いがらしゆみこの代表作「キャンディキャンディ」が再放送されないワケ!「エレクトラ!」好評連載中

いがらしゆみこの代表作「キャンディキャンディ」をめぐる水木杏子とのトラブルとは?


いがらしゆみこのプロフィール
◆生年月日:1950年8月26日
◆出身:北海道
◆代表作:キャンディ・キャンディ(1975〜1979年)

いがらしゆみこ作画「キャンディキャンディ」少女漫画史に残る不朽の名作が消えた!

漫画家のいがらしゆみこが作画を手掛けた「キャンディキャンディ」は、1975年4月号から1979年3月号まで少女誌「なかよし」にて連載されました。連載と並行して、1976年10月から1979年2月まで放送されたアニメ版も何度も再放送され、少女漫画史上最高傑作とも言うべき名作です。「キャンディキャンディ」は、長く読み継がれる外国文学という壮大なスケールをコンセプトに、いがらしゆみこ原画、水木杏子原作で制作されました。

孤児院で育ったそばかすのおてんば少女キャンディが、恋心と共に力強く成長していく姿は、当時の女の子たちのハートを鷲づかみにしたものです。コミック本だけでなく、キャラクターグッズや関連書籍も飛ぶように売れ、空前の大ヒット作となった「キャンディキャンディ」。再放送されれば、またあの頃を思い出しながら観たいという女性やファンも少なくないはずですが、ある事件をきっかけに、世の中から忽然と姿を消しています。

いがらしゆみこと「キャンディキャンディ」原作者・水木杏子との間で起きた著作権トラブル

いがらしゆみこが原作を手掛けた「キャンディキャンディ」が姿を消したのは、1990年代後半。水木杏子との著作権を巡るトラブルがきっかけでした。1995年、いがらしゆみこと水木杏子の間で、”営利目的の二次使用や商品化において双方の同意を要する”といった契約が締結されました。

それにもかかわらず、いがらしゆみこ側が水木杏子に声をかけずに「いがらしゆみこ美術館」をオープンさせ、「キャンディキャンディ」のキャラクターグッズを販売してしまいます。他にも水木杏子に確認なく独断で進めた案件が相次いだため、これらを契約違反として水木杏子が裁判を起こし、最高裁でいがらしゆみこの敗訴が確定。絵を使用しない原作を元にした作品に関しては、原作者である水木杏子のみの許諾でよいとされ、いがらしゆみこ作画による漫画の二次使用や、アニメ放映、グッズ作成などは、「双方の了解が必要」と改めて取り決められました。

その後もいがらしゆみこは、水木杏子が原作者や原著作者であること自体を否定しており、判決後も謝罪や和解したという話はありません。双方の了解があれば、アニメの再放送は可能なはずですが、現状では配給会社も二の足を踏んでしまうのも無理はありません。

ルイス・キャロルは不思議の国のアリスの作家!数学者、論理学者、写真家、作家、詩人 | 少女を撮り続けていた理由は!?

いがらしゆみこの結婚歴!息子の成長ぶりが個性的過ぎる!

いがらしゆみこには2度の結婚・離婚歴!元夫・井上和彦に引け劣らない肉食系だった?

いがらしゆみこは、1950年8月26日生まれで、その人生には、2度の結婚歴と離婚歴がありました。1度目の結婚相手は、「ドラえもん」(1973年から放送)のスネ夫役で知られる亡き声優・肝付兼太です。アニメ「キャンディキャンディ」では、発明好きのメガネ美男子ステアこと、アリステア・コーンウエルを演じていました。

その後、「タッチ」(1985年3月から1987年3月まで放送)で新田明男役、「NARUTO」(2002年10月から2007年2月まで放送)ではたけカカシ役を演じた声優・井上和彦と結婚し、1男1女を授かっています。しかし、井上和彦は4度の結婚歴を持つモテ男。いがらしゆみこが第2子となる長男を妊娠中に、愛人のもとへ去ってしまったそうです。

その井上和彦も、「キャンディキャンディ」では、キャンディが恋心を抱く金髪碧眼の美少年アンソニーとして出演していました。いがらしゆみこもまた、職場では、かなりの肉食系だったのかもしれません。

いがらしゆみこの息子・五十嵐慶一がジャニーズイケメンから女装男子に!

いがらしゆみこと元夫・井上和彦の間に、1981年6月13日に生まれた息子・五十嵐慶一が、なかなか興味深い成長を遂げています。五十嵐慶一は堀越高校を卒業しており、1年間ほどジャニーズJr.に在籍していたこともあったという、アイドル風のイケメンでした。

その後、特技のジャズダンスを活かしてダンス講師をしていたそうですが、28歳になって急変。突然女装に目覚めてしまい、名前も”いがらし奈波(いがらしななみ)”に改め、「メイク男子」としてタレント活動を始めました。

それと同時期に、「吾輩は『男の娘』である」で漫画家デビュー。いがらしゆみこは、自身が今でもフリフリのロリータファッションを偏愛しているためか、息子が可愛らしい”男の娘”になったことを喜んでいたそうです。

声優・井上和彦の代表作は?俳優・ナレーターとしても大活躍!今後の活動も目が離せない

いがらしゆみこの代表作「キャンディキャンディ」のすごさとは?人気は不滅!「エレクトラ」を好評連載中!

