志村けんと加藤茶、寺門ジモンとの仲は?ホントのところ!

志村けんと加藤茶、寺門ジモンとの仲は?ホントのところ!

志村けんと加藤茶、寺門ジモンとの仲は?ホントのところ!

志村けん、加藤茶の付き人だったドリフ加入前!久々の共演で不仲説を一蹴!

志村けん、言わずと知れた国民的コメディアン。ザ・ドリフターズのメンバーとしての活動はもちろん、「アイーン」などのギャグで老若男女世代を問わず、今も高い人気と存在感を誇っています。ドリフターズ時代に名コンビだった加藤茶との不仲説もささやかれますが、ホントのところはどうなのでしょうか?

もともとはドリフターズへの正式なメンバー加入前、加藤茶の付き人をしていた志村けん。加藤茶の推薦でメンバー加入し、「8時だョ!全員集合」で大ブレイク。「東村山音頭」などでお茶の間の人気者に成長します。番組終了後も、志村けんと加藤茶のコンビコントは一世を風靡しました。

その後、加藤茶との共演機会はなく、疎遠になりがちだったのは事実。さらに、2012年3月の加藤茶の結婚式と披露宴で、志村けんはテレビ番組収録を理由にビデオメッセージで済ませたのも不仲説を後押ししたようです。

しかし、コント番組での久々の共演で、志村けんと加藤茶は不仲説を一蹴。パーキンソン病を患い、一時は活動継続を危ぶまれた加藤茶は、ブログで「本当に楽しくてワクワクしたよ」、「志村には感謝だよ」と、並々ならない感謝の言葉を並べていました。

スポンサーリンク

ドリフターズ正式加入の際のいきさつもあり、志村けんと加藤茶は、どちらかといえば比較的親密な間柄です。そんな2人には、今では考えられないエピソードがあります。売れる前は貧乏で、ラーメンの出前でも、一番安いライスだけを注文し、それを他のメンバーが残したスープに入れて食べるのが常だった志村けん。

ある時、ライスを注文し、隣の席でラーメンを食べていた加藤茶がスープを残してくれると思いきや、加藤茶はスープまで飲み干したため、志村けんは思わず「加藤さん! このライスの立場はどうなるんですか! 」と激怒。加藤茶は、このことを今でも忘れずに覚えています。

志村けん、寺門ジモンもエール!「肉ばっかり食べてるから」と苦笑い

志村けんと寺門ジモン、共演歴は長いのですが、不仲説がささやかれるひとりです。その根拠として、「ダチョウ倶楽部」のメンバーで、上島竜兵と肥後克広だけが、志村けんの深夜コント番組に出演しているということが挙げられています。

スポンサーリンク

たしかに、寺門ジモンは出演していません。理由として、「酒が飲めない体質で、酒好きの志村けんから誘われることがないのでは?」とか、「肉体を鍛えるのに夢中で、食べるものも細かくこだわっているから、志村けんとの付き合いが悪いのかも」という憶測が立っています。

しかし、それらの噂をよそに、当の寺門ジモンは「尊敬できる大先輩。体調が悪くても乗り越えてくれると思う。早く元気になって」とエール。

「志村さんより俺のほうが心配。毎日肉ばっかり食べているから」と苦笑いしながらも、志村けんの体調を案じています。寺門ジモンは「ダチョウ倶楽部は何でもします」と意気込みを見せているので、志村けんとの不仲説は根拠のない憶測とみていいでしょう。

志村けんが「志村魂」にかけるコント愛!死去説・訃報がネットで飛び交うワケ

志村けん、「志村魂」で「理想のお笑い」追求!「儲からない」と嘆きつつも舞台公演へあくなき情熱

志村けんが、2006年の旗揚げ以来、理想のお笑いを追求するため毎年挑み続けている舞台「志村魂」。“志村一座”で神戸、名古屋、福岡など日本各地を舞台公演する「志村魂」は、志村けんのライフワークとなっています。

お得意の“バカ殿”に代表される爆笑コントを披露し、毎年大盛況。しかし、実際のところ、台所事情は厳しいようです。「舞台は儲からないもの。人気キャストが一堂に会し、セットにもふんだんに予算と手間暇をかけて、1枚が数千円のチケットでは、どう考えても採算が取れない」とは、志村けんをよく知る夕刊誌記者の弁。

舞台映像をDVD化して利益を出す他の芸人をよそに、志村けん自身は「儲からないよね~」と冗談半分で嘆きつつも、「志村魂」DVD化には踏み切りません。この姿勢には、舞台でのコントを見に来てほしいという志村けんの「コント愛」が感じられます。

