栗原英雄の「半沢直樹」出演にツイッターが沸く!結婚相手や劇団四季の退団理由は?

栗原英雄の「半沢直樹」出演にツイッターが沸く!結婚相手や劇団四季の退団理由は?

栗原英雄が「半沢直樹」スピンオフに出演!NHK大河「真田丸」の叔父上で注目


栗原英雄のプロフィール
◆生年月日:1965年7月4日
◆出身:栃木県
◆身長:174cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:株式会社レ・ブリアン

栗原英雄が「半沢直樹」スピンオフに出演!

栗原英雄(くりはらひでお)は、2020年1月3日に放送された「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ ~狙われた半沢直樹のパスワード~」への出演で話題を集めました。

2013年7月期に最終回の視聴率40%超えの視聴率をマークした平成の大ヒットドラマ「半沢直樹」の続編放送開始が決定していたこともあって注目された同作の主演は吉沢亮。栗原英雄が演じたのは、今田美桜演じる東京セントラル証券の新入社員・浜村瞳の上司であるシステム部部長、府川義則です。

緒形直人が演じた物語の鍵を握る人物、城崎の上司でもあり重要な役どころの府川を存在感満点に演じた栗原英雄は、その重厚な演技で視聴者を惹きつけました。

栗原英雄がNHK大河「真田丸」の叔父上で注目されていた

舞台をメインに活動していた栗原英雄の名前を映像作品で全国区にしたのは、2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」。

栗原英雄は堺雅人演じる主人公・真田幸村の叔父、真田信尹(さなだのぶただ)役で出演。最後まで真田幸村を気遣う叔父上の姿に感銘を受けた視聴者の間で、「あの役者は誰だ?」と話題になります。

「真田丸」出演で、栗原英雄のツイッターはフォロワーが急増。それでも、普段街中で気付かれることはなかったのだそう。「出演しているときは基本的にメイクとかつらでしたので、街で気付かれたりしないのは少し寂しい」と、翌年に受けたインタビューで語っています。

小手伸也はザキヤマ似!?「真田丸」から「エグゼイド」の不気味社長へのギャップが話題に

栗原英雄の結婚相手は?劇団四季を退団した理由とは?

栗原英雄が結婚した嫁のプロフィールがスゴすぎる!

栗原英雄は、劇団四季で女優として活躍していた家本朋子(いえもとともこ)と結婚しています。

家本朋子は高校卒業後に進学した松竹音楽舞踊学校を首席で卒業し、1987年にSKDの略称で知られる松竹歌劇団に入団。1992年に劇団四季のオーディションに合格し、以後10年間「オペラ座の怪人」「ライオンキング」「キャッツ」など、劇団四季のミュージカルで人気の作品に主要キャストとして出演しました。

2003年に劇団四季を退団後も、家本朋子はミュージカルやコンサートなどで活躍。その傍ら、フェルデンクライス・メソッド国際認定資格取得します。

フェルデンクライス・メソッドとは骨格の形など身体全体について理解を深めるとともにセルフイメージを変化させ、心身の健康を高める方法を学ぶもの。このメソッドを身につけることにより精神が安定し、身体的な痛みや疲労感がなくなる、運動能力が上がるといった効果を得られるとされています。

フェルデンクライス・メソッドと出会ったことで、自身が長年悩まされてきた怪我や身体の不調を解消できた家本朋子は、4年間かけて講師の資格を取得。さらにメソッドからアイデアを得た独自の歌とダンスのレッスンを考案し、多数の生徒が劇団四季の入団オーディションに合格するなどの実績をあげています。

栗原英雄が劇団四季を退団した理由とは?

栗原英雄は、高校卒業後に劇団四季に入団。彫りの深い顔立ちのイケメンだけに女性客の人気が高く、多数のファンを獲得しました。

「キャッツ」や「ライオンキング」など、劇団四季の人気ミュージカルに主要キャストで出演した栗原英雄は研究生の指導にも熱心でしたが、役者としてさらに成長したいとの理由により、25年間所属した劇団四季を2009年に退団します。

劇団四季を退団した後は、2012年に自らオーディションに応募したという「けむりの街の、より善き未来は」で映画デビュー。以降、NHKの大河ドラマや朝ドラをはじめとする映像作品に出演するとともに、三谷幸喜演出の「ショーガール」など舞台の世界でも活躍を続けています。

小林薫は「深夜食堂」で人生観が激変?2021年大河ドラマで渋沢栄一の父親に

栗原英雄出演の「大地」がWOWOWで連続放送!話題作に連続出演でトレンドワードに

栗原英雄出演の「大地」がWOWOWで連続放送!

栗原英雄は、2020年7月から8月にかけて東京、大阪で上演された三谷幸喜演出の舞台「大地」に出演しています。当初は6月20日に初日を迎える予定でしたが、新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令により、およそ半月遅れての開幕となりました。

栗原英雄の他、大泉洋や山本耕史、竜星涼ら人気俳優が多数出演したことでも注目を浴びた同作は、7月11日にWOWOWメンバーズオンデマンド、同月12日から約1ヶ月間Streaming+で「大地(Social Distancing Version)」としてライブ配信も開始。劇場での感激に不安を感じるファンにも公演を届けました。

舞台とライブ配信とで多くのファンに反響を呼んだ同作は、10月24日に再びWOWOWに登場。こちらも好評を博し、11月7日、12月28日と3ヶ月連続で放送されています。

栗原英雄が話題作に連続出演でトレンドワードに

栗原英雄は「真田丸」の放送終了後も多くのドラマに出演し、話題を集めています。

2019年4月から広瀬すず主演で放送されたNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」で、劇団「赤い星座」の俳優・虻田登志夫を演じ、ハマリ役として話題に。翌2020年10月期のドラマ「危険なビーナス」には遺産争いが巻き起こる矢神家の当主・矢神康治役で出演しました。

「真田丸」で演じた叔父上が好評だった栗原英雄が立て続けに話題作へ出演することに多くのファンが反応し、ツイッターのトレンドに入るほど。注目度の高さが分かります。

小栗旬の主演で2022年に放送されることが発表されたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演も決定している栗原英雄。同作では、源頼朝の側近として鎌倉幕府創設に力を尽くした13人の一人・大江広元を演じます。

栗原英雄は演技の幅を広げるため、「真田丸」の出演にあわせて乗馬をマスターしたのだとか。「鎌倉殿の13人」でも、見事な手綱さばきを見せてくれるのではないでしょうか。6年ぶりの大河ドラマ出演で、再び叔父上人気が高まりそうです。

小日向文世は息子や嫁と毎日キスハグ習慣!俳優に向いてない?写真家志望だった!
市村正親と元妻・八重沢真美(劇団四季)の離婚原因は?子供はいたの?妻・篠原涼子とのこれまで!
渋沢栄一は大河ドラマの主人公や紙幣の顔に抜擢!「日本資本主義の父」と呼ばれる理由

関連記事

ページ上部へ戻る