仲野太賀はある人の影響で芸能界入りを決めた!衛藤美彩とW主演映画の見どころを紹介!

仲野太賀が俳優になろうと思ったきっかけは山田孝之だった!現在の事務所に所属するきっかけがすごい!


仲野太賀のプロフィール
◆生年月日:1993年2月7日
◆出身:東京都
◆血液型:A型
◆所属事務所:スターダストプロモーション

仲野太賀が俳優になるきっかけを作ったのは山田孝之!?

2006年、13歳の時に「太賀(たいが)」名義で俳優としてデビューした仲野太賀(なかのたいが)。彼が俳優になろうと思い立ったきっかけは、カメレオン俳優として名高い山田孝之です。

小学生だった10歳の時に放送されたドラマ「WATER BOYS」を観て感動した仲野太賀は同作で主演した山田孝之に憧れ、演技に興味を持ち始めたのだそう。2014年5月公開の映画「MONSTERZ モンスターズ」で、仲野太賀はテレビで観る憧れの存在だった山田孝之と初共演しました。

山田孝之と藤原竜也主演だと知り「やらないわけにはいかない」という思いで出演した同作で仲野太賀が目にしたのは、売れっ子俳優としての余裕を漂わせることなど一切なく、常に全力で作品と向き合う山田孝之の姿だったそう。また、自分の演技をすべて受け止めてくれたことが嬉しくもあり、これまで出演した作品での演技について改めて考えさせられたと、同作公開時に受けた女性向け雑誌「CREA」のインタビューで語っています。

仲野太賀が現在の事務所に所属したきっかけは?

仲野太賀は2007年3月に公開された「バッテリー」のオーディションに合格し、映画デビューします。同作で主演した林遣都が山田孝之と同じスターダストプロモーション所属だと知った仲野太賀は、事務所のスタッフに「入れてください」と直談判し、所属タレントになったのだとか。スターダストプロモーションでは、この時のことが今でも語り草となっているそうです。

林遣都の「おっさんずラブ」田中圭との春牧再来に期待の声!次は朝ドラでフィーバー?

仲野太賀のプロフィールを紹介!父親は有名芸能人?!

仲野太賀のプロフィールと経歴

仲野太賀は1993年2月7日生まれ。東京都出身で、2006年に13歳で俳優としてデビューしました。翌2007年には、内野聖陽主演で放送された「風林火山」で大河デビュー。その後も、2009年の「天地人」、2011年の「江 ~姫たちの戦国~」、2013年の「八重の桜」、そして2019年の「いだてん ~東京オリムピック噺~」と、何作もの大河ドラマに出演しています。

そんな仲野太賀が一躍注目を浴びたのは、2016年4月から放送されたドラマ「ゆとりですがなにか」でした。同作で仲野太賀はゆとり世代を体現したようなキャラクターで先輩社員を振り回す山岸ひろむを演じ、視聴者の間で話題に。翌2017年7月には山岸を主人公にしたスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」が動画配信サービス「Hulu」で放送されるほどの人気を集めます。

同作以降グッと知名度の上がった仲野太賀は、2018年10月から放送され高視聴率をマークしたドラマ「今日から俺は!!」に、紅羽高校の番長・今井勝俊役で出演。おバカでお人好しの今井を振り切った演技で好演し、ブレイクに拍車がかかりました。

仲野太賀の父親は有名芸能人?

仲野太賀の父親は、俳優の中野英雄です。任侠もののVシネマ作品に多く出演し、「ネオVシネマ四天王」と呼ばれるだけに強面のイメージが強い中野英雄ですが、ツイッターやインスタグラムで仲野太賀の出演作についてツイートするなど息子思いの一面を見せ、仲野太賀に「親バカ」と言われています。

2019年10月から放映されたゼクシィとティファニーのコラボCM「TIFFANY BLUE」に仲野太賀が出演した時には、「オジサンには響いてしまった」とツイート。お互い公の場で親子関係について語る姿はあまり見ませんが、中野英雄が脚本・監督を務めた短編ドラマに仲野太賀が出演するなど、仲の良い親子であることがうかがえます。

仲野太賀の映画・ドラマにみる俳優魂は父・譲り?菅田将暉とは嫉妬しあう親友!?

仲野太賀が2020年2月公開の映画「静かな雨」で乃木坂46の元メンバー衛藤美彩とW主演!見どころを紹介!

仲野太賀の主演映画「静かな雨」が、2020年2月7日から公開されます。同作は「2004年文學界新人賞」の佳作に選ばれた作家・宮下奈都のデビュー小説を原作とし、映画初出演の元乃木坂46・衛藤美彩がヒロインのこよみ役に抜擢されました。

同作で仲野太賀が演じたのは、足に先天的な障がいを持つ行助(ゆきすけ)。会社の倒産を知った帰り道にふと立ち寄った駅前のたい焼き屋でこよみと出会った行助は、次第にこよみとの距離を縮めていきます。ところがある日、こよみが交通事故に巻き込まれて意識不明に。3ヶ月間後、こよみが意識を取り戻して喜んだのもつかの間、彼女には事故後の新しい記憶がわずかな時間で消えてしまう高次脳機能障害という後遺症に襲われていることが分かります。

短時間しか記憶を保てないこよみと、そんな彼女を懸命に支える行助の姿が切なく描かれる「静かな雨」は、2019年10月に開催された「第24回釜山国際映画祭」でワールドプレミア上映された他、同年11月開催の「第20回東京フィルメックス」のコンペティション部門にも選出され、観客賞を受賞しています。

記憶が失われていく曖昧な世界を生きることになったこよみを支えようと心に決め、優しく静かに包み込む行助を悩み考え抜いて演じたという仲野太賀。若手ながら長年のキャリアを持つ彼の繊細な演技は、劇場を訪れた人たちの心に温かく刻み込まれるのではないでしょうか。

鈴木伸之の筋肉に惚れる女子続出!写真集には悩殺ショットも!?ドラマでのイケメンぶりにも注目
染谷俊之はカリスマ的人気のイケメン俳優なのにブログが天然すぎ!舞台「刀剣乱舞」を降板した理由とは
菅田将暉は池田高校時代もモテモテだった!本名や実家も普通じゃない!?

関連記事

ページ上部へ戻る