ともさかりえの再婚が破たんしたワケとは?炎上ばかりしてしまうのは恋愛体質だから?!

ともさかりえの再婚が破たんしたワケとは?炎上ばかりしてしまうのは恋愛体質だから?!出典:http://nekotopi.com

ともさかりえの結婚・離婚歴!再婚したスネオヘアーとは超ラブラブだった!

ともさかりえは恋多き女性?!2度の結婚・離婚歴があった!

1992年、12歳の時に芸能界入りした女優のともさかりえは、七瀬美雪役を演じた「金田一少年の事件簿」シリーズなどで人気を博しました。以後は、ドラマや映画、舞台、CMなどへの出演を続け、さまざまな役柄を演じるように。

そんなともさかりえには、2度の結婚・離婚歴があります。最初の結婚は、2003年。お相手は、俳優・演出家・脚本家としてマルチに活躍している河原雅彦です。翌2004年に第一子となる男児を出産しますが、2008年に離婚しています。その後、2011年に、ミュージシャンのスネオヘアーと再婚します。

しかし、この結婚も長くは続かず、2016年に離婚しました。現在は、シングルマザーとして、息子と2人で暮らしているようです。

ともさかりえと再婚相手のスネオヘアーはラブラブだったのになぜ離婚したの?

ともさかりえとスネオヘアーは、それぞれが2度目と3度目の結婚という再婚者同士でした。映画「アブラクサスの祭」での共演をきっかけに交際を開始しましたが、実はその当時、スネオヘアーにはまだ妻がいました。そのため、2人が結婚した際は、略奪婚と騒がれることに。

スポンサーリンク

しかし、そうした批判もなんのその。ともさかりえは、自身のブログや、バラエティ番組で、仲睦まじい夫婦ののろけ話を堂々と披露し、「夫の匂いが好き。仕事で地方に行く時は、夫の着古したTシャツを持っていく」と語ったこともありました。一方のスネオヘアーも、やきもち焼きなため、ともさかりえが10代のころに出版した絶版写真集をamazonで買い占めたと明かすなどラブラブムード全開。そんな関係に憧れるファンも少なからずいました。

しかし、離婚が明らかになる2年ほど前から、ともさかりえのSNSにはスネオヘアーが登場しなくなっていたと言います。スネオヘアーとの離婚発表に際しては、「ほらみろ、と言われてしまえば返す言葉もないのが正直なところです」と語ったともさかりえ。公私の境がつきにくいアーティスト気質のスネオヘアーとの生活が噛み合わなくなっていたことをうかがわせつつ、円満離婚であったことを強調しました。

ともさかりえの1回目の離婚原因とは!息子の名前や学校は?

ともさかりえと河原雅彦の離婚原因は不貞?

ともさかりえと河原雅彦が離婚した原因は何だったのでしょうか?2008年大晦日に、ともさかりえが自身のブログで離婚を発表した際に綴られていたのは、河原雅彦を「大好きでいるため」の決断だったというものでした。円満な離婚だったとアピールしていたともさかりえですが、実は、河原雅彦と女優の水野美紀の浮気が疑われていたと言います。

スポンサーリンク

2006年に共演した頃から親密な関係だったされる2人は、実際に、ともさかりえが離婚した数年後に熱愛報道も出ました。それでなくとも、共に多忙で、河原雅彦が「妻のブログで近況を知る」と告白したことがあったほど、すれ違いの結婚生活が続いていたともさかりえと河原雅彦。タイミング的には不倫ではなかったかもしれませんが、彼の気持ちがすでに水野美紀に向かっていた可能性は否定できません。

ともさかりえの息子は芸能人の子供が多く通う小学校出身!

ともさかりえの息子の名前は、「楓」と書いて「ふう」君と言います。ダウンタウン浜田雅功、ミスターチルドレン桜井和寿、千秋、広末涼子など、芸能人の子供が多数通っていることでも知られる私立和光学園に通っています。ブログやインスタグラムでは、息子との生活の様子をしばしば報告しているともさかりえ。最近では、中学1年となった息子の試験勉強に付き合ってヘトヘトになったなどのエピソードを紹介しています。

ともさかりえが炎上ばかりしてしまうのは恋愛体質だから?

女優として、あるいはモデルとして、コンスタントに活躍を続けているともさかりえ。最近では、NHKのドラマ「ブランケット・キャッツ」で子供を持てない代わりに猫を飼おうとする妻役の好演や、ファッション雑誌「LEE」でファッションコーディネートを披露したりしています。

しかし、残念なことに、女優やモデルとしての話題より、私生活の話題でにぎわうことが多いのも事実。1度目の離婚理由を「大好きでいるため」とコメントした際には、世間から理解しがたいと叩かれました。2度目の離婚を発表する少し前には「永遠に19歳でいたかった」と発言し、1児の母でありながら幼稚すぎると批判を受けています。

過去に摂食障害だったことを明かしており、精神的に不安定なのではと懸念する声もありますが、関係者によると、惚れやすく、手に入れたいものは何としても手に入れる性格だという話も。たとえ恋愛体質であったとしても、仕事をし、女手ひとつで息子を育て上げている様子はむしろ立派と言えそうなものですが、やはり2回目の結婚時の不倫略奪婚のイメージが払拭されていないのかもしれません。

スネオヘアーとの離婚を発表したブログの文面を見る限り、息子への影響を強く懸念しているともさかりえは、地に足の着いた立派な母親であるようです。自身でも「自分がやるべき仕事を大切に積み重ねていき」たいと述べている通り、しっかり前を向いて歩んでいくことで、世間の目も少しずつ変わっていくのではないでしょうか。こうした経験も生かすことで、女優としてさらに成熟していくことを期待したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る