小手伸也の結婚歴や家族構成は?「真田丸」等、役者だけでなく声優の顔も!

小手伸也の結婚歴や家族構成は?アルバイトと俳優業を掛け持ち中!

小手伸也の結婚歴や家族構成は?プロフィールについて

小手伸也(こてしんや)は、月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」出演などで注目が高まっている俳優です。早稲田大学の演劇倶楽部に所属していた小手伸也は、その後、劇団Innerchildを主宰。三谷幸喜が作・演出を手掛けたシス・カンパニー公演や、劇団☆新感線作品、ミュージカル「黒執事」に出演するなど、数多くの舞台作品でも活躍しています。

1973年生まれで40代半ばという年齢を考えると、家庭を築いていてもおかしくはありませんが、SNS等では、結婚歴や家族構成といったプライベートな情報は一切載せていません。私生活については謎に包まれている小手伸也には、今のところ熱愛や結婚の噂はなく、独身の可能性が高いと言われています。

小手伸也は現在もアルバイトと俳優業を掛け持ち中!アルバイトの仕事内容は?

小手伸也は、2018年6月に放送された「アウト×デラックス」に出演し、強面な外見からは想像できない腰の低さを見せ、視聴者からの好意的なコメントがTwitterを賑わせました。俳優として活躍している小手伸也ですが、番組では、バイトと掛け持ち生活を送っていることが明らかに。

普段は、大手通販番組の受注センターで電話オペレーターのアルバイトを週4でしていると暴露すると、スタジオからは「月9俳優なのに?」と驚きの声が出ました。「アルバイトを辞めると生活が厳しい」と話す小手伸也の様子を見ると、テレビ業界の不振は俳優のギャラにも響いているのかも知れません。

小手伸也は「真田丸」等、役者だけでなく声優の顔も!ザキヤマのモノマネをしていた?

小手伸也は「真田丸」等、役者だけでなく声優の顔も!出演作は?

舞台作品に数多く出演している小手伸也は、テレビドラマなどの映像作品でも活躍しています。NHK大河ドラマ「真田丸」では、あくの強い塙団右衛門役に抜擢されました。小手伸也が選ばれた理由は「自意識過剰な人を探していた」から。たしかに舞台で傍若無人な役柄を演じることも多い小手伸也は、役との相性も良かったのでしょう。

数話に登場したのみでしたが、強烈なインパクトで話題を集めました。その他にも、ドラマ「相棒season 16」第16話に葛西武役で出演するなど、メインの役どころではないものの、数々の話題作に出演してきた小手伸也。最近は、月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」で演じた神出鬼没な五十嵐役のコミカルな演技で注目されましたが、俳優としてのみならず、アニメでも活躍。アニメ「ジュエルペット」サンタ役や、「遊☆戯☆王5D’s」レクス・ゴドウィン長官役を務めるなど、声優としての顔も持ち合わせています。

小手伸也はザキヤマのモノマネをしていた?その番組とは?

演出家の野田秀樹から「面白い顔をしているね」と言われたことがある小手伸也は、今、お笑い芸人のザキヤマこと山崎弘也に似ているとネットで話題になっています。ザキヤマと言えば、顔の輪郭、特に顎のあたりのラインが特徴的。たしかに小手伸也のフェイスラインも似たような形をしています。

顔立ちを比べると、小手伸也のほうが強面ではありますが、たしかに似ている部類に入ると言えるのではないでしょうか。小手伸也自身もザキヤマに似ていることを自覚しているのか、フジテレビの「コンフェデ開幕SP国分くんちのサッカー日本代表に夢中!」内のコーナーで、偽ザキヤマと化して、食レポを行ったことがあります。2人が同じ番組で共演したことはないようですが、いつか対面する日が来るかもしれませんね。

小手伸也が月9ドラマ「SUITS/スーツ」に出演決定!フジテレビに気に入られている?

小手伸也は、2018年10月から始まる月9ドラマ「SUITS/スーツ」に出演することが決定しています。「SUITS/スーツ」は、アメリカのドラマが原作の意欲作です。織田裕二が敏腕弁護士役、中島裕翔が天才フリーター役で、凸凹な2人がバディとなり、さまざまな訴訟を解決していく痛快エンターテインメントとなっています。

話題作に出演することになった小手伸也は、「フジテレビさんは僕を使って何かにチャレンジしてるんじゃないか」「何かある時は、とりあえず小手伸也で試してみるか的な」とコメント。初めて月9ドラマに出演したのは同年4月放送の「コンフィデンスマンJP」でしたが、1クール置いて再び「SUITS/スーツ」に呼んでもらえたことを、非常に喜んでいる様子です。

フジテレビに気に入られ、注目度の高い月9ドラマへの登場が増えれば、小手伸也の知名度や人気も今以上に高まることは間違いありません。「SUITS/スーツ」でも良い結果を出せれば、月9ドラマの常連になれる可能性もあるのではないでしょうか。強面な外面と、ほのぼのとした中身のギャップに惹かれ、ファン急増中の小手伸也ですが、今までの人生を振り返ると順風満帆ではなかったと語っています。

現在は、俳優として活動しながら劇団を主宰し、舞台作家や演出も手掛けつつ、アルバイトとの掛け持ち生活を送っていますが、過去にはバラエティ番組の放送作家やウェブデザイナーをしていた経験もあるとか。苦労を重ねながら、多様な経験を積んできた小手伸也だからこそ、芝居に深みが出せるに違いありません。今後も独特な存在感を放つ個性派俳優として、あるいは演出家や声優として、幅広く活躍し続けてくれることを期待しています。

関連記事

ページ上部へ戻る