柳楽優弥が「誰も知らない」から得た演技への思いとは?映画新作で葛飾北斎に挑む!

柳楽優弥が14歳でカンヌ受賞!世界がざわめいた衝撃デビューから苦悩の時代へ


柳楽優弥のプロフィール
◆生年月日:1990年3月26日
◆出身:東京都
◆身長:174cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:スターダストプロモーション

カンヌ国際映画祭で史上最年少受賞の快挙!華やかなデビューが一転…!

柳楽優弥(やぎらゆうや)は、2004年8月公開の映画「誰も知らない」での演技が注目され、弱冠14歳でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞。天才子役として世界的に注目を浴びました。

芸能界で活躍する友人に触発されたのをきっかけに、12歳で芸能界入りした柳楽優弥は、「誰も知らない」で親に放置されながら懸命に生きる主人公の少年役を好演。史上最年少の14歳で「第57回カンヌ国際映画祭」の男優賞を日本人で初めて受賞するという快挙を達成しました。

「誰も知らない」での成功を機に映画やCMへの出演が続いた柳楽優弥でしたが、2008年に入って状況が一変。体調を崩し始め、精神安定剤を大量に服薬し救急車で搬送されるという事件を起こします。この出来事により一時芸能活動を休止した柳楽優弥は、2010年1月公開の映画「すべては海になる」でカムバック。そこから徐々に注目されるようになり、いまでは様々な映画や舞台、ドラマに出演する売れっ子俳優として知られています。

柳楽優弥が「徹子の部屋」でカンヌ映画祭以降の苦悩を告白

2019年3月1日放送の「徹子の部屋」に、柳楽優弥がゲスト出演しました。同番組への出演は二度目で、前回の出演は2004年、映画「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞した後でした。

前回出演時の映像を観ながら、「全くしゃべれない状態で放送事故みたいな感じだった」と、当時の緊張ぶりを振り返った柳楽優弥は、カンヌ映画祭で受賞して以降の苦悩を明かしました。

14歳とまだ子供の部分が多かったために、自分が大変な快挙を成し遂げたことを理解できていなかったという柳楽優弥。デビュー作となった映画で世界的な映画賞を受賞したために、それ以降の出演作ではレベルの高い演技を要求されるようになったといいます。しかし、俳優としてのキャリアがなく基礎も学んでいなかったために、求められる演技ができず悩んだのだそう。

「誰も知らない」で監督を務めた是枝裕和は、柳楽優弥の目力に注目して主役に抜擢しています。演技力ではなく、素の佇まいで主演に抜擢された彼にとって、プロの資質を求められることは酷だったのかもしれません。

窪田正孝は筋肉と髪型まで話題の的に!?カンヌ出品の映画「初恋」で三池監督に恩返し

柳楽優弥と豊田エリーの馴れ初めにほっこり!イクメンぶりも完璧

柳楽優弥と豊田エリーの馴れ初めは?初プロポーズでフラれていた!?

柳楽優弥の嫁は、女優でモデルの豊田エリー。2010年に結婚した2人の出会いは、堀越高校時代でした。1学年上に在籍していた豊田エリーに一目惚れした柳楽優弥は友人に協力してもらい、連絡先を聞き出すことに成功。そこから2人の交際がスタートします。

しばらくして、柳楽優弥は豊田エリーにプロポーズしますが、あえなく撃沈。日本では男性が結婚できるのは18歳以上と定められており、柳楽優弥がプロポーズした時は、まだ17歳だったのです。

どうにもならに理由で人生初のプロポーズに失敗した柳楽優弥は19歳でリベンジ。思い叶って2009年12月に婚約を発表し、翌2010年1月に入籍しました。

柳楽優弥はイクメンのお手本!

若くして結婚した柳楽優弥と豊田エリーは、芸能界きってのおしどり夫婦として知られています。柳楽優弥の一途な嫁への想いは結婚後も変わらず、結婚1周年には365本のバラをプレゼント。このサプライズ演出には、豊田エリーも大感激したそうです。

柳楽優弥のあふれる愛情は、もちろん子供にも注がれています。2010年10月に生まれた娘は現在9歳になり、豊田エリーが長期間に渡って家を留守にする時には、1人で子供の面倒を見るというイクメンぶり。家族そろって出かけることも多く、2019年3月に公開されたアニメ映画「ドラえもん のび太の月面探査記」に声優として出演オファーがきた時は、家族で藤子・F・不二雄ミュージアムを訪れていた時だったという嬉しい偶然があったことを「徹子の部屋」で明かしています。

豊田エリーが旦那・柳楽優弥を献身的にサポート!子供も超絶美少女?!

柳楽優弥が新作映画で北斎に!オリンピックイヤーに世界へジャポニズム発信

世界的な名声を博した浮世絵師・葛飾北斎の生涯を描く映画「HOKUSAI」の製作が決定し、青年期を柳楽優弥が演じることが発表されました。

葛飾北斎はゴッホやモネ、ドガといった海外の画家にも影響を与え、代表作の「冨嶽三十六景」は、2020年の春に刷新されるパスポートや、2024年度から流通する新千円札の図案に取り上げられるなど、日本を代表する絵師として知られています。

しかし、91年の長い生涯に関する資料は少なく、特に青年期は多くの謎に包まれています。そんな葛飾北斎の青年期を演じることになった柳楽優弥は「若い頃の北斎はあまり情報もなく謎だらけなので、はじめはどう演じるかとても迷いました」と役作りの難しさを明かす一方、知られていないからこそ自分たちで北斎像を作ることができ、やりがいを感じたとも語っています。

同作の制作陣は、3年間に及ぶ研究から得た独自の視点と解釈で知られざる葛飾北斎の物語を構成。青年期を柳楽優弥、老年期を田中泯が演じる他、玉木宏、阿部寛、瑛太など、主役級の豪華キャストが脇をかためます。劇場公開は、葛飾北斎の生誕260周年にあたる2020年初夏の予定。海外にジャポニズムブームを起こした北斎の生涯を、世界中の注目が日本に集まるオリンピックイヤーに発信します。

海外での公開も視野に入れているという同作がカンヌに出品され受賞となれば、苦しみながら俳優としてのキャリアを積み上げてきた柳楽優弥には、痛いほどその重みが分かるはず。コメディからシリアスまで自在に演じ分ける磨き抜かれた演技力で、今こそ世界的な評価を得られることを願わずにいられません。

吉沢亮の「銀魂」沖田総悟が再現度高すぎ!出演ドラマにツイッターが沸く
瀬戸康史の美しすぎる英語は海外ドラマ仕込み!?出演ドラマの注目ポイントは?
成田凌がメンノンモデル応募の理由を告白!ドラマごとに変わる髪型がセクシーすぎる!

関連記事

ページ上部へ戻る