志村けんのコントの特徴は、アドリブや楽屋オチを織り交ぜ、時には「ボケ」と「ツッコミ」が交互に展開する「予測できないハプニングを含めたお笑い」。

特に、生舞台でこそ、その真価が発揮されます。「何よりも舞台の仕事が一番好き」と公言する志村けん。「NHK大河ドラマ並みのセットで自分のコントを演じてみたい」と話していたこともあったとか。若いころから、ショーの前座などで鍛えた志村けんには、観客の反応を直に感じ取れるのが刺激的なようです。たとえ採算が取れなくとも、志村けんのコントにかけるあくなき情熱は本物です。

志村けん、「死去説」で全国大騒ぎ!本人がインターフォン越しに生存確認!

「志村けん死去説」が1996年ごろ全国的な規模で流布し、大騒ぎになりました。噂の内容も「群馬県の赤城国際カントリークラブで急性心筋梗塞により急死」、「尾瀬観光中に尾瀬沼で溺死」、「ヘビースモーカーのため肺ガンにかかり、宇都宮のがんセンター(栃木県立がんセンター)で死亡」、「栃木県の国道で交通事故に巻き込まれて事故死」、「死の事実の公表は四十九日法要が過ぎてから」「今放送している番組は生前に撮り溜めしたもの」など非常に具体的なもの。

この噂の影響は非常に大きく、栃木県立がんセンターが「志村さんは入院していない」と異例の声明を出す事態に至っています。最終的には、志村けん本人が自宅のインターフォン越しに記者会見して、生存が確認取れ、一件落着しました。一連の死去説・訃報が飛び交ったワケは不明ですが、ゴールデンタイムのレギュラー番組への出演が途絶えたことが関連したようです。

バラエティ番組では高木ブーが「同姓同名のしむらけんという人物が同じ時期に北関東で亡くなった」と聞いたと語っていますが、ここまでくるとほとんど冗談にしか聞こえません。この騒動をちゃっかりとネタに取り入れたのはさすがの一言ですが、最近は体調不良を訴えることも多く、話が肥大化して「志村けん死去説」「訃報・志村けん」と、再度大騒ぎが発生することもありそうです。

志村けん、名コンビ優香と結婚?「女遊びくらい許してやって」とフォローするビートたけしとは双方認め合う関係

10月20日放送「志村けんのバカ殿様家族そろって爆笑スペシャル」(フジテレビ系)に、スペシャルゲストとして優香が登場。優香の志村けんとの共演歴は、芸能界デビュー直後からですから、息の合った2人の名コンビぶりを絶賛する声が多いのも事実です。

しかし、かつての「癒し系グラビアアイドル」優香も、35歳。タレントとしては下降路線にあるというのが大方の見方でしょう。優香本人は女優業をという意向のようですが、その女優業も出演作は決して多くなく、売れっ子とはいえない中途半端な状況にあるのが現状です。

そんな優香を「志村ファミリーの一員」と公言するなど、全幅の信頼を寄せ、特別にかわいがっている志村けん。2人の仲があまりにもいいため、「いつかは結婚するのでは?」とみられて久しくなっています。「志村けんとの結婚→芸能界引退」というのが優香の将来像と言われますが、当の志村けんはそこまで考えているのでしょうか。女性との交際は多い一方で、特定女性との長続きが苦手なため、なかなか結婚に踏み切れないことも志村けんの独身が続くひとつの理由。

そんな志村けんを「あんなに真剣に笑いに取り組んでるんだから、女遊びくらい許してやってよ」とフォローするのは、互いに尊敬し合う仲のビートたけし。ちなみに、かつて講談社を襲撃する「フライデー事件」を起こしたビートたけしとその門下が仕事を干された時期、志村けんが金銭的に援助していたという「イイ話」が流布していましたが、実際はビートたけしの所属事務所が怒り狂うほど事実無根だったようです。

しかし、逆にそんなことが語られるほど、双方認め合う関係にあるのは間違いないところ。「世界の北野」と認められても、「お笑い」を原点とする意識は変わらないビートたけし。そのことを、志村けんは著書などで高く評価しています。「8時だョ!全員集合」と、裏番組「おれたちひょうきん族」で激しくしのぎを削り合った両者ですが、実はお互いに認め合っていたというのは、これこそまさに「イイ話」ですね。

ストイックなまでに「お笑い」を追求する志村けん。それでいて老若男女世代を越えて親しまれる存在であり続けるのはなかなか真似のできることではありません。今後も質の高いコントで、日本人を楽しませ続けてほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る