片岡愛之助が藤原紀香と一緒にハマったあるコトとは?ドラクエとの深い関係!

片岡愛之助は歌舞伎俳優で2代目片岡秀太郎の養子!ドラクエの関係は?


片岡愛之助のプロフィール
◆生年月日:1972年3月4日
◆出身:大阪府
◆身長:172cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:松竹エンタテインメント

片岡愛之助は歌舞伎俳優で2代目片岡秀太郎の養子

歌舞伎俳優の片岡愛之助(かたおかあいのすけ)はその本名を片岡寛之(かたおかひろゆき)といい、大阪府堺市出身です。
1979年9月からNHKで放送されたドラマ「欲しがりません 勝つまでは」に子役としてテレビ初出演をし、本名で歌舞伎の舞台にも挑戦しました。

1981年にその優れた演技力と歌舞伎への関心の高さが評価され、13代目片岡仁左衛門の部屋子となり、片岡千代丸を襲名。その後、2代目片岡秀太郎の養子となり、6代目片岡愛之助を襲名しています。幼い頃から秀でた才能を持っているようです。

片岡愛之助「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」で悪のボスキャラ役

片岡愛之助は、2015年2月に発売された「ドラゴンクエストヒーローズ」にて、ゲーム内に登場するボスキャラクター「ヘルムード」の声優を務めています。発売当時のインタビューで片岡愛之助は、歴代のドラクエシリーズを全部プレイしていることを明かしました。


初代、ファミコン時代のドラクエでは、パスワード形式の「ふっかつのじゅもん」を覚えたつもりでも5回に1回くらい間違えてしまったり、入力している最中にファミコン本体に母親が掃除機を当て、呪文の表示が消えてしまったという「あるある」エピソードも。

「ヘルムード」役の片岡愛之助へのオファーはドラクエシリーズの生みの親、堀井雄二が直接行ったそう。オファーの決め手は、歌舞伎役者の声量と迫力が「闇の一族最強にして最後の王 ヘルムード」に合っていると感じたからだったそうです。片岡愛之助は大好きなドラクエシリーズに出演ができ、「まさかボス役で参加できるとは、人生で一番うれしかったかもしれない」と当時語っています。


児嶋一哉が俳優として重宝される理由!「仮面ライダー」に「半沢直樹」も!?渡部建との出会いは?

片岡愛之助が結婚した妻は藤原紀香!B’zファンで「B’z人生ゲーム」

片岡愛之助が結婚した妻は藤原紀香

片岡愛之助は2016年3月31日に都内のホテルで結婚会見を開き、女優・藤原紀香と結婚する旨を報告しました。2011年3月に上演された舞台「マルグリット」で藤原紀香が主演を務めた際に初めて出会い、以後は役者仲間として交流を深めていたとか。しかしそれが次第に愛情へと変わり、結婚を決意したそうです。

結婚後、藤原紀香は梨園の妻として尽くしており、片岡愛之助は後のインタビューで「僕の座頭公演では、誰よりも宣伝してくれ、妻1人でかなりの枚数のチケットを売ってくれる」と明かしていました。また「僕のお礼状を書くために書道を習い、夜中の3時くらいまで書いています」とも語っており、夫・片岡愛之助を支えるためにかなりの努力をしていることがうかがえます。

そんな妻のことを片岡愛之助は「女優でありながら裏方もできる、月にもにも太陽にもなれる人ですね」と評しており、夫婦仲は変わらず良好のようです。

片岡愛之助はB’zファン!コロナ禍は藤原紀香と「B’z人生ゲーム」?

片岡愛之助は名前の「愛」をもじって「ラブリン」の愛称でも親しまれており、温厚で人あたりがよいと言われています。インタビューでは常にやさしさと周りへの気遣いが感じられ、演技となると様々な役をこなす器用さがあるとか。その演技の存在感にも人を引き寄せるものがあるのでしょう。

片岡愛之助ははB’zの大ファンとしても知られていますが、その親しみやすい性格からか、B’zの稲葉浩志とも交流があるのだそうです。2018年5月24日に片岡愛之助は自身のブログでB’zの稲葉浩志から楽屋見舞いとして「B’z人生ゲーム」を貰ったことをブログに投稿しています。当時は「勿体無くてまだ開けてません」とのことでした。

しかし新型コロナウイルス拡大の影響で家で過ごす時間が増えた2020年5月に、妻の藤原紀香が自身のブログで「我が家で最近、ハマってるのが、人生ゲーム」と、この人生ゲームを開封したことを告白。「これまで大事にしすぎて開封しなかった」片岡愛之助が「こんなときだからこそ。開けて思いきり遊ぼう!」と決意したそうで、外出自粛中も夫婦2人で人生ゲームを楽しんでいたようです。

稲葉浩志の奥さん、子供は?体重身長、年齢は?驚異の音量を誇る「神声」!

片岡愛之助はドラマ「半沢直樹」のオネエキャラも好評!インスタでは歌舞伎の舞台裏も公開

片岡愛之助は「半沢直樹」などドラマでも活躍!「鎌倉殿の13人」にも出演! 

片岡愛之助は2013年7月から放送されたドラマ「半沢直樹」の黒崎検査官の役で強烈な印象のオネエキャラを演じて以来、お茶の間での認知度を上げ、以後、ドラマやCMのオファーが殺到しているようです。

2020年7月より放送されたドラマ「半沢直樹」の第2シーズンでも同役を熱演。半沢直樹の味方となり、一緒に黒幕へ立ち向かう姿が凛々しくもあり、最後まで黒崎検査官は独特のキャラでお茶の間を楽しませてくれました。

片岡愛之助はこれ以外にもドラマで大活躍しており、2020年1月から放送の大河ドラマ「麒麟がくる」では今川義元役を好演、そして2022年から放送予定の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では北条宗時を演じることが決まっています。現代を舞台にしたドラマから時代劇まで、万能に役をこなしてしまう片岡愛之助の演技にこれからも注目です。

片岡愛之助のインスタでは歌舞伎の舞台裏も公開

片岡愛之助はインスタを利用しており、歌舞伎の裏側がのぞけるような写真も多く公開しています。舞台裏で歌舞伎のメイクを施したまま、差し入れのきんつばを食べている写真や、妻・藤原紀香とロケに参加した時のオフショットなども投稿。熱心な歌舞伎ファンだけでなく、ドラマから片岡愛之助を知った人にとっても、歌舞伎役者・片岡愛之助をより身近に感じられるような写真が満載です。

インスタには片岡愛之助が後継者、つまり部屋子として迎えている片岡愛三朗の舞台裏写真なども投稿されています。片岡愛之助はこれからも歌舞伎、そしてドラマの役者として独特の存在感を放っていくことでしょう。

市川猿之助が「半沢直樹」で見せる顔芸が話題に!香川照之に相談した撮影時の悩みとは?
香川照之は東大出身バイリンガルのハイスぺだった!?プロデュースした昆虫絵本が発売前重版の大ヒット
池田成志の演技は大人の魅力がたまらない!結婚はしているの?「半沢直樹」で注目度アップ!

関連記事

ページ上部へ戻る