いがらしゆみこの代表作「キャンディキャンディ」のすごさとは?

いがらしゆみこの「キャンディキャンディ」は少女向け漫画雑誌「なかよし」で連載され、「キャンディキャンディ」人気のおかげで一時期発行部数が180万部に達したこともあります。少女漫画という読者層が絞られるジャンルでありながら、それだけ多くの人が「キャンディキャンディ」を読んでいたわけで、改めていがらしゆみこの絵のすごさが理解できるのではないでしょうか。

キャンディキャンディは海外でも人気があり、中華民国(台湾)と香港では「小甜甜」というタイトルで放映されていました。韓国では日本とほとんど同時期に放送され、韓国ドラマ「冬のソナタ」に大きな影響を与えたと言われています。インドネシアでは1989年に日本から来た初めての連続テレビアニメとして放送、原作漫画も翻訳され出版されていました。

1978年から「Candy」のタイトルでフランスで放送、イタリアでは1979年に放送され、ファブリ社が少女雑誌「キャンディ」を創刊。原作を翻訳して週刊ペースで連載し、瞬く間にその人気が広がっていたようです。日本国内だけでなく、海外の読者・視聴者をも虜にする魅力をもった作品だったといえます。

いがらしゆみこの人気は不滅!人気再燃焼?

いがらしゆみこが2017年2月、振り込め詐欺などの特殊詐欺被害の防止を促すキャンペーンに参加し、警視庁の警察官らと街頭に立ちました。その際、いがらしゆみこによって、”キャンディキャンディ風”の男女が描かれたクリアファイルが配布されています。

現在も岡山県倉敷市の美観地区で営業されている「いがらしゆみこ美術館」では、展示されている原画から内装まで、プリンセス風の世界観が、「キャンディキャンディ」世代の女性の心をくすぐり続けています。「いがらしゆみこ美術館」がプロデュースしているカフェ・プリンセスでは、期間限定のスイーツなども提供しており、ファンはもちろん、あまり詳しくない観光客も優雅なティータイムが楽しめるようです。

2019年10月25日から11月17日まで東京銀座にあるギンザシックスにて、いがらしゆみこの世界観に浸ることができる期間限定カフェがオープンしていました。期間中はいがらしゆみこのイラストがついた限定グッズやオリジナルパフェなどが販売され、倉敷にあるプリンセスカフェまで行かずとも、都内で楽しめるということでファンには大好評の企画だったようです。

また、1983年4月から1984年2月にかけて放送された「レディジョージィ」の主題歌・挿入歌・BGMを収録した2枚組CD「レディジョージィ 歌と音楽集」が、2019年10月23日に発売されました。いがらしゆみこの作品は年月が経った今でも愛され続けています。

いがらしゆみこは「エレクトラ!~罪深き聖女たち」を好評連載中!

いがらしゆみこは2018年4月から、雑誌「女性自身」にて漫画「エレクトラ!~罪深き聖女たち」を好評連載中です。当時「キャンディキャンディ」に目を輝かせてテレビに見入っていた世代が、今は「女性自身」でいがらしゆみこの連載漫画を読んでいるのかもしれません。

連載に際しいがらしゆみこは「私は今年で漫画家としてデビュー50周年。女性自身さんも今年創刊60周年を迎えるとあって、記念に何かできたらうれしいなと思っていました。」と、連載を快諾した様子。「届いた原作が本当に面白くって。芸能界や梨園の表と裏、政治、財界、夜の銀座からハリウッドまで登場するスケールの大きさと華やかさ。私が少女時代に夢中になって読んだ漫画そのものでした」と語っています。

いがらしゆみこにとっては4年ぶりの連載。「私は、この新連載を最後の作品にするようなつもりで挑んでいます。私の漫画作品の中でみなさんの記憶に残る作品に育てあげたいと思っていますね」と語っているので、もしかするとこれがいがらしゆみこの有終の美を飾る作品になる可能性もあります。

2020年9月には札幌市で「エレクトラ」の表紙展も開催されたそう。今もなお根強い人気を誇るいがらしゆみこですが、これからもその素敵な絵で読者を魅了していくことでしょう。

美内すずえ「ガラスの仮面」50巻のネタバレあらすじ!発売日はいつ?
「百姓貴族」は「ハガレン」作者の農業エッセイ漫画!農家あるあるが詰まったエピソードはどれも衝撃的!
河原和音の漫画「先生!」あらすじネタバレ!最終回に恋は実る?「素敵な彼氏」で受賞!

関連記事

ページ上部へ戻る