リーチ マイケルのカフェはどこ?背番号・出身地は?闘将の嫁もアスリート?

リーチ・マイケルはラグビー日本代表の頼れる主将!

ラグビー日本代表の主将として活躍するリーチ・マイケルは、ニュージーランドの南島最大の都市・クライストチャーチで、ニュージーランド出身の父親とフィジー出身の母親との間に生まれました。

1988年10月7日生まれで、間もなく31歳の誕生日を迎えるリーチ・マイケル。ラグビー選手として脂の乗り切った年齢ともいえる彼は、身長190cm、体重110kgと体格にも恵まれています。

そんなリーチ・マイケルが日本に来たのは、15歳の時。クライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジから留学生として札幌山の手高校に入学。高校卒業後は東海大学に進み、ラグビー部で活躍しました。

2011年に大学を卒業すると東芝ブレイブルーパスに加入。同年にニュージーランドで開催されたワールドカップでは、日本代表メンバーとして出場しています。東海大在学中の2008年にラグビー日本代表に選出されて以降、様々な国際大会で日の丸を背負って戦ってきた彼は、2013年7月に帰化。人生の半分を過ごした第二の故郷、日本の国籍を取得しました。

2014年4月に日本代表のキャプテンに就任。2015年にイングランドで開催されたワールドカップでもチームを鼓舞し、南アフリカ代表に勝利するという歴史的番狂わせに導いたリーチ・マイケルは、日本初開催となる2019年のワールドカップも主将として背番号6を背負い、チームを引っ張ります。

こちらもおすすめ:トンプソン・ルークはラグビー日本代表のレジェンド!4度目のW杯出場で見せる日本への愛が泣ける!

リーチ・マイケルのカフェはどこ?評判は?

リーチ・マイケルは2015年7月に、自身が経営するカフェ「Cafe+64(カフェプラスシックスティーフォー)」をオープンしています。元々コーヒーが好きだという彼はカフェを開きたいという夢を叶えるため、オープンの数年前から経営のノウハウやコーヒー豆について学んでいたのだそう。

お洒落な「Cafe+64」という店名は、彼が生まれ育ったニュージーランドの国番号「+64」からとったもので、お店もニュージーランドスタイルになっています。今後は出身高校がある札幌や、ニュージーランドへの進出も考えているというリーチ・マイケル。ニュージーランドへ出店する時には、日本の国番号「+81」を店名にし、ジャパニーズスタイルのカフェにしたいと茶目っ気のある構想も。

リーチ・マイケルのカフェは、彼が所属するラグビーチーム・東芝ブレイブルーパスのグラウンドから近い東京都府中市にあり、地元では平日の昼前には満席になるほどの人気店なのだとか。イチオシのメニューは、オーストラリアやニュージランドでは定番の「Flat White(フラットホワイト)」というエスプレッソベースのコーヒー。ボリューミーで食べ応えのあるエッグベネディクトや、ホワイトマスタードハンバーガー、カラフルな見た目が可愛いキッズプレートなども人気のようです。

落ち着いた雰囲気のお洒落な店内でカフェやランチを楽しめるリーチ・マイケルのカフェは「居心地がいい」と、口コミでも幅広い年齢層に好評です。

こちらもおすすめ:永作博美は最強の童顔!ドラマ・映画で賞を総なめ!カフェで会えると話題に!?

リーチ・マイケルの嫁もアスリート?

リーチ・マイケルは、2012年に結婚しています。嫁・知美(さとみ)は東海大学の同級生。大学1年の時、170cmと長身の知美に背の高い女性がタイプだというリーチ・マイケルが一目惚れ。3年の時に授業で前の席に座った知美にシャイな彼が勇気を振り絞って話しかけたのをきっかけに言葉を交わすようになり、交際がスタートしたのだとか。代表チームの主将として、テレビなどに出演する機会が多いリーチ・マイケルと一緒に嫁の知美もメディアに登場したことがあり、美人妻だと話題になっています。

リーチ・マイケルは結婚した翌年、左ひじと足首の骨折など大きなケガが相次ぎ、スーパーラグビーに参加する強豪・ニュージーランドのチーフスと交わしていた期限付き移籍の契約を解除されるなど、辛い時期がありました。いつもポジティブなリーチ・マイケルが初めて「ラグビーを辞めたい」と弱音を吐いた時、嫁は「辞めても2人で働けばやっていける」と答えたのだそう。

以前は何でも自分でこなしていたリーチ・マイケルはそれ以来、嫁にマッサージなどのケアを頼むようになり、コンディションが良くなったといいます。高校時代はバレー、大学時代はライフセービングをしていた嫁はスポーツマネジメントも勉強していたといい、日本代表の要としてチームを先導するリーチ・マイケルには最高のパートナーといえるでしょう。

現役を引退した後は、ボランティア活動をしたいと考えているというリーチ・マイケル。2018年まで主将を務めた東芝ブレイブルーパス、スーパーラグビー・サンウルブズの主力メンバーであり、ラグビー日本代表の主将でもあり、さらにカフェーのオーナーとしての顔もありと多忙な日々を送るだけに、嫁は引退後、さらには老後のゆったりと過ごせる生活が楽しみなのだそう。ワールドカップ真っ只中の2019年9月22日、リーチ・マイケルは「情熱大陸」に出演しますが、ラグビー選手としての顔に加え、プライベートを紹介するシーンでは、嫁の登場もありそうです。

9月20日に行われたラグビワールドカップ初戦となったロシア代表との一戦は、松島幸太朗が日本代表初となるハットトリックを決めるなど、計4トライで勝利。今大会で目標とするベスト8に向け、幸先の良いスタートを切りました。序盤で先行しながら、揺さぶりをかける日本の戦術に追加点を挙げられず30-10と敗れたロシアの監督は「私たちは日本のようにボールを動かす試合に慣れていない。全く違う球技のような気がした」とコメントしています。

自国開催のプレッシャーで前半は硬さがみられた日本代表ですが、「人生の半分を過ごした日本でワールドカップに出られるのは特別なこと。日本人のメンタルの強さ、ラグビーの強さを証明することで恩返しがしたい」というリーチ・マイケルを中心に、最大の難関といわれる世界ランキング1位・アイルランド代表との次戦でも勝利をもぎ取ってほしいですね。

<こちらもおすすめ!>

松島幸太朗はラグビー日本代表のエース!背番号14で戦うW杯後に目指すのは欧州挑戦?
堀江翔太の嫁がかわいいと話題に!髪型をドレッドにしているのはラグビーのため!?

田中史朗はラグビー日本代表!櫻井翔の注目選手?嫁が可愛いって本当?

関連記事

ページ上部へ戻る