HIKAKINはYouTuber、ヒューマンビートボクサーとして活躍している!年収がスゴすぎると話題に!

HIKAKINはヒューマンビートボクサーとしてYouTuberを目指していた!?彼がビートボクサーとして共演した人がスゴい!


HIKAKINのプロフィール
◆生年月日:1989年4月21日
◆出身:新潟県
◆身長:174cm
◆血液型:O型
◆UUUM最高顧問

HIKAKINは日本のトップYouTuber!独学でヒューマンビートボクサーに

HIKAKIN(ヒカキン)は今やYouTubeだけでなく、テレビでの活躍も目立っている日本のトップYouTuberです。

CMやテレビドラマ、クイズ番組への出演、映画の吹替えなど様々なジャンルで活躍の場を広げているHIKAKINですが、やはり本業はYouTuber。彼の代名詞とも言えるヒューマンビートボクサーとしてのスキルはハイレベルで、YouTubeでの視聴者の注目度も高いようです。

HIKAKINがヒューマンビートボクサーを目指し始めたのは、小学3年生の頃。バラエティ番組「力の限りゴーゴゴー!!」のコーナー「ハモネプ」でのボイスパフォーマンスを見て感動し、自分もやってみたいと思ったからだとか。

中学生の頃にはビートボックスができる友達と練習したり、文化祭で披露したりすることもあったそうですが、基本的には独学でビートボックスを習得したというHIKAKIN。海外のヒューマンビートボクサーの動画を見たり、CDを聴いたりしながら、見様見真似で技を磨いたそうです。

HIKAKINがビートボクサーとして共演した豪華すぎるスターとは?

HIKAKINが独学で習得し、磨き上げたビートボックスの技は世界にも通用するレベル。これまでにも世界的スターミュージシャンとの豪華共演が話題になっています。

2013年5月にはシンガポールで開催された「Social Star Award」に登場し、1万5000人の観客を前にエアロスミスと「Walk This Way」で共演するという大舞台を経験しています。この時はリハーサルもほとんどなく、人生最大の緊張を味わったというHIKAKINですが、スティーブン・タイラーから「HIKAKI——N!」とコールされる栄誉に勝るものはないでしょう。

また、アリアナ・グランデとは2014年2月に「Baby I」、同年12月に「Break Free」と2度に渡って共演し、世界の歌姫も「クールだったわ」とコラボレーションに大満足。さらに、アメリカのR&Bシンガー・NE-YOとも同時期に「Coming With You」「Because Of You」で共演し、NE-YOも驚くビートボックスを披露。この2曲のコラボを披露するYouTube動画「NE-YO × HIKAKIN BEATBOX – Coming With You & Because Of You」は2020年4月時点で313万回を超える再生数を記録しています。

SEIKIN(セイキン)はHIKAKINの実兄!2人で「Mステ」SPにて“雑草”を披露

HIKAKINの経歴が気になる!自宅が豪華すぎると話題に!?

HIKAKINがトップYouTuberになるまでの経歴は?好きなことを仕事にする苦労も

HIKAKINは1989年4月21日生まれ、新潟県出身です。地元の高校を卒業後に上京し、スーパーマーケットの店員として働きながら月に1~2本のペースで動画を投稿する生活を送っていました。

現在はヒューマンビートボックスの動画を公開する「HIKAKIN」、商品紹介を中心とする「HikakinTV」、ゲームの実況動画を投稿する「HikakinGames」、タイトル通りブログ感覚で気軽に投稿する「HikakinBlog」と4つのYouTubeチャンネルを運営し、YouTuberタレント事務所uuum株式会社のファウンダー兼最高顧問も務めています。

現在は華やかな活動が目立つHIKAKINですが、YouTuberとして収入を得て世間に認知されるようになるまでには、相当の苦労があったようです。上京直後は、広告収入を得られるYouTubeパートナーに申請しても却下されたというHIKAKIN。しかし、2010年に投稿した動画「Super Mario Beatbox」が日本国内月間アクセス数1位となり、アメリカの「CBS News」でトップニュースとして取り上げられたのを機に、YouTuberとして生計を立てられるようになったのだとか。

スーパーマーケットを退職し、YouTuberアドバイザーのアドバイスも受けながらYouTuber一本でやっていくと心を決めたHIKAKIN。一日に2本は動画を投稿し、日々撮影、編集のすべてを一人でこなしている上に、取材やイベント、メディア出演と超過密スケジュールで、プライベートはほぼ無いそうです。好きなことを仕事にしている充実感があるからこそ、苦労があっても続けられるのでしょう。

HIKAKINが住んでいる豪華マンションに熱視線?!動画撮影に専念するため?

