大絶賛していました。これまで数多くの才能あふれる役者を見てきた黒沢清監督にそう思わせるとは、恒松祐里の実力恐るべしですね。

2019年6月に公開された映画「凪待ち」では 昆野美波役を演じ、「おおさかシネマフェスティバル2020 」にて新人女優賞を受賞しました。

2020年10月に公開された映画「スパイの妻(劇場版)」では駒子役を演じています。近年映画での露出が増えてきている恒松祐里、次の作品ではどんな姿を見せてくれるのか、期待度の高い女優です。

小芝風花は「魔女の宅急便」実写映画の子役だった!武井咲の妹キャラ?主演ドラマで快進撃!

恒松祐里が朝ドラ「おかえりモネ」で永瀬廉に片思い?「全裸監督2」出演で「私、やりますよ」

恒松祐里が朝ドラ「おかえりモネ」で永瀬廉に片思い?

恒松祐里は、2021年5月17日から放送予定の朝ドラ「おかえりモネ」に清原果耶演じるヒロイン・永浦百音の幼馴染で、明るくチャキチャキとした性格の野村明日美を演じます。

劇中では、King&Princeの永瀬廉演じるモテモテの漁師・及川亮のことを物心ついたときから想っているという役柄で、永瀬廉との絡みがあるのかも気になるところです。

「朝ドラのレギュラーキャストになるのは、小さい頃から目標だったので合格したことが本当に嬉しいです」と語っている恒松祐里が、どんな演技を見せてくれるのか、注目していきましょう。

恒松祐里が「全裸監督2」出演で「私、やりますよ」

恒松祐里は2021年内にNetflixにて配信される予定のドラマ「全裸監督2」にヒロイン・乃木真梨子役で出演しています。この作品は、伝説のAV監督・村西とおるの歩みと1980年代のAV業界を描き、海外でも評価されたドラマの続編。恒松祐里が演じる乃木真梨子は、村西とおるの新たな創作意欲を刺激する運命の女性です。

役についてのオファーが来たとき、恒松祐里は「本当に驚き、沢山悩みました。でも怖いとか逃げたいよりも、やりたい。逃したく無い。が勝ちました」と当時の気持ちを語っています。

武監督は恒松祐里のリアクションについて「『私、やりますよ』と最初に会った時の彼女の言い方が素敵だった。言いきったなと。忘れない。期待しかなかった」と話しており、「長い撮影期間を見事に彼女は乗り切った。是非とも見ていただきたい。恒松祐里の挑戦は『全裸監督』の真骨頂である」と絶賛しています。

朝ドラ「おかえりモネ」や「全裸監督」など幅広い役をこなす恒松祐里は演技派女優としての地位を少しずつ確立しています。これからどんなベテラン俳優へと成長していくのか、期待を込めて見守りましょう。

浜辺美波は「まれ」でかわいいと話題に!中村倫也やじんじんは彼氏ではない?ドラマ絡みで恋愛に言及!
山田杏奈は映画「小さな恋のうた」で初受賞!高校や大学、浜辺美波との関係は?ちゃおガール出身?
Aぇ! group・正門良規と永瀬廉の同期愛が深すぎる!朝ドラや民放ドラマでも活躍

関連記事

ページ上部へ戻る