人気トップYouTuberとして多くの人が知る存在となったHIKAKINですが、人気者であるがゆえの苦労も多いといいます。日々、様々な動画を投稿しているYouTuberですから、動画中に垣間見える豪華な自宅にも視聴者の熱い視線が注がれています。

HIKAKINは、住居用と動画編集用として豪華マンションの3LDKを2部屋借りているのだとか。隣り合った2部屋の家賃は300万。初期費用だけでランボルギーニが買えるというほどの豪華マンションで、廊下は50m走ができるくらい長いというので、相当の広さですね。

公開された動画には豪華マンションから眺める見事なロケーションも映し出されており、これを元に自宅を特定しようとする厄介者も現れる始末。4つのYouTubeチャンネルをあわせると1584万人を超える登録者数に上るので、一部でこうしたマナーをわきまえない人間が出てくるのは悩みの種でしょう。

2019年5月29日には「HikakinTV」で実際に受けた迷惑行為の数々を初めて詳しく明かし、予想を上回るひどさが反響を呼びました。くれぐれもトラブルに巻き込まれないよう、安全な暮らしを確保してほしいものです。

HIKAKIN 年収がスゴすぎる!本名、実兄SEIKIN、彼女、家族は?ヒューマンビート&youtuberの実力は?

HIKAKINの年収は10億円超え?!YouTuberとして大成功したHIKAKIN人気の理由は?

4つのマンモスチャンネルを運営

YouTubeで4つのマンモスチャンネルを運営し、CMをはじめテレビでも引っ張りだこ。様々なコラボレーション商品の発売に加え、YouTubeタレント事務所uuum株式会社の幹部も務めるHIKAKINについて気になることといえば、やはり年収でしょうか。

「どれだけ稼いでいるの?」「YouTuberって儲かるの?」というのが素朴な疑問ですが、とりわけ日本で活動するYouTuberのトップに君臨するHIKAKINの年収は、誰もが非常に気になるところですね。幹部役員としての収入やテレビ出演など、他メディアでの収入を除外したとしても、HIKAKINの年収はかなりの額に上るものと思われます。

YouTuberの主な収入には、動画再生回数に応じた広告収入と、商品などの紹介による収入が挙げられます。動画は1再生につき0.1円から0.5円が現在の一般的な相場ということですから、HIKAKINの年収はおおよそ10億円を超えるのではないかと言われています。運営チャンネルの総再生数が100億回を優に超えているのですから、総資産を計算すると気が遠くなりそうな金額ですね。

YouTuberとして大成功を収めたと言って良い活躍を見せるHIKAKINですが、その一方でプライベートの暮らしぶりは質素で、贅沢と言えば自宅マンションと、大のファンだという「Louis Vuitton」のトランクやバッグをよく購入するくらいなのだとか。使わずに貯まる一方となれば尚の事、資産は増える一方でしょう。

家族がそろってみられるように

自分のファンは小中学生が中心だと語るHIKAKINは家族で見られるような内容の動画を投稿し、不快感を与えないよう心がけているといいます。女性スキャンダルもなく、人の悪口を言ったり、商品に文句を付けたり、怒りをぶちまけたりしない温厚な性格が、人気YouTuberとして成功した要因かもしれませんね。

2020年4月10日に、東京の小池都知事とビデオ通話で対談した動画「小池都知事にコロナのこと質問しまくってみた」を「HikakinTV」で公開し、新型コロナウィルスに関する正しい情報の拡散に協力したHIKAKIN。この動画は公開からわずか3日間で4万件近いコメントを集め、インフルエンサーとしての自身の影響力を悪用せず、社会貢献活動にも積極的な姿勢が多くの人から称賛されています。

今やYouTuberは職業として認められ、2019年に行われた「なりたい職業ランキング」のアンケート調査では、中学生男子の1位、女子でも7位、将来を具体的に考え始める高校生でも、男子の3位にランクインしています。子供達に夢を与えるYouTuberとして、HIKAKINのさらなる活躍を期待します。

ワタナベマホトが活動休止を終えYouTuberとして復活!ファッションブランドを立ち上げていた!?
水溜りボンドは2人組YouTuber!「YouTube界のNHK」と言われる彼らの年収は…?
KissBeeはYoutuber・URA-KiSSとしても活動するアイドルグループ!ラーメン屋でバイトをしているメンバーがいる?

関連記事

ページ上部へ